眞鍋かをり・テレビ(娯楽4)

2017年7月20日 (木)

親子丼もカツ丼もどんと来いと「ニッポン行きたい人応援団」

 

さて、色んな人がいるもんだの「行きたい人応援団」

前回は応募がまだないリトアニアで

日本語ペラペラの女子高生発見。

 

006

 

合気道もやってるけどそれより丼だと丼ノートを書き、

作ってもいる。当然、食べてもいるはず。

丼限定ってのも不思議だが、

何に惹かれるかは人それぞれ。

ワインとバターを使った親子丼、結構旨そうだった。

 

007

 

「カワイイ~」とスタジオの眞鍋かをりさん。

てことでご招待決定。 

でも、またもや放送は後日。

 

放送になったのはもっとピンポイントに

トンカツ命のスペイン人御夫婦。

トンカツの為に日本に行くと言ったら

キャビンアテンダントが

「へ!?トンカツの為だけに行きまんのか」

とビックリしてたって、そらまぁそうですわなぁ。

 

「洋食」という名の和食を欧米人は純和職と捉える

ってのは何十年か前に当方も知ったことだが、

この御夫婦、というかオッサンの方は

ソースかけて食うのが独特だと興奮する。

確かに

ウスターソース自体は英国のものだが、

トンカツ用、お好み焼き用、たこ焼き用と、

かくも多彩に進化した様を見れば

ウスター地方の住民もさぞかしたまげるに違いない。

 

013_2

 

料理研究家だけあってとにかくまぁ研究熱心なこと。 

メモを取りつつ画像にもしっかり記録。

食ったら食ったで

「揚げ物なのに油の重さが全くおまへん」と驚く。

 

フライパンで揚げ焼すると油っぽくなりやすいからね。

すでに大量の油で揚げる技術はかなり前からあったので

天ぷらみたいにやってみたら上手くいったぜってことだろう。

お店の方に深い揚げ鍋を頂いたのは良かったね。

 

021  

次はさらに和風にカツ丼だと出かけたのだが、

名店「鈴新」のおやっさん、「企業秘密」と言いながら

つゆの配合をテレビカメラの前で全部ばらしちまったよ。

いいんですかと問われハッハッハと高笑い。

 

それならワシも笑いを取らねば、

と思ったかどうか知らないが、腕前を褒められた

スペインの恰幅のいい御夫人、店に残ってもいいけど

「その前に邪魔にならないようにダイエットしなきゃね」

 

026

 

いや~面白かったぁ~の眞鍋さん。

ちなみにカツを煮込まず丼に乗せ、

卵とじを上からかける「かけカツ丼」。

サバンナ高橋さんが「わいはかけがええ」

と言えば「私も」と同意してた。

 

実は当方、二十歳の頃にバイトしてたうどん屋で

かけカツ丼を作っていた。

ただし、うどん屋でそう教わったのではなく、

「せっかくの揚げたてがもったいない」と

自分で勝手にやったこと。

眞鍋さんはまだ生まれてなかったから知る訳ないよね。

 

 

てなことで今夜の「行きたい人応援団」は、

これは珍しいからくり人形の世界だ。

 

|

2017年7月13日 (木)

前回も色々あったぞ「行きたい人応援団」

 

さて今夜は眞鍋かをりさんレギュラーの

「ニッポン行きたい人応援団」なのだが、

前回放送のスペシャルも面白かった。

親の葬儀に始まって何やかや

ドタバタ続きにより書きそびれていたが、

今を逃すと書くチャンスはない。

 

006

 

アルゼンチンの学校にいたこの子は、

おっデニッセちゃんやおまへんか。 

琉球舞踊が好きということでご招待となったのだけど、

すっかり母の気持ちになってしまった眞鍋さん、

「うちの子はまだ一歳なんですけどね」

と言いつつ涙してしまった回。

http://vq12bb31kn29.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-aedd.html

 

相変わらず天真爛漫、元気いっぱい、

訪日の体験が「まだ夢の中にいるようです」

「いい経験だったねぇ~」とママ鍋さん。

 

011

 

その学校で見出したのが女性剣士。

剣道ではなく剣術。

自宅には空地風水火の五輪書

ってことは・・・

「武蔵っ」-小次郎は言った。

「武蔵っ!」-二度言った。

「なんで二回も言うねん」とは言わなかった武蔵、

「小次郎よな」

ゆらりと答えた…の武蔵(長いわ)

 

中学時代は剣道部で鳴らした眞鍋さん、

「あんな風にやるんだ」と漏らした

二天一流独特の正眼の構え。

稽古始めには神棚に向かって二礼二拍手一礼の作法

日本では二拍手一礼(合掌)に略す人がほとんどだが、

ちゃんとしてるではないか。

 

015

 

てことでご招待となったのだが放送は後日。

「今日じゃないのか」と小次郎とは関係なさそうな

佐々木健介さん。

「オンエアの日は北斗さんで」って眞鍋さんに

「いやワシもよしてくれや」

さてどうなることやら。

 

当日放送になったのはアルゼンチンの消防士マリアさん

日本のレスキュー訓練を見学したいってことでの来日だ。

 

024

 

山形県酒田市は女性消防士発祥の地だとか。

災害大国の上、木造家屋が多い日本では

民間の消防団が古くから機能している。

てことで酒田市消防団をまず視察。

啓蒙活動などの日頃の取り組みも参考になった様子。

 

027

 

目黒消防署でははしご車を操作する女性隊員に

「サインが欲しい」と感動。

ホースのたたみ方色々も教わるのだが、

名称の最後に○○島田とつく。

島田さんって誰やねん。

 

謎を残しつつ、遂にエリート集団

ハイパーレスキューに一日入隊を果たす。

 

041

 

キッツイんだろうなぁ~と思ったら案の定、

基礎体力が不足しているのか、

怒られてもできないものはできないマリアさん。 

実際の火災現場はもっと悪条件だろうから

「私が被災者だったら今の自分に救助されたくない」

率直に自分を見つめるところは偉いマリアさんだ。

 

044

 

そんなマリアさんに温かい拍手の眞鍋さん。

長期間、子供を家に残しておく訳にはいかん

と子連れでの来日だったしね。

 

さて今夜はトンカツらしいのだが・・・・

え?の正体はOAで。

 

|

2017年6月22日 (木)

百鬼夜行?いや百花繚乱か「行きたい人応援団」

 

005

 

「本人は兵隊さんだからルール破らずきっちりしてる」

「ニッポン行きたい人応援団」で眞鍋かをりさんが言うのは

なんと日本の暴走族に憧れるスペイン海軍の水兵さん。

 

特攻服なんぞを作ってバイクを乗り回してはいるものの

一時停止は勿論交通法規順守。 

日本に来て現役暴走族と交流って訳にもいかないしなぁ。

オラオラ、赤信号突破せんかいとか言われても

軍規に反するし・・・。

 

004

 

フランスでは三線を爪弾く沖縄音楽フリークが。

後ろで合の手を入れる彼氏の方はといえば

四国八十八カ所巡りを八回という驚きのオッサ・・・

いや、髭を蓄えているだけでオッサンにはまだ早い青年。

 

「マスターしてる」と驚きの愛媛出身、眞鍋さん

「相当なマニアだな」

 

008

 

でも、取り敢えず今回ご招待したのは

アメリカの素麵愛好家ミランダさん。 

迎えるは超極細の白髪素麺の達人、御年82歳!

しかしお元気である。

口も手も達者で衰え知らず。

熟練の技に目を回していると「ハハハ」と笑い声が響く。

 

012

 

ミランダさんも教えてもらうのだが、

好きこそものの上手なれ、これが結構上手い。

名人もふむと頷く。

 

013

 

てなこと言ってるうちに極細白髪素麺の完成。

のそのそしている暇はない、素早い作業が必要なのだ。

 

ちなみに名人、素麺は食べ飽きて

今はうどんの方がいいそうだ。

当方、遠い昔に白髪素麺を食した記憶はあるのだが、

何でも太麺が好きだったせいか食感までは思い出せない。

名人とは逆に、食うなら今かも。

 

てなこと言ってるうちにスタジオにも

名人の10年もの白髪素麺が登場。

 

020

 

「嘘だ嘘だ」と言ってた眞鍋さんも

いやホンマだっせと実物登場すると驚きの声。

う~ん・・・思い出せないのが悔しいなぁ・・・

 

てなことで今週はお休みの「行きたい人応援団」

来週は2時間SP、アルゼンチン特集?らしい。

 

|

2017年6月 9日 (金)

眞鍋さんもモノマネ披露の「水曜ダウンタウン」

 

さてさて「水曜日のダウンタウン」の眞鍋かをりさん。

モノマネのプロが学校の先生の物真似したら

死ぬほど受けるって?

 

004_2

 

そういえばと眞鍋さん、「ずっと半目で喋る先生がいた」

半目で喋る?どんなんやねん。

ほらこんな感じと眞鍋さん

 

003_2

 

で、出たっ!眞鍋さん必殺の顔真似。

ホンマかいっ!そんな先生おるかぁ?

との問いにも動じない。

 

005_2

 

おぉ、そうなのか。

 

引きの強い眞鍋さんだけど、プロたちだって負けてないぞ。

何しろ仕込みには入念に時間と手間をかけたのだ。 

確かに生徒たちにはバカ受けしていたけれど

 

006_2

 

ウッ!そ、それを言われたら実も蓋もございません。

眞鍋さん、そりゃそうだの突込みだった。

 

ツッコミといえば

ど突きツッコミは強ければ強いほど受ける説。

検証するのはこの人、と現れたその姿を見るや

「あーっ!」と息を飲む眞鍋さん。

そう、眞鍋さん大ファンのプロレスラー飯伏幸太選手。

相方はスーパー・ササダンゴ・マシンって

なんちゅうリングネームやねん。

 

009_2

 

そして繰り出すツッコミは・・・エエッ!これが突っ込み!?

華麗なる空中殺法も披露した飯伏選手。

 

010_2

 

眞鍋さんも大喜び。 

しかし、このお二人、

喋りも結構上手かった。

思わぬところで拾い物・・・と言っては失礼か、

とにかくよかったね眞鍋さん。

 

|

2017年6月 7日 (水)

タケムシほどではないけど各国料理店巡りと眞鍋さん

 

003_2

 

旅好き眞鍋かをりさん、

いろんな国の料理食べるの「好きです」。

あれをもう一度と日本に帰ってから探すこともある

・・・ってのは「雨上がりのナニモノ?」。

 

5月27日に放送されたのだけど

何らかのトラブルで視聴できなかったもの。

早々に再放送してくれて助かったぜ。

それは兎も角

 

006_2

 

よく行ってたのはミャンマー料理だと眞鍋さん。 

お茶の葉を使ったものとかタケムシ

ん?タケムシ?

竹の中に生息する虫ってそのまんまな、でも虫は虫。

「おいしいの?」

いやそれがあ~た、これが結構いけるんですわ

と眞鍋さんだが、ここでレポーターからストップが

 

009_2

 

ワシらがロケしたVTRが印象薄くなっては困るしって訳。

 

で、取り敢えず大声で「ウワーッ!」と喚くレポーター、

ミサイルマンが出かけたのは神戸・北野。

いや~実に多国籍。

だが、珍しい国の料理店でなければ

「ウワーッ!」と喚いてはいけない。

 

そこで見つけたチリ料理店。

近所のオバハン曰く「日本で唯一」。

これだとばかりに「ウワーッ!」

と喚こうと思ったらシャッターが。 

 

でも電話番号が書いてあったので電話すると

「ほな今から行きますわ」ときた。

 

025_2

 

「ロケハンとか一切やってない」と呟いた眞鍋さん

「これってガチロケなんですね」 

テレ東の旅番組にも似たようなのあるね。

 

で、ひょこひょこやってきたチリ料理店のオッサン

ん?日本人?

ちゃいまんがなハーフでんがな。

しかしその父上、サッカー好きが高じて

神戸にプロサッカーチームを作るべく署名運動を始めた人。

いわばヴィッセル神戸の産みの親だった。

 

015_2

 

ということで壁には店を訪れたサッカー関係者の写真多数。

ペレやマラドーナもいて眞鍋さん、全力の「エーッ!!」。

 

しかし、神戸に行けば

ジャマイカやフィジーのレストランもあるんだね。

 

023_2

でも、突拍子もない素材を使ってる訳じゃないので

ビビることはなさそう。

タケムシの方がよっぽどビビるぜ。

 

フィンランド料理店は京都にしかなかったが

今はどうなんだろ。

そういや謎のインカ料理店なんてのもあったな。

消えたけど。

 

027_2

 

各国料理とは関係ない

新製品クイズなんてのが1問だけあった。

最新型目覚まし装置の仕掛けとは?

くっさい臭いがする訳ではなかったのは残念でした。

 

|

2017年6月 1日 (木)

仏人浮世絵作家の仰天ばれん職人訪問

 

「ニッポン行きたい人応援団」は世界卓球でひと休みだが、

フランスからご招待の浮世絵作家ブノア氏の完結編は

ばれん編だった。

ばれん?

学校で版画を作った時に使った経験があるくらいだが

たかがばれんされどばれん

なんてレベルではない驚きの世界だった。

 

004

 

ブノア氏が訪ねた日本でただ一人のばれん職人、

後藤英彦氏は匠を超えて鬼である。

ひとつの製作期間を尋ねると

「六カ月から八カ月」とな

 

007

 

意表を突かれたか絶句のブノア氏。

古い和紙を一枚貼っては一日乾かし、貼ること50枚の当皮。

ばれん芯は竹の皮から繊維を取り出し、

それをより合わせて作ってゆく。

 

017

 

おまけに最適の素材、皮白竹は福岡県八女市にしかなく、

生産農家がなくなってしまったので

後藤氏が竹林を借り受け、育てている。

「そこまでやるの」と眞鍋かをりさんも驚くやら感心するやら。

 

016

 

勿論、ブノア氏も右に同じ。

 

ばれん芯によって摺り上りが違うのだ。

試しに摺ってみよ。

へ?わたいがでっか?

 

024

 

てなことで匠が用意したばれんで次々と摺ってみる。

すると、おぉ、塗りつぶせずに斑点が残る

ゴマ摺りにならないばれんを発見したのだった。 

やっぱりネットで買った4千円のばれん一つでは

無理があったようだ。

「数年かかるところを一日で教えていただきました」

 

033

 

ばれんの違いと使い方、選び方が分かったところでと

鬼の匠、「薄い皮の方が良い」と

ばれんを包む竹皮の包み方を伝授。

貴重な皮白竹の皮もプレゼントしてくれたのだ。

「なくなったらまた送るから連絡してくれ」

鬼は実は優しかった。

 

037

 

正直、ばれんにスポットを当てた番組、

に限らず記事等を見たのは初めてである。 

眞鍋さんに限らず驚きだらけ。

こういうとこもこの番組のイイとかもしれないね。

 

|

2017年5月30日 (火)

美香りんかをりん大活躍の「ミになる図書館」

 

昨日は中居正広さんの「ミになる図書館」

眞鍋さんが更新したブログに書いている通り

http://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/archives/55614228.html

眞鍋かをりさんと杉崎美香りん姐さん、

お友達同士の共演だった。

 

眞鍋さんの出演は当ブログも告知したのだけど、

美香りん姐さんとの共演は

姐さんがブログで告知するまで気付かず、失礼しました。

 

040

 

とにかく、TVでは久しぶりの顔合わせ。

世代別対抗クイズの30代、チーム美香りんとしての参戦だ。

 

スタートは好調、

高年齢世代の撃ち漏らしを奪って連続回答!

 

043

 

美しくどや顔の美香りん、かをりん。

まだ生まれてない頃の話なのにね。

TV中継の開始でサッカー界に起った異変

なんてほぼ歴史問題みたいなのもズバリ正解してハナを奪う。

 

047

 

「なんで分かるの?」って中居さんに眞鍋さん、

「動くものが一番見えにくいから」 

サッカーボールが白黒パンダになったのは

TVの為だったんだ。

 

051

 

ところが30代世代の自分の庭問題でつまずく。

「ウチらはひらがなに変換するタイプだったから」

眞鍋さん、懸命の抗議も実らず、

ポケベルの数字暗号答えられず。

 

053

 

続くiPod、もカリカリカリなんて

ヒントにもならない擬音に惑わされて不正解。

ガックシの眞鍋さんだけど姐さんはフラット。

姐さんのこのおおらかさが仲良しの理由かも。

 

056
  

その後は一進一退、折り合いつかず

出入りの激しいレース展開。

ナタデココを正解した眞鍋さんの

 

058

 

イメージビデオみたいな瞬間もあり~の。

 

060

 

結構自信ありげだったじゃがりこの女子高生的あること

お湯を入れてポテサラにする

ってのも不正解ではないのだけど、

それは10代20代チームだったらの話ってなんでやねん。

 

061

 

✖出されてビックリしとるがな。

 

最後の得点奪い合いアニメ・ドラマクイズ

まさかのお手付きで一歩後退したチーム美香りん。

だが、なんと最終問題、ゴール手前で起死回生の逆転劇。

クビ差で差し切った!

 

071

 

飛び跳ねて歓喜爆発の眞鍋さんと

落ち着いて座ってる姐さん。 

 

073

 

でも家電商品券ゲットには嬉しそうだった。

 

|

2017年5月24日 (水)

浮世絵編は明日完結か「行きたい人応援団」

 

さて「ニッポン行きたい人応援団」は

先週と今週で前編後編という仕掛けらしい。

ご招待となったのはフランスの浮世絵愛好家・ブノア氏。

浮世絵の愛好家なら世界中にいるだろうが、

この髭のオッサン、と見えてまだ39歳のブノア氏、

なんとデザインから彫り、摺りまで一人で全てやっている

愛好家というより作家なのだ。

今時日本にもここまでやってる人はいないのではなかろうか。

 

てなことでオッサンみたいな39歳が訪ねたのは

彫りと摺りの老大家。

 

013

 

早速のりの使い方にそらあかんがなと指摘を受け

「こりゃ学ぶことが多そうだ」と気を引き締める。

老大家お二人もブノア氏が好きだという歌川広重の代表作

「大はしあたけの夕立」を製作して見せた。

 

「雨とかどうやって表現してるの?」という

眞鍋かをりさんの疑問の答えも開かされる。

ただの直線と侮るなかれ、

角度の違う直線はそれぞれ異なる版木を用い、

色の濃淡をつけて立体感を出していたのだ。

 

018

 

「こっこれはっ!」と感嘆するブノア氏。

「雨が動いているようです」

 

ほんじゃまぁあんたも摺ってみるかいと誘われたブノア氏、

手取り足・・・は取らなかったけど、老師の指導を受ける。

 

019

 

バレンの使い方ひとつとっても規則性があるようだ。

 

自分の作品も持参したが、老師の厳しい目はごまかせない。

安あがりな印刷物によくあるような

色ののりの悪さを指摘した上、

解決策まで伝授してくれるのであった。 

 

021

 

だが、老師たちには後継者がいない、

と聞いてエ?と興味をそそられるブノア氏。 

でも、女房子供がいるしなぁ・・・

弟子入りってのは難しそうだけど・・・

 

ということで明日は後編(多分)となる。

いかなる驚きが待っているのであろうか。

 

|

2017年5月 3日 (水)

気が付けば筍のシーズンも終わってしまったけれどの「行きたい人応援団」

 

001

 

相変わらずパワフルなハンガリーのそろばんおじさん

番組スタッフから教師用大型そろばんを贈呈されて御満悦。

2時間SPだった「ニッポン行きたい人応援団」

前半はご招待した人追跡団だった。

 

だが、そろばんの販売は現在休止中。

というのも日本のそろばんと同じ

ひし形の玉にした発展型を量産せんと目論んでいるのだ。

 

003

 

その為、鋭意開発したのがこの製造機械。

「これ自分で作ったのぉ~!」

スタジオの眞鍋かをりさんもびっくり。

「職人の技を身につけることはできないから」

というが、オッサンも十分凄い。

 

006

 

一方、新たにご招待したのは

竹に魅せられる米国人・デイヴィット氏。 

だが、リーマンショックで失職した後に始めた

バンブービジネスなので、家族の生活がかかっている。

 

竹林に入るとその土の柔らかさに驚く。

柔らかい筍を採る為に

藁と赤土を毎年積み重ねて整備したもの。

ビジネスするなら大事なポイントだ。

 

008

 

なんと掘りたての筍を生で食べさせてもらっていたが、

あれは採れたてでないとダメだ。

筍は空気に触れるとえぐみが出てくる。

だから土の中にいるまだ頭を出す前の筍を狙うのだ。

 

このあたりは京都で記者をしていた頃に

書いたり読んだりしたことがある。

エジソンが石清水八幡宮の竹を

フィラメントに使ったこともそうなのだが・・・

愛媛の眞鍋さんはともかく

京都のサバンナ高橋君が知らなかったとは

ちょっとガックシである。

 

011
  

そしてそして、筍料理といえばここでしょうの大定番、

「タケノコテイと書いてジュンテイと読む」の筍亭である。

チーズ焼きに「なんで今まで思いつかなかったんだろう」

BBQにもいいかもしれないぞ。

 

012

 

「(竹に)お世話になってますね~」

なんて眞鍋さんに言われていたゲストの北斗さんは

料理より竹刀だったみたいだけどね。

 

|

2017年4月27日 (木)

行きたい人応援団はたかが味噌汁されど味噌汁の旅

 

さて、味噌汁が好きで地元で専門店を開いてしまった

スェーデン人クリストファー氏。

「ニッポン行きたい人応援団」がご招待となったのだが

そのコースがなかなかのもの。

 

あまりにも有名な京都の志る幸で

繊細な会席に合わせた味噌汁を。

そして静岡の枡形ではがっつり系の豚汁。

そしてラストに宍道湖のシジミときた。

実に良く練られている。

 

003

 

志る幸で白味噌仕立てを一口飲んでこの表情。 

白味噌は初体験だったらしい。

「今まで飲んだ味噌汁の中で一番甘い」

あれより甘い味噌はないからね。

 

008

 

そして62年続くという枡形の豚汁は、

昆布に豚骨に鶏ガラに鰹節と鯖節・・・・ 

だが、ラーメンスープを作っているのではない。

「クレイジー」とクリストファー氏。

二日がかりの工程に

「これは自分じゃできないなぁ」と眞鍋かをりさん。

 

012

 

だが、シジミ汁はその真逆。

出汁?そんなん要りませんがなシジミで十分ですわ。

てなことでオッサン、いや、クリスも漁に同行。

なんとシジミをすくう籠って70㎏もあるんだね。

立派な体躯のクリスさんだが、少々きつかったよう。

 

一方、スタジオは「クレイジー」と評された豚汁の話題に

と、そこへ

 

015

 

それならおまっせのカンペが

「マジ~」と立ち上がる眞鍋さん。 

 

016

 

いや~よかった良かった、ということで

また来週、じゃなくてまた今夜。 

 

|

より以前の記事一覧