眞鍋かをり・テレビ(情報・報道)5

2018年6月16日 (土)

ダメ親爺に厳しく父に優しい眞鍋さん

 

パワハラ認定されたレスリングのピッカリ監督

監督に復帰していたという話。

パワハラは「コミュニケーション不足」。

ありきたりだなぁ

「そんなつもりはなかった」ってやった側の常套句ではないか。

公式認定されてもまだハラスメントの何たるかが理解できない。

こりゃだめだ。

 

002


正面から謝罪、反省するのではなく

「迂回してなし崩し的に上手くやろう

という意図が透けて見える」

と「ビビット」の眞鍋かをりさん。

 

短時間の会見の後も芸人と親しげに喋ったりと

何事もなかったかのようにリラックス。

「まるでみそぎが済んだみたいに見える」と眞鍋さん。

髪を剃ってもみそぎにはならないぞ。

芸人も権力持つ人が大好きで知られる奴じゃないか。

あ、髪は元々なかったか。

道理で地肌が透けて見えるはずだ。

 

007


「父の日」テストの問題、おとっつぁんの好きな動物は?

「鳥・・じゃないかなぁ」と眞鍋さん。

「野鳥を呼ぼうとベランダで木の実を育てたり」

木の実?

どんな鳥を呼ぼうとしておられるのだろうか。

でもまぁ父上と大の仲良しってことは広く知られている眞鍋さん。

多分、正解でしょう。

 

|

2018年5月19日 (土)

カッコ良い人悪い人、色々いるぞと「ビビット」眞鍋さん

 

昨日の「ビビット」は西城秀樹さんの訃報がトップ。

大物歌手の前座をしていた高校時代から知っている当方だが、

眞鍋かをりさんは「ちびまる子ちゃん」が初だったそうな。

 

009


若い頃の映像のカッコ良さに驚く眞鍋さん。

脳梗塞を患ってから注意をしていたとは思うのだが、

それにしても若い。

眞鍋さんが言うように悔しかったろうね。

南無阿弥陀仏 

 

こちらは悔しいなんてもんじゃない日大アメフト部の悪質タックル。

プレーが途切れたところ、

気を抜いてる選手に後ろから不意打ちとは卑怯な。

だが、日大側の解答が監督擁護一辺倒のおかしなものときて

これまた卑怯な。

フェアプレイって概念がないのかね。

 

019


タックルした選手へのバッシングも

ネットにあることを指摘した眞鍋さん

「選手の将来も左右するし、誰も守れない」

と厳しい指摘。

当該選手は既に退部したとの情報もあるが

「チームや監督に迷惑をかけたから責任を取って」

みたいなことでは本末転倒であろう。

 

玉木正之さんは絶対服従とか過酷な特訓とかは

旧軍隊が起源とする。

敗戦後に体育会に旧軍人が流れ込んできたのだと。

大体小学校で整列朝礼、気を付け、回れ右、

分列行進までやらせるのは頭おかしい。

マスケット銃時代の戦闘訓練が

(儀式の時にしか役には立たないが)

軍事教練の一環として生き残ったもの。

小学生にやらせてなにがオモロイねん。

 

でも日大って大学なんだよな。

何を教えてるんだろう?

お前の母校はと問われれば

迷わず平和と民主主義と答えるが。

 

|

2018年5月12日 (土)

脳で痛み克服とガッテン眞鍋さん

 

001


さて「ガッテン!」の眞鍋かをりさん、

今月末には〇回目の誕生日を迎えるが

美貌はますます輝くばかり。

「傷にはサランラップって、今では常識ですよね」

と勝ち誇っては別にいなかったけど

いやそれがね、セカンドオピニオン、サードオピニオンと

あちこち行っても原因の分からない痛みというのがあるんですよ。

 

006


「原因が分からない内に命にかかわることになったら」

不安気な眞鍋さん。

 

慢性痛と、なんとも漠とした名前が付けられているが

侮ってはならんぞ皆の衆。

何と国内に2300万人も患者がいるというではないか。

エーッ!!

 

005


原因不明というだけでは到底ガッテンできませんなぁ。

そらそうですわ眞鍋さん。

 

だが見よ、腰痛に悩んでいたオッサン、

ダウンジャケットに半ズボンという

不思議ないでたちで本屋に向かっている。

すっかり良くなったらしい。

季節感無視の服装のお蔭か。

だが、明らかに肥え過ぎの米国女性は

ダイエットに成功したとも思えないのに

楽しげにスキップなどしている。

服装ではないらしい。

 

008


呼吸法ではないか、と推理の眞鍋さんだがさにあらず。

実は痛みの原因は脳にあったのだ。

偏桃体が興奮状態になって勝手に痛みを感じてしまうらしい。

痛みの感覚は火災報知機のようなものだが、実のところ

その性能は大したことがないのだと偉い先生。

 

009


なぁるほどと眞鍋さん。

痛みの元が患部にあるとは限らないんだね。

そして痛みを和らげる元も脳にある。

そこを刺激してやれば偏桃体の興奮状態も収まるという訳。

 

その為に必要なのが趣味と目標、そして達成感なのだ。

半ズボンで本屋に行っていたのも

旅行に行くぞという目標達成の為、

旅の本を買いに行っていたのだとか。

まぁなぜ半ズボンだったのかは不明だが。

 

007


ということで眞鍋さんも無事、

笑顔でガッテンしたのでありました。


  

|

2018年5月 5日 (土)

変なことは言わない生放送の「ビビット」眞鍋さん

 

003

  
若い人が活躍するという意味では

将棋の藤井聡太六段。

実力は凄いのに見た目が漫画の王子様

という点ではフィギュアの羽生弓弦選手に通じる

と眞鍋かをりさんの大谷翔平選手評。

 

これを何世代と呼べばよいのか

「名前つけたいですね」

ええ・・・プリンス世代とか

決してオッサンにはならないぞ世代とか(長いよ)

てなことで昨日の「ビビット」眞鍋さん。

 

001


フィギュアといえばザギトワはんに秋田犬贈呈の話。

「私も芝犬飼ってるんですけど」と眞鍋さん、

おぉ、うめは息災にしておるかのぉ。

確かもう8歳・・・だったっけ。

「日本の犬を選んでくれてうれしい」けど、

「抜け毛が大変なので」とアドバイス。

うめも抜け毛対策の服を着ていたな。

 

006_2


さてもう一人、というか

人間の方のかをりんドーターといえば

ちょいと目を離すと姿を消すそうな。

「会計の時が一番危険」と眞鍋さん。

財布を開けて支払いを済ませ、ふと見ると、

あらおれへんがな。

「いなくなるの早いです」というけど

子どもに首輪は付けられないしなぁ・・・

 

005_2


母の日テストなんてのがあるらしい。

母親が心配していることといえば、眞鍋さんの場合

「ビビット」を見ながら生放送で変なこと言わないか

だって。

ふっふっふ・・・大丈夫だっせおかあはん。

 

|

2018年4月 7日 (土)

眞鍋さんは冷静だけど、頭に来た舞鶴騒動

 

ビビットでもやったね、舞鶴での一件。

舞鶴市長が突然倒れ、女性看護師が救命措置に走った件。

それだけならあっぱれ看護師で終わるところなのに

「女性は土俵から降りろ」と

余計なアナウンスをした為に騒動になった。

 

002


そもそもこうした事態への備えがなく、

現場にいる個人の判断に委ねられていることが問題では?

と眞鍋かをりさんは指摘。

 

大体、ボクシングの試合でもレフェリーが危険と判断すれば

テンカウント数えるまでもなく試合を中止する。

KOされると医師が診断するのも当たり前。

大相撲でもけがをする力士は頻繁にいるのに

何で備えがないのか。

 

神事だからってあ~た、

相撲だけで神事が完結するもんじゃなかろう。

「神事が発祥」たって、神事の一部に過ぎない。

相撲取りの埴輪もあれば巫女の埴輪も出土している。

そもそも秋祭りじゃあるまいし、

大相撲は年中、豊作祈願の神事をやってるのか?

 

土俵に女性を上げないというのは

明治が始まりという指摘もある。

http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/933/1/59-1-zinbun-06.pdf

女性を上げると女神様がお怒りになるって、

また訳の分からんこじつけを。

 

神事にも医療にも携わっている

当ブログお馴染みの巫女ナースは

収穫祭のシーズンともなると

あちこちの神社で神楽を奉納してるぞ?

神社の拝殿はまさに神前。

土俵の方が神聖だとでも?

 

ちなみに巫女ナースは映像を一目見ただけで

くも膜下と見抜いていた。

現場にいたナースもそうであったに違いない。

だからこそ駆けつけたのであろう。

 

それにしてもだ、

応急措置のできる男は一人もいなかったのかね。

「降りろ」という前に恥ずかしいと思えよ。

 

|

2018年3月31日 (土)

完走眞鍋さんのお疲れ金曜報道スペシャル

 

004


さぁ、金曜報道スペシャルも最終回。

井下アナもまだまだ新人なのに、

まぁ三月いっぱいだから頑張れ

ってことだった気もするけど

とにかく完走お疲れさん。

ちょっとくらい顔が大きくなってもいいやね。

 

005


ゲストのくらたまさんは最多の10回出演。

この1年でダイエット。まだ道半ばだそうだが

「この番組で水着姿を見せたかった」って?

間に合わなくて幸い也。

 

完走繫がりという事で

高校生がリヤカーマンと共にリヤカーの旅へ

五日の予定が六日に伸びたけどこちらも完走。

一緒に歩いたリヤカーマン、、御年62歳がええこと言うとる、

と思ったら眞鍋さんもそこんところに感銘を受けたらしい。

 

006


「人の歩みはそれぞれ違う。自分の速度で歩けばよい」

周りと比べて焦るこたぁない。

ウサギとカメの例えもあらぁね。

 

007


いい話で終わったと思ったら、

最後に須田慎一郎氏乱入で眞鍋さん、マジビックリ。

オッサン何しとんねん。

とにもかくにも眞鍋さん、お疲れ様でした。

 

|

2018年3月26日 (月)

一番大切なものは何だ、と金曜報道スペシャル

 

001


今週は笑顔なしの眞鍋かをりさんと相方。

人の命にかかわるテーマだからこれは当然。

自殺した消防学校の生徒、遺書には共感への恨みの言葉が。

 

学校側も行政も消防の特殊性

という一点で正当化を図っているようだが、

それは逃げ口上。

特殊だから何やっても許される訳ではないし、

そんなの教育ではない。

特殊だからこそ特殊な配慮が必要なのだ。

 

012


「ついていけなくなる人が出てくることも

想定しないといけない時代じゃないか」

眞鍋さんの言う通り。

 

実際問題として、平均的職員よりできない人って

どの職域にでもいるものなのだ。

そういう人をどうやって一人前にするかは

結構、頭の痛いところ。

とっとと首にする会社もあるが、

それでは行く場所がなくなってしまう。

育てる側の力量が問われる。

 

011


「ご遺族が何があったか知りたいと思うのは当然」

という眞鍋さん。

「あと一歩歩み寄ってくれたら」

 

高校野球の指導者で

生徒が熱中症で亡くなっているのに

「俺は正しい」と居直ってたバカがいたが

人が死んでも構わない正しい指導なんてものはないのだ。

 

015


ようやく笑顔の眞鍋さん、え?リヤカーマン?

あの人まだやってはるんかいな、ってことで

次回、最終回スペシャルで完結編。

え?最終回?

Sキャスターの事件で薄々予想はしていたが・・・・

あ、それなら今の内に明かしておかなくては、

謎の相方の本名は井下育恵はんだす。

 

|

2018年3月24日 (土)

イケてるけど収納はイケてない「ビビット」眞鍋さん

 

002


さて、金曜「ビビット」の眞鍋かをりさん。

もうすぐ〇〇歳になるからか、若い兄ちゃんに

歯の浮くような甘いお世辞なんて言われた日にゃあ

アラフォーだけど「まだいけるんじゃないか」

と思う気持ちは分かる・・・って言うけど、

まだまだ全然いけてまっせ眞鍋さん。

 

003


とはいえ、これは大学生と駆け落ちしたらしい41歳主婦の話。

母親という役割から解放されたかったのかと推察しつつ

でも子供の奨学金持ち逃げしちゃダメだよね、と眞鍋さん。

 

だが大学生、娘を本人と間違えて1時間半も会話って、

41歳とずっと一緒にいる訳ではないのか?

色々謎が多い。

 

005


以前として需要が多いらしい収納名人。

眞鍋さんもプロに収納設備を整えてもらったらしいが

「片付けができない訳じゃないんですよ」

誰もそんなこと言うてまへんがな

「収納を作るのが苦手なだけで・・・」

は?

 

007


「収納作ってくれたら片付けもできる」

「誰でもそうでしょ」

なんてツッコミも入ったように聞こえたけど、

まぁ結果良ければ全て良しという事で。

 

|

2018年3月19日 (月)

実現しそうな眞鍋さん提案も、NHKシンポジウム

 

 

003


Eテレのシンポジウム「動く日本列島をとらえる」

に参加の眞鍋かをりさん。

これが公開収録ときたもんだ。

NHKなので台本なしのフリートークではないだろうけど、

眞鍋さん以外は各界のエライ人たちなので

タレントなら誰でもいいって訳にはいかないわな、そりゃ。

 

ポイントは陸海統合観測システムMOWLAS。

阪神淡路の震災以降、観測網の高度化精緻化高速化が

情報をリンクさせながら進化してきたことが分かる。

「世界と比べてどうなのか」との眞鍋さんの問いにも

24時間365日、全国隅々まだ網羅したこいつは

間違いなく世界一の太鼓判。

 

004


では、それはどのように生かされ

「私たちを守ってくれるのか」と

視聴者一番の関心事を眞鍋さんが代弁すると

お馴染み、新幹線の緊急停止システムの他、

おぉ、津波が陸の何処までやってくるのか

速報する仕掛けを鋭意開発中とか。

「〇メートルの津波」って言われても分からんよね、確かに。

 

016


「スマホが命綱になりそう」という眞鍋さん、

既に家族の位置情報を把握する

GPSアプリを使っているとか。

「こうしたものにMOWLASを連動させる事はできないか」

 

眞鍋さんの実用的提案。

何処で地震速報を受け取るか分からない。

海岸近くにいたら高台へ、ビルの中にいたら上層階へ、

「ピンポイントで役立てられたら」

 

既存のシステムの応用で取り敢えずの初期段階は

すぐにできそうな気がするが、まぁ偉い人にお任せして、

眞鍋さん、お疲れさまでした。

 

|

2018年3月17日 (土)

卒業式といえば要るもの要らなくなるものアレやこれ、と金曜報道スペシャル

 

001


さて金曜報道スペシャルの眞鍋かをりさん

井戸の下で美を育むという

魔物か妖怪みたいな名前の相方は

 

002


顔が大きくなったようである。

 

小学校の卒業式でも袴姿が人気、て話は

眞鍋さんの連載「サンカクなきもち」絶賛連載中

http://dual.nikkei.co.jp/article/080/00/

の日経DUALでも既報の通りだが

どうやらこのシーズンだけで

億単位の売り上げを計上している業者があるようだ。

 

で、眞鍋さんは?

ふっふっふ・・・着ましたがなホラ

 

005


当時既にTVでもお馴染みだった眞鍋さん。

珍しいというより懐かしい感じ。

 

006


袴姿のままボーリングに行き

「ベストスコアを出しました」ってホンマかい!?

 

時代が違うし、袴姿の卒業式といえば

宝塚しか思い出せんな、と思ったが、

巫女ナースが昨年、袴姿で卒業式に臨んでいたな。

限界に挑戦する超小顔なので、

スマホの小さい画面では誰か分からんかったが。

 

007


驚くべきことに謎の育美アナも横国大出身、

つまり眞鍋さんの後輩なのだとか。

袴姿の色合いも先輩眞鍋さんにそっくり。

謎の一致だ。

 

009


卒業したら要らなくなるもの、

例えばランドセルもこんな風に残せるよ、

と使用済みを作り直したミニチュアを持つ眞鍋さん。

その他キーホルダーなどの実用品に作り替えたりしても

全部で9千円くらいと意外に安い。

 

で、眞鍋さんのランドセルは?

 

010

  
え~と・・・・・

「全然覚えていない」そうである。

覚えてる人の方が少ないと思うし、まっええやん。

   

|

より以前の記事一覧