眞鍋かをり・ネット連載2018.3~

2018年11月29日 (木)

怒ればいいものではないまぁるい気持ち

 

確かにTVで見ていても「落ち着きがないなぁ」

と思うことがあった眞鍋かをりさん。

ADHD傾向があったらしい。

https://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/1111157/110500013/

 

でもなんか、怒られている内に落ち着いてきた

というから、まぁそれでいいではないかとも思う。

アホ、ボケ、カス、ハゲと罵倒語を並べたところで

どうしようもない疾患もある。

 

整理しろ。

すぐ要るものとたまにしか使わないものを分類しておけ

と言われても

その分類が分からないという人もいる。

よく分からないがこんな人もいる。

 

「隣の部屋から予備のPCを持ってこい」

「へぇ」

「電源コードも近くにあるやろ」

「電源コード持っていくんですか?PCじゃないんですか」

「両方ないと動かんやろ」

「じゃあ電源コード持っていくんですか?」

「コードだけ持ってきてどないすんねん」

「ポカーン」

 

どちらかだけでいいという誤変換が

何に由来するのか不明だが、

一度誤変換にはまると抜け出せない。

 

「これより軽いコップが要る」

「へぇ」

「これより軽かったら小さくてもいい」

「重さが同じでも小さかったらいいですか?」

「重さが同じやったら意味ないやろう」

「ポカーン」

 

「軽いものを」という話がなんで「小さいものを」

に誤変換されるのか、これまた分からない。

一度ハマると何をどう説明してもぽかんとするだけ。

 

整理のできない人、会社の上司に叱られるらしいが

叱られたからと言って解決する訳ではないという。

誤変換君も阿保、ボケ、かす、

何回言うたら分かんのじゃハゲ

と罵ったところで無駄だろう。

実際、上司も「叱ってばっかり」だと言うが

「分かってるのか分かってないのか分からない」と。

多分、全く分かっていないだろう。

 

精神疾患には詳しくないので

なんという疾患なのかは分からないが、

怒る前に「待てよ」と考えた方が良い。

適切な接し方があるはずである。

掴みかけたようにも思うのだが、

まだまだ勉強が足りないな。

いや当方の・・・だけどね。

 

|

2018年9月 8日 (土)

眞鍋さん、自己変革に挑戦中

 

ふっふっふ、甘いな。ワシは目覚ましがなくても

所定の時間の1時間前に目を覚ます、どや。

などと威張ってる場合ではない。

眞鍋かをりさんがスマホ依存に気付き、

自己変革に乗り出したという話。

https://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/1111157/090400012/?n_cid=DUALFB03

 

「サンカクなきもち」もこれで28弾。

かをりんドーターももうすぐ3歳。

こんな長期連載になるとは思わなんだが、

お蔭でかをりんママはスマホ依存に。

って、ホンマかい、とも思うが

眞鍋さんはそう自覚し脱却を試みたのだ。

 

確かに自転車で走りながらスマホ弄って事故った例もあるし、

そういや、仕事中にポケモンGoとかやって

首になったバイトもいたな。

でも、眞鍋さんはスマホゲームはやらない。

それでもハマらんでいいモノにはまってしまうのだという。

 

必要な情報は探さないと手に入らないし、ネットの場合、

嘘や意図的なデマも蔓延してるから、本気で探すと難しい。

必ずしも依存ではないと思うが、

つまらん罠にはまって抜け出せなくなる可能性もある。

「実はこうだった」みたいなのとか

陰謀論にはこーゆーの多いからなぁ・・・

眉唾健康法にはまって体壊したり・・・

 

取り敢えず自分はどうなのか、

を見直す契機にもなる眞鍋さんの挑戦だ。

 

|

2018年7月 9日 (月)

ちょっとサンカクな眞鍋さんの長女論

 

さて、眞鍋かをりさんの連載「サンカクなきもち」今回は、

眞鍋さんが以前から語ること多かった第一子・長女論。

http://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/1111157/070300010/

長男長女は柔和な顔つきなのに弟、妹はやんちゃそう、

ってのはよくあるし、

眞鍋さん指摘の長女っぽさを感じることもしばしばだ。

 

でも違うこともある。

かく言う当方は第二子だが、姉のものを取ったことはない。

逆に取られたことは多々あって、

大声で抗議すると母が飛んできて当方を叱る。

違うだろうと事情を説明しようとしても聞く耳を持たず

「口答えするな」とまた叱られる。この繰り返しであった。

 

ミコリンナースの上司だったR子さんは末っ子だけど

耐えに耐えて最終的に爆発するタイプらしい。

「らしい」というのは爆発するのが職場ではなく家庭だから。

「男の人ってなんで人の話聞かないんですか?」

いやいやそれはあんたの夫やろう。ワシは聞いたっとるがな。

 

我慢の限界に達して爆発すると

キッチンの皿を10枚以上重ねて頭で割り、

体当たりで柱をへし折る。

手当たり次第に物を投げるので窓は割れ、壁は穴だらけ。

その為、三度も引っ越す羽目に至ったという。

 

この話を本気にした純粋ミコリン、本人に向かって

「R子さん、怒ったらお皿割るんですかぁっ!」

「うん」

「頭で割るんですかぁっ!!」

「いや投げて」

「家が壊れて引っ越ししたって・・・」

「誰がそんなこと言うてんの」

わしゃ知らん。

 

だが、第二子の当方、

確かに姉に嫉妬したり競争心を覚えたことはない。

女性に何を嫉妬していいのか分からないし

学校の成績は当方の方が良かったので

その材料もなかった。

姉がどうだったかは分からないけど。

 

そういやミコリンも第二子で兄がいる。

同じく医療業界を目指していたが

国家試験に合格したのはミコリンが先。

共通項がある分、

こりゃ兄貴としてはうかうかしてられんかもしれないね。

 

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

弁証法的眞鍋さんは僧侶の如く

 

髪が伸びたなぁと思っていた眞鍋かをりさんだが、

やはり意図したものではなく

それどころではなかったからのようだ。

四カ月ぶりに美容院に行ったって、それ何時のことだろう?

まぁいつでもい~んだけど、

かをりんドーターが髪を引っ張るってのはどうでもよくないね。

 

という事で更新された眞鍋さんの連載

「サンカクなきもち」である。

http://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/1111157/050200008/

 

ドラクエのことは分からないが僧侶がいるのか。

呪文で仲間を救う?

ドルイドの僧か?

禅宗の僧なら怒鳴られそうだしな。

「人に頼るな!」

「座禅を組んで己を見つめ、雑念を振り払え」

とか。

しかし、それもまた大事なことかもしれない。

 

眞鍋さんが言いたいのは一時的にパワーダウンしても

それまでに身に着けたものは消えないのだから

再びレベルアップできるのだ、という事だろう。

弁証法的にアウフヘーベンされるから、

それは元のレベルではない。

質的にさらなる高みに昇っているはずである。

蓄積を踏まえつつ新しい段階に入るのだ。

眞鍋さんも新しい段階に入っている。

 

 

一方、ブログの方も久しぶりに更新した眞鍋さん。

こちらは出演した「誰だって波乱爆笑」の話。

YTVでは視聴できなかったので

ここは眞鍋さん自身に語って頂き感謝でござる。

http://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/

 

|

2018年3月20日 (火)

遂に来ました眞鍋さんのチーズ連載

 

ぬおっと遅ればせながら眞鍋かをりさんの新連載

「眞鍋かをりのチーズの楽しみ方」(みんなの暮らし日記)

https://minna-no-kurashi.jp/article/detail/384

チーズプロフェッショナルの資格を持つ

眞鍋さんならではの企画だ。

 

選択に迷った時は自分が好きなチーズの中で

一番癖のあるものを選べ、と早速のご託宣。

そらブルーチーズでんな、と思ったら

「こ奴は癖のあるチーズもいける口」

てなことで眞鍋さんの腕が鳴るのだそうだ。

 

ふっふっふ・・・バキバキ鳴らしたって下さい。

 

といっても近所にチーズの品揃え豊富な店がないもんで、

最近はとろけるチーズを多用している。

マグカップにどさどさっと投入し、

生卵を割り入れてかき混ぜ、

そのままフライパンで焼く。

メンド臭ければスクランブルでも味は一緒ですわ。

 

てなことで連載本格化は次回からのようだ。

 

|