眞鍋かをり・テレビ(娯楽4)

2017年5月24日 (水)

浮世絵編は明日完結か「行きたい人応援団」

 

さて「ニッポン行きたい人応援団」は

先週と今週で前編後編という仕掛けらしい。

ご招待となったのはフランスの浮世絵愛好家・ブノア氏。

浮世絵の愛好家なら世界中にいるだろうが、

この髭のオッサン、と見えてまだ39歳のブノア氏、

なんとデザインから彫り、摺りまで一人で全てやっている

愛好家というより作家なのだ。

今時日本にもここまでやってる人はいないのではなかろうか。

 

てなことでオッサンみたいな39歳が訪ねたのは

彫りと摺りの老大家。

 

013

 

早速のりの使い方にそらあかんがなと指摘を受け

「こりゃ学ぶことが多そうだ」と気を引き締める。

老大家お二人もブノア氏が好きだという歌川広重の代表作

「大はしあたけの夕立」を製作して見せた。

 

「雨とかどうやって表現してるの?」という

眞鍋かをりさんの疑問の答えも開かされる。

ただの直線と侮るなかれ、

角度の違う直線はそれぞれ異なる版木を用い、

色の濃淡をつけて立体感を出していたのだ。

 

018

 

「こっこれはっ!」と感嘆するブノア氏。

「雨が動いているようです」

 

ほんじゃまぁあんたも摺ってみるかいと誘われたブノア氏、

手取り足・・・は取らなかったけど、老師の指導を受ける。

 

019

 

バレンの使い方ひとつとっても規則性があるようだ。

 

自分の作品も持参したが、老師の厳しい目はごまかせない。

安あがりな印刷物によくあるような

色ののりの悪さを指摘した上、

解決策まで伝授してくれるのであった。 

 

021

 

だが、老師たちには後継者がいない、

と聞いてエ?と興味をそそられるブノア氏。 

でも、女房子供がいるしなぁ・・・

弟子入りってのは難しそうだけど・・・

 

ということで明日は後編(多分)となる。

いかなる驚きが待っているのであろうか。

 

|

2017年5月 3日 (水)

気が付けば筍のシーズンも終わってしまったけれどの「行きたい人応援団」

 

001

 

相変わらずパワフルなハンガリーのそろばんおじさん

番組スタッフから教師用大型そろばんを贈呈されて御満悦。

2時間SPだった「ニッポン行きたい人応援団」

前半はご招待した人追跡団だった。

 

だが、そろばんの販売は現在休止中。

というのも日本のそろばんと同じ

ひし形の玉にした発展型を量産せんと目論んでいるのだ。

 

003

 

その為、鋭意開発したのがこの製造機械。

「これ自分で作ったのぉ~!」

スタジオの眞鍋かをりさんもびっくり。

「職人の技を身につけることはできないから」

というが、オッサンも十分凄い。

 

006

 

一方、新たにご招待したのは

竹に魅せられる米国人・デイヴィット氏。 

だが、リーマンショックで失職した後に始めた

バンブービジネスなので、家族の生活がかかっている。

 

竹林に入るとその土の柔らかさに驚く。

柔らかい筍を採る為に

藁と赤土を毎年積み重ねて整備したもの。

ビジネスするなら大事なポイントだ。

 

008

 

なんと掘りたての筍を生で食べさせてもらっていたが、

あれは採れたてでないとダメだ。

筍は空気に触れるとえぐみが出てくる。

だから土の中にいるまだ頭を出す前の筍を狙うのだ。

 

このあたりは京都で記者をしていた頃に

書いたり読んだりしたことがある。

エジソンが石清水八幡宮の竹を

フィラメントに使ったこともそうなのだが・・・

愛媛の眞鍋さんはともかく

京都のサバンナ高橋君が知らなかったとは

ちょっとガックシである。

 

011
  

そしてそして、筍料理といえばここでしょうの大定番、

「タケノコテイと書いてジュンテイと読む」の筍亭である。

チーズ焼きに「なんで今まで思いつかなかったんだろう」

BBQにもいいかもしれないぞ。

 

012

 

「(竹に)お世話になってますね~」

なんて眞鍋さんに言われていたゲストの北斗さんは

料理より竹刀だったみたいだけどね。

 

|

2017年4月27日 (木)

行きたい人応援団はたかが味噌汁されど味噌汁の旅

 

さて、味噌汁が好きで地元で専門店を開いてしまった

スェーデン人クリストファー氏。

「ニッポン行きたい人応援団」がご招待となったのだが

そのコースがなかなかのもの。

 

あまりにも有名な京都の志る幸で

繊細な会席に合わせた味噌汁を。

そして静岡の枡形ではがっつり系の豚汁。

そしてラストに宍道湖のシジミときた。

実に良く練られている。

 

003

 

志る幸で白味噌仕立てを一口飲んでこの表情。 

白味噌は初体験だったらしい。

「今まで飲んだ味噌汁の中で一番甘い」

あれより甘い味噌はないからね。

 

008

 

そして62年続くという枡形の豚汁は、

昆布に豚骨に鶏ガラに鰹節と鯖節・・・・ 

だが、ラーメンスープを作っているのではない。

「クレイジー」とクリストファー氏。

二日がかりの工程に

「これは自分じゃできないなぁ」と眞鍋かをりさん。

 

012

 

だが、シジミ汁はその真逆。

出汁?そんなん要りませんがなシジミで十分ですわ。

てなことでオッサン、いや、クリスも漁に同行。

なんとシジミをすくう籠って70㎏もあるんだね。

立派な体躯のクリスさんだが、少々きつかったよう。

 

一方、スタジオは「クレイジー」と評された豚汁の話題に

と、そこへ

 

015

 

それならおまっせのカンペが

「マジ~」と立ち上がる眞鍋さん。 

 

016

 

いや~よかった良かった、ということで

また来週、じゃなくてまた今夜。 

 

|

2017年4月20日 (木)

情熱と家族の支えと技術と何かがあれば成功するか米国人組子職人

 

さて、味噌汁好きの米国人(スウェーデン人だった)

がやってくるらしい

今日の「ニッポン行きたい人応援団」

先週は組子職人の米国人だった。

といってもネットでの販売実績は

とんと振るわずってどーよなのだが

妻は使い捨ての時代に素晴らしい仕事だと夫を讃える。

 

017

 

「二歳の子がいてそんなこと言えないよぉ~」

もうすぐ二歳の愛(まな)ベイビーを抱える眞鍋かをりさん。

でもその時が来たら眞鍋さんも背中を押すかもしれないよ。

 

005

 

日本で壮麗にして精緻を極めた組子作品に

感動仕切りの米国職人ジェレミー氏。 

「これは塩澤正信さんの作品です」

 

ほんじゃあせっかくなのでと

若き巨匠塩澤氏の工房を訪ねることに。

どうぞどうぞと奥方に案内された工房には

ワオ!製作途中の作品があるではないか

 

007

 

あまりに熱中し過ぎて背後の人の気配にも気付かない。

 

ジェレミー氏の作品を工作精度が高いと評価した巨匠

自分の作品作りの一部をやらせてみたりする。

だが、ジェレミー氏には上手くいかない部分もあって

と悩みを打ち明けると、

これを見よと巨匠が出したのが

組子専用に作られた葉カンナ。

 

012

 

ネットで見たことはあるけど使い方はさっぱり

「ベリーミステリアス」だったジェレミー氏。 

今まではノミで何度も削りながら角度を合わせていた

だがこれを使うとオオッ!一撃で仕上がるではないか。

 

しかしそう簡単に扱えるものではない。

あかんがな力入れ過ぎてさっぱりワヤやがな

自省のあまり削ることなんと3時間。

一日で使用法を覚えてしまったのであった。

 

015

 

流石ジェレミーあっぱれジェレミーと感心した巨匠から

別れ際にその葉カンナを、

しかも二種類プレゼントされたのであった。 

 

後はプレゼン力を身につけて販売を伸ばそうぜ。

 

|

2017年4月 4日 (火)

団体戦なのか何なのか「和風総本家」の眞鍋さん

 

さて「和風総本家」の眞鍋かをりさん。

放送から10日以上経ってしまったけど、

まあぁいいや。

書ける時に書いておかないと、

次何時書けるか分からない。

 

この回はいつもの機械シリーズではなく巨大物。

「しんどいねぇ」という萬田さん、といっても

金貸しの萬田はんではない

元ミス日本の久子はんということで

「巨大なもの似合いますよ」と眞鍋さん。

 

002

 

その眞鍋さん、ハニカム構造の物体を防音壁と推理。

オオッと感嘆した元祖仮面ライダー、

勝手に正解と断定。

 

004

 

眞鍋さんもその気になってみたものの、実は

司会が小声で言った「不正解」が聞こえていなかった。

だが、元祖仮面ライダーは眞鍋さんを含む3人の団体戦

とこれまた勝手に規定。 

ちゃいまっせって司会に「喝!」って、よう分からん。

 

005

 

人生の節目に巨大物の世話になったことがない

という眞鍋さん。 

答えは写真館のホリゾントペーパーだったのだけど

・・・芸能人の撮影には使わないしなぁ・・・

当方が友人と持っていたスタジオにもこの備えはなかった。

眞鍋さんじゃない芸能人を撮ったこともあるけど。

 

眞鍋さん、婚礼写真とかも撮ってなさそうだけど

四国では花嫁を座らせるしきたりがあったと記憶している。

 

008

 

さてさて、曲面の巨大木枠はコンクリートを流し込んで

トンネルにするのではないかと推理の眞鍋さん。 

イイ線行ってる感じだったけど、トンネルって

土管みたいにはめ込んで作るのかなぁ

と思ったら、やっぱ違って橋の橋脚だった。

 

010

 

でもまぁ次も「かをりちゃんと3人で挑戦だ」

と、リーダー(?)の仮面ライダーは締め括るのでありました。

 

|

2017年3月22日 (水)

冴えたのはギャグか推理か「ナゼそこ日本人」の眞鍋さん

 

002

 

いやぁ~73歳というのに学校に

「到着したら縄跳びしなくちゃいけないし」 

大変ですなぁって感じの眞鍋かをりさんは「世界ナゼそこ日本人」

だが、その翁、ネパールに87校も学校を作った

というのだから半端ない。

 

しかし何故?どうやらネパールにある

娘さんの墓所と関係あるらしい。

そこで眞鍋さんの推理だが、ふむ、大学時代から

ネパールに援助に入っている友人がいるとな。

 

007

 

娘さんもNGOか何かで活動していたのではないか。

しかし翁は「日本で幸せを見つけよ」

と反対をしていたのだが、

娘さんはネパールで何らかの原因により死去。

 

010

 

後悔した翁は娘の遺志を継いだのではないか・・・

 

名推理である。だが、現実はもっと厳しかった。

難病を持って生まれた娘さんは

看護師として世に貢献する夢を持ちつつ、

それを果たせぬまま、

闘病に明け暮れた短い人生を閉じたのであった。

 

ネパールと翁を結びつけたのは

娘さんと同じ難病の子供が

治療のために来日したというニュース。

羽ばたくことのなかった娘さんの夢を果たすのに

日本である必要はなかったのであろう。

 

 

お次はUSA・・・なのだが、何故か

英国製のアボット自走砲やチーフテン戦車が暴れ回る。

当然、運転席も右側だが、アメリカ人が

ちょっとのレクチャーで運転できる施設があるらしい。

さらに驚いたことにその施設、日本人とは一切関係ない!

どーゆーこっちゃ

 

018  

 

で、本題の日本女性はアメリカで

ナイジェリア人の夫と暮らす。

そのオカンが移住したのに母国にこだわり続け

なにかと教えたがるのだが、

ヤギ料理を作ると言って購入したのが

まさかの生きたヤギ。

 

「こりゃきついわ」と眞鍋さん。

自宅で山羊を絞めるところから始めるというのだから

沖縄のオカンでも今時そこまでやる人はいないだろう。

血抜きしないと臭みが出るしなぁ・・・

 

だがこの日本人女性、

家を放り出されても泣いてすがることもなく、

自分で職を見つけて自力渡航を果たしたのだから

 

022  

「あの生き抜くパワーがあれば」と眞鍋さん

「多分、何年か後には余裕でヤギをさばいている 」

と断言するのでありました。

 

|

2017年3月13日 (月)

眞鍋さんのひとり旅テク伝授の「アメトーク!」

 

さて、ネットでもそこそこ話題になってる

「アメトーク!」の眞鍋かをりさん。

一人旅芸人の括りでの出演だが、

芸人かいっ!

まぁいいけど。

 

011
  

30歳から一人旅を始めて20カ所以上行ったぜ。

最初はパリからラピュタ、じゃなくて

モン・サン=ミシェルだったね。

 

だが、グループ旅行派から変な質問が。

「ご飯どないしてんの?」って意味分からん。

仲間内でシェアし合ってワイワイなんて

グループ旅行でもやったことないぞ。

 

「感動を共有できない」ってなんじゃそら。

本気で感動したら言葉なんて出ないし

話しかけられたら返って邪魔だ。

「写真はどうする」ってあーた、

オッサンが自分の写真撮って何がオモロイねん。

後で眺めてにやにやするのか?キショいぞ。

 

でも眞鍋さんは芸能人で女性だし、

芸能人でなくても「写真見せて」とか言ってしまう。

先日も卒業式の袴姿(宝塚ではない)と

白無垢の花嫁衣裳姿(高台寺のイベント)

の写真を巫女さんに見せてもらったばかりだ。

 

020

 

眞鍋さんの場合は同じ旅行者で

「いいカメラを持ってる人」に頼む。

写真も上手いし、旅行者なので盗られることもない。

 

022
  

仲間がいたらもっと大胆なこともできるぞ

みたいな発言もあったけど、それって要するに

仲間とワイワイやるのが楽しいだけじゃないの?

それがグループ旅行の楽しさなので悪いとは言わないけど。

 

025

 

スケジュールが空いてる日に

空いてる便で行き先を決める

ある種1人ダーツの旅的眞鍋さん。

「三日あればどこでも行ける」

「ホンマに楽しいの?」

「めっちゃめちゃ楽しかった」 

 

一人なので自分でスケジュール決められるし、

その気になればあれもこれもと

団体では不可能な日程を楽しむことだってできる。

確かにハワイの眞鍋さん、楽しそうだったなぁ・・・

 

036

 

アテネの日程を一日で切り上げて

サントリーニ島に行った話も出た。

このワイプの写真、貰った人は結構いるはず。

年賀状に使われてたし。

「世界中を飛び回っています」って書いてあったなぁ。

 

029

 

まぁハネムーンの聖地だったので

ホントに一人で泊まるのか?

と訝しがられたのは御愛嬌。 

 

てなことで、ネットで話題のこの発言。

 

031

 

予算と価値観の合う友達ならいるだろうけど

スケジュールって項目が加わるとちと難しい。 

「いつか行けるかなぁなんて思ってるとすぐ死にますよ」

これはホント。

行きたかったけど行けなかった場所が

当方にも山盛りある。

 

041

 

実は危ういことも全くなかった訳ではない眞鍋さん。

お蔭で裏ワザも覚えた。

でも愛(まな)ベイビーが生まれたから

弾丸旅行はしばらくお預け。 

きっとママ鍋さんならではの新しい旅の楽しみを

近い将来、見付けてくれるだろう。

 

|

2017年3月 9日 (木)

爆笑眞鍋さんの「ダレトク!?」

 

ムッ!「ダレトク!?」眞鍋かをりさんは爆笑トークが冴えたぞ。

冒頭、「あまりママタレっぽさを出さないですねぇ」

とふられると、「ママタレは無理」

 

003
  

料理のレシピを載せたりとか

ママタレっぽいブログも「全然やってなくて」。

 

おせち風離乳食だけだよな。

キラキラママにはなれないよって話は1年前に書いてるし

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=8150

眞鍋さんは「一線を画している」て記事もある。

http://asajo.jp/excerpt/24753

 

004

 

プライベートを切り売りしてるのかってツッコミもあったけど

どーゆー意味だ?

 

それはともかく有吉さんの料理対決。

料理なら作ってまっせの眞鍋さん、

でも「ブログには載せない」

何故と問われたら

 

006

 

「プライベートを切り売りしないから」とお返し。

 

で、対決のお相手は閉店ガラガラの愛娘、岡田結実さん。

焼きそばにパイナップルを入れるという挙に出た。

この手の甘辛ミックスが実は嫌いじゃないと

先日「ビビット」で言っていた眞鍋さんだけど 

 

007

 

若いコが作ったらかわいいだろうけど

「ババアが作ったら怒られそう」 

パイナップルは好きだけど「中年向きじゃない」

てことで裁定は

 

010

 

全員有吉シェフに札を上げたのだけど、え?初勝利?

眞鍋さん、ラッキーママだったか。

 

眞鍋さんを何やかやといじっていた芸人さんがいたけど

誰やねんなのでスルー。

 

013

 

ただ、明太子はやはり市販品の方が美味いようである。

 

|

2017年3月 4日 (土)

母の気持ちになって眞鍋さん涙の「行きたい人応援団」

 

アララ、眞鍋かをりさん、何を泣いているのか。

「お母さんの気持ちになっちゃって」

 

020

 

ママ鍋さんの心を揺さぶったのは

「ニッポン行きたい人応援団」がご招待の小学生

まだ10歳のデニッセちゃん。

「うちの子、まだ1歳なんですけど」とママ鍋さん。

10歳なんてあっという間かもしれないよ。

 

アルゼンチンの住宅事情は分からないが

16㎡の家って8畳間に押入れを付けたくらい。

母子家庭だからかな。

でも、デニッセちゃんは天真爛漫ってか

元気過ぎるくらい元気で走り回るわ跳ね回るわ

 

004

 

空港も出ないうちにどら焼きを自販機に発見したり

CAと写真撮ったり。 

オカンもオカンでリムジンバスにお辞儀する職員を発見すると

 

007

 

母子揃ってモノマネときたもんだ。

 

しかし、来日の目的は母国でも習っている琉球舞踊。

沖縄に行かねばならん。

なのだが、沖縄のスーパーがまたオモロイ。

「普通のスーパーじゃないね」と眞鍋さんが言うように

沖縄そばのセルフコーナーがあったりする。

なのだが

 

012

 

それを聞いた母子がまたお揃いのリアクション。

芸人みたいだ。 

 

成長して10歳になった元愛(まな)ベイビーが

ママ鍋さんとお揃いのリアクションするようになったら

・・・まぁ、それはそれでオモロいかも知れない。

 

011

 

勿論、琉球舞踊も師匠に手とり足取りの特訓を受ける。

瓦の10枚くらい楽勝で粉砕しそうな師匠だけど

意外や涙もろいこと眞鍋さんばり。 

ある程度日本語を喋れるし平仮名も書ける上

演歌も歌えるデニッセちゃん。

その歌声で師匠は泣いてしまうのだ。

 

013

 

そして稽古に励む我が娘を見つめる温かい母の眼差し。

なかなかいい画を撮ってるやおまへんか。

そして最終日、衣装に着替えると

 

016

 

「か~わ~い~~~」と

悲鳴みたいな眞鍋さんの声。

「やりたいことを見つけて」(眞鍋さん)

夢をかなえている娘を見る母の気持ちとは・・・・

 

自制心が強く働き過ぎてやりたいことが見つけられなかった、

みたいなことを書いていた眞鍋さんだけど、

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=9676&page=3

こっちのオカンは皆と一緒に踊りだしたよ。

 

だが、別れのシーンでもらい泣きする番組Dには

「あれずるいよ」と眞鍋さん。

 

021

 

自分が泣いてる画を挿入するってどーよ

ってことだろうけど、

まぁ大目に見ましょうや。 

 

|

2017年3月 2日 (木)

語りだしたらきりがないお好み「応援団」

 

ふと我に返れば二週間前になってしまった

前回の「ニッポン行きたい人応援団」。

なんたってイギリス人ジェリーさんは

お好み焼き大好きだっせのご招待。

そらこっちも言いたいこと山ほどおまっせの回だったもんで

かえってまとめるのが難しいというものだ。

 

005  

 

事前にリサーチしておいた名店を回るのだが、

うん、この店はこうだよね、

蓋して蒸し焼きって店もあるある、てか当方もやるぞ。

 

街行くオッサン、オバハン、お兄さん、お姉さんに

お薦めの店を紹介してもらったりするのだが、

そんな質問されたらウチのが、いやワシのが一番

って答えるだろうと思ったら案の定。

 

それではと自宅までお邪魔してみると

家族でも作り方が違う。

大和芋を使うと粉はほとんど要らないね。

面倒な時は大和芋とチーズ、ベーコンだけで

ピザっぽいお好み(芋焼き?)を作ったりする。

周囲に壁を作るのも当方と同じだが、当方は

フライパンを傾けてゆすり、生地を回転させる。

ふっふっふ・・・どや

 

014
  

てなことでジェリーはん、どうやら

当家の至近距離までおいでになっていたようである。

 

だが、スタジオの眞鍋かをりさんが

「あそこ行ってくださいよ」と食いついていたのは

御年80歳超の御夫婦が営まれている路地裏の店。

ほとんどのメニューが500円って安っ!

ワンコインお好み。

 

012

 

「めっちゃレトロですやん」とジェリーさん。

戦後の焼け跡から立ち上がり、

今日の礎を築いた方々の店なのである。

作るはおでんのジャガイモ入り豚玉。

ほくほくポテトのぬくもりは

地道にコツコツと歩んでこられた老夫婦の人情の温かさか。

 

010

 

「フライ返しでやってた」(眞鍋さん)のジェリーさん、

お好み焼きの道具もあれこれ御購入。 

ほしたら道具屋筋のオッサン、えらくまけてくれたよ。

「ロンドンで店出したら教えたって」

ノッティンガムの人なんだけどね。

 

002

 

てな訳で今夜も2時間スペシャルだ

(その後、クローズアップ現代+にも出るよ)。

 

|

より以前の記事一覧