競馬

2019年3月17日 (日)

オッサンにも夢がある、と阪神大賞典の競馬BEAT

 

001


「さぁ今日は阪神大賞典」

「6歳以上のオッサン、オバハン大集合ですわ」

「一番人気はシャケトラ」

「サーモンタイガーでんな」

「あら、シャケって塩鮭のことよ」

「そうなんでっか」

 

006


「最近はサーモンといえば虹鱒やし」

「さすが姐さん、年の功・・・」

「さぁ横山ルリカちゃん、馬券が?」

 

002


「当たりましたぁ」

「今日は嬉しそうやね」

「いつもはもっとデカいの当てたかったっちゅう…」

「阪神大賞典の本命は?」

「コルコバードにしました」

「お姉さんやねぇ」

「オバハンやん」

 

007


「さぁオッサン無視してレーススタートでーす」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

阪神大賞典はシャケトラが

予想以上の強さを見せて圧勝した。

 

010


「ワッハッハ見ましたかオッサンの底力」

「えらい御機嫌やねぇオッサン」

「先週に続いての当りでっせ姐さん」

「それで大きい顔してるんや」

「ハッハッハそれは生まれつきですわ」

「また来週ーっ!」

  

|

2019年3月10日 (日)

笑いが止まらない皮算用、と競馬BEAT

 

001


「さぁ目ぇ瞑ってる場合ちゃうよ、オッサン」

「いや眩しくて目ぇ開けられまへん」

「WIN5キャリーオーバーの4億6千万円?」

 

003


「目の前にあったらと思うとグフフ・・・」

「取らぬモアイの皮算用やねぇ」

「それを言うなら狸でっしゃろ」

「狸には見えんわぁ、オッサンやし」

 

005


「いずれにせよ目の前にはおまへん」

「しょうもないこと言うてんと金鯱賞やわ」

「GⅠ馬勢揃いでんな」

「オッサンの買い目は?」

「ダノンプレミアムでっしゃろ」

「九カ月ぶりのレースで復活するかねぇ」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

荒れるかとも思えた金鯱賞だが、

ダノンプレミアムがスタートよく飛び出して

絶好のポジション。

これで負けたら洒落にならんくらいの

横綱相撲で復活を果たした。

 

006


「どうでっか姐さん、ワイの予想は」

「やっと目が開いたねぇ」

「寝てる場合やおまへん」

「まだ終わってへんしね」

 

007


「お、こっこれは・・・」

「フィリーズレビューは同着やわ」

「ノーワンはノーマン」

「ノーマークって言いたいんやねぇ」

「いやインを突いて馬群をかち割るとは大胆な」

「21歳の坂井ジョッキー、見事な手綱さばきやったね」

 

010


「WIN5はノーワン買うてた人が101票」

「配当は同着プールヴィルを買うてた人の6倍」

「グフフフ・・・」

「当たってないやん」

「まぁ気分だけでも」

「また来週ーっ」

 

|

2019年3月 3日 (日)

分からなさ過ぎてファーッな1日、と競馬BEAT

 

003


「さぁオッサン、気ぃ付いたら3月やわ」

「月日が経つのは早いでんなぁ」

「気ぃ付いたらオッサンやもんねぇ」

「そういう姐さんも・・・」

「長いわぁ、子供も産んだし」

「それ関係もおまっか?」

「オッサン産んだ?」

「産んだらおかしいでしょ」

「顔大きいのに」

「それこそ関係おまへんやん」

「世の中分らんねぇ」

 

009


「横山ルリカちゃん、今日の弥生賞はどない?」

「重馬場ですからねぇ・・・」

「さすがええこと言わはるわ」

「いや、まだ何も言うてませんやん」

「顔小さいし」

「どういうことでんねん、それ」

 

002


「総武S、勝ったの最下位人気の馬やわ」

「大波乱でんなぁ」

「ワロてる場合ちゃうよ」

「は?」

「大阪城Sの勝ち馬は13番人気」

「弥生賞、オッサンの予想は?」

 

012


「今日はもうわかりまへん」

「大き過ぎて顔隠れてへんよ?」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

波乱含みの弥生賞は7番人気メイショウテンゲン。

中段後ろからぐいぐい押し出すと

ラスト直線も力強く抜け出す圧勝。

一体どうなるのかWIN5・・・

 

016


「的中0票やわ」

「弥生賞まで7票残っとったのに…」

「世の中分らんねぇ」

「7票持ってた人の心境や如何に」

「さぁルリカちゃん、今の心境は?」

 

017


「ファーッ!」

「また来週ーっ!」

 

|

2019年2月17日 (日)

初モノ対決のフェブラリー、と競馬BEAT

 

007


「さぁオッサン、いよいよGⅠ開幕やね」

「もう開幕って心の準備ができてまへん」

「歳はとりとうないねぇ」

「そうでんなぁ・・・・いや関係おまへんやん」

 

015


「顔締めていきましょう」

「なんで顔締めなあきませんねん」

「あら、締めた方がええんちゃう?」

「大き過ぎてテレビのフレームに入らん、何でやねん!」

「しまらん話やねぇ」

 

008


「それより今日のフェブラリーSで史上初の出来事が」

「女性騎手のGⅠ初騎乗でんな」

「通算50勝を引っ提げての登場やし」

「『菜七子ちゃん』ゆうてる場合ちゃいまっせ」

「レジェンド武さんとのドリームマッチですね」

「あら横山ルリカちゃん、いつの間に?」

「さっきからいてはりまんがな」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

GⅠ初騎乗の女性騎手、藤田菜々子騎手だが、

そうとは思えない落ち着きぶり。

騎乗するコパノキッキングも気難しい

と言われつつ至って落ち着いている。

これが吉と出るのか逆なのか。

 

そしてこれまたGⅠ初挑戦は

レジェンド騎乗のインティ。

こちらはどうも落ち着かない様子だが・・・

 

スタートすると行きたいままに行かせて

先頭に立つインティに、無理せず最後尾のキッキング。

そして4コーナーを曲がると、

オヨヨっとさらに脚を伸ばすインティに

後続及ばずの7連勝。

最後尾からぐんぐん加速したキッキングも

馬群を一気にパッシングして5着、

掲示板に乗った。

 

016


「あら、ルリカちゃん、馬券当たったんやねぇ」

「本命は外しましたけど」

「当たったんやからええやん」

「ええと・・・僕も取ったんですけど・・・」

「また来週ーっ」

   

|

2019年2月10日 (日)

前評判は当てにならない混沌の日、と競馬BEAT

 

001


「さぁモアイ像のオッサン、エライことやわ」

「は?またいきなりなんでっか」

「イースター島の降雨量がめっちゃ増えてしもて」

「はぁ」

「モアイ像崩落の危機やてぇ」

「火山岩は雨に弱いですからな」

「親戚、多いんちゃうのん」

「多いというかみんな親戚・・・なんでやねん!」

 

003


「萌奈さんのタテガミ、また変わったねぇ」

「美人はなんでも似合うと・・・」

「あ、誇ったはんねや」

「それより今日は京都記念です、皆さん」

「ほら、怒られたやんか、オッサン」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

予測不能の京都記念は超スローペース

という事で虚々実々の駆け引き、

動きの多いレース。

だが、周囲に惑わされず

2番手をキープしていたダンビュライトが

先頭集団一団となった混戦ゴールを制した。

 

002


「松若騎手、落ち着いた見事な騎乗やったね」

「あの若さであれをされるとオッサンは脱帽だす」

「『だす』ってたこ焼き屋ののオッサンかいな」

「共同通信杯のスタートです」

「ほら、また怒られたやん」

 

大注目、連勝街道をゆくアドマイヤマーズ

が出走した共同通信杯。

だがっふっふっふ、ワシを忘れたらあかんでと

ダノンキングダリーが果敢に接戦を挑んで

火星を一蹴した。

やるな

 

011


「さぁ来週は藤田菜七子騎手がGⅠに登場」

「フェブラリーステークスでんな」

「菜七子ちゃんとは言いにくくなってきたね」

「顔つきが勝負師ですわ」

「騎乗するコパノキッキングも勝てる馬やし」

「楽しみでんな」

「また来週ーっ!」

 

|

2019年2月 3日 (日)

目が眩むきさらぎ賞、と競馬BEAT

 

001


「さぁ40歳バースデイのモアイさん」

「シュワッチ」

「あら、今のウルトラマンはシュワッチ言わへんよ?」

「ほなどう言いまんねん」

「ウルトラの母に訊いてみたら?」

「・・・かなり前に別れてますんで・・・」

「そや、牝馬と結婚したんやったねぇ」

「そうでんねん、これがよう走る…なんでやねん!」

 

002


「ところで40歳誕生日のモアイさん」

「何回言いまんねん」

「あら、何回目の40歳?」

「お陰様で三回目・・・な訳ないでしょう」

「立派なオッサンやねぇ」

「そういう姐さんこそ何回目・・・」

「さぁ今日のきさらぎ賞」

 

005


「2億7千万円のダノンチェイサーに注目やねぇ」

「けど解説の皆さん、本命にしてませんで」

「金に目が眩んでないと・・・」

「私も目は眩んでません」

 

006


「あら、ゲストの橋本マナミさん」

「男はお金じゃないです」

「お金より顔やと」

「まぁ・・・」

「顔の長さならここにも一人」

「長さは要りません」

「なんの話してまんねん」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

意外にも三番人気だったダノンチェイサーだったが

走ってみれば堂々の横綱相撲。

スタートよく二番手につけ、

200mの標識でひと鞭入れれば

あれよあれよの圧勝劇だった。

 

010


「2億7千万円凄いですね」

「目が眩んでしもたんやろねぇ、みんな」

「2億7千万円には勝てなかったんだ・・・」

「いや、札束に物言わせた訳やないでしょ」

「また来週ーっ!」

 

|

2019年1月27日 (日)

火事にはならない燃えるレース、と競馬BEAT

 

001


「さぁ南海の石仏モアイさん、今週から京都やね」

「雪積もらんで良かったですわ」

「でもレースは熱いよ」

「ホンマ、予想する方は頭から煙出そうですわ」

「あら、木像やあるまいし」

 

002


「でも今日は短距離界の主役を決める戦い」

「石仏は半眼で・・・」

「では競馬の石仏、オッサンの買い目は?」

 

005


「ここは大本命ダノンスマッシュで」

「捻りないねぇ」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

シルクロードSはいい位置につけて

無駄なくインを回ったダノンスマッシュが、

前が開くや否やの急加速で・・・と思ったら

久し振りに本気を出したティーハーフも。

なんやねんこいつ。

 

ダノンスマッシュが先着したがティーハーフも3着。

と思ったら

根岸Sでも具のない朝、モーニンが4着に入る

健闘と言っていいのかよう分からん。

 

003


「人生というか馬生も色々やねぇ」

「久しぶりに燃えるもんがあったんでしょう」

「木像やないから火事にはならんわねぇ」

「石仏と一緒でんな」

「また来週ーっ!」

 

|

2019年1月20日 (日)

鮭もびっくりAJCCの競馬BEAT

 

001

「いや姐さん、ワイもインフルから回復しましたわ」

「良かったねぇアホやないこと証明できて」

「アホは風邪ひかん言いますからなハハハ・・・」

「私は風邪ばっかりやわ」

「姐さん、先週治ったんちゃいますのん」

「美人薄命やわ、ホンマ」

「話聞いてます?」

 

004


「ウエスト62cmの橋本マナミさん、どう思う?」

「油断大敵ですね」

「なるほど、気を抜くと68cmに逆戻りやと」

「なんの話でんねん」

「説得力あるねぇ」

「そうかぁ」

 

007


「東海Sのインティ、びっくりやねぇ」

「これは怪物ちゃいまっか」

「ひとり旅やん」

「先頭走って直線さらに伸びる」

「差が開くばっかりやったねぇ」

「ダートも楽しみが増しましたな」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT、

注目レースもう一つはAJCC。

昨年の菊花賞馬フィエールマン断トツ一番人気

だったのだが

何と一年一カ月ぶりにレース復帰のシャケトラ、

手綱引き気味でかかっているのかと思いきや、

手綱を緩めると最終コーナー出口でするっと先頭

フィエールマンの追撃をかわしてゴールした。

 

008

「いや脱帽ですわシャケトラはん」

「オッサンなめたらあかんねぇ」

「ワイも見習わなあきません」

「鮭の季節は終わってもシャケとらなあかんと」

「なんの話でんねん」

「また来週ーっ!」

 

|

2019年1月13日 (日)

激戦の果てにあるものは、と競馬BEAT

 

001

「さぁ姐さん、早くも新春二回目の放送でっせ」

「エーッ!そうなん?」

「・・・そない驚くことでっか」

「月日の経つのは早いねぇ」

「そういえば姐さんも40・・・」

「さぁそんなことより」
  

002


「今日はオッサン3人の馬券勝負4連チャン」

「おっとそうでしたな」

「シャンプー変態のオッサンとアラブのオッサンと・・・」

「めんどくさいでんな」

「三人ともオッサンやからねぇモアイのオッサン」

 

004


「画面がもたないので美女を一人」

「竹上さんでんな」

「竹には見えんわぁ」

「いや、そうやなくて・・・」

「牝馬やん」

「あぁナルホド・・・いやちゃうでしょ」

 

006


「変態のオッサンが連勝やねぇ」

「馬券は外してまっせ」

「二頭軸なんで2着も大事やったんや」

「気付くの遅いねぇ」

 

012


「モアイ像のオッサンはからきしあかんねぇ」

「ウッ!つ、次は当てたい・・・」

「モアイの呪いやねぇ」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

変態2勝、モアイ像1勝で迎えた

メインレース日経新春杯。

武豊騎手が途中、派手に仕掛けて場内を沸かせた

が、それに動じなかったデムーロはん、

中段から冷静に抜け出して

グローリーヴェイズを勝ちに導いた。

 

014


「ハハハハハー」

「モアイの呪いが効いたねぇ」

「2勝だっせ姐さん」

「変態のオッサンと引き分けやけどね」

 

013


「では全敗アラブのオッサンには反省の弁を」

「エーッ!反省せなあかんのぉ」

「当たり前じゃ甘えとったらあかんぞ」

「え?今、誰が言うたん?」

「ワイやないで」

「また来週ーっ!」

 

|

2019年1月 6日 (日)

色々驚きのシンザン記念、と競馬BEAT

 

013

 
「いやぁ~姐さん、明けましておめでとうございます」

「ハゲましておめでとう、オッサン」

「まぁわてもそろそろ・・・ハゲてませんって」

「そんなことゆうてへんよ」

「いや、今確かに・・・・」

「変な顔やねぇ」

「あ、あっ、今変な顔って」

 

016


「耳が悪なったんかなぁ」

「顔が長くなったんちゃう?」

「ハハハ、それは生まれつき・・・放っといてください」

「そうは言っても武豊騎手と人馬対談したんでしょ?」

「いや流石4千勝・・・人馬ちゃいますって」

 

019


「そんなことより今日のシンザン記念、オッサンは?」

「ワイはヴァルディゼール一押しで行きま」

 

020


「横山ルリカちゃんがメモしてるわ」

「私はアントリューズの歩き方がいいなと」

「競馬は走るもんだっせ」

「それで髪の毛グルングルンなんやね」

「なぁるほどさすが姐さん・・・いや関係ないでしょ」

「レーススタートでーす」

 

てことで

杉崎美香りん姐さんの競馬BEATはシンザン記念。

馬顔のオッサンが推すヴァルディゼール、

中段から最終コーナーで最内を突き抜け出した。

オオッ完全なる勝ちパターン、してやったり

 

と思ったら逆に大外を回ったマイネルフラップ

ここでターボパワー炸裂、怒涛の勢いで迫ってきた。

すんでのところで持ちこたえたヴァルだが、

1枠なのに何で大外回ったのかマイネルフラップ。

10番人気だったがレース運びを覚えたら

侮れない存在になりそうだ。

 

017


「という事でオッサンの予想は・・・アレ?」

「ヴァルは当たりましたけどさすがにフラップは」

「まぁええやん」

「そうでんな、ハハハ」

「また来週ーっ!」

 

|

より以前の記事一覧