眞鍋かをり・テレビ(報道・情報3)

2016年10月 3日 (月)

いいのか悪いのかマスコミ今昔

 

さて日が経ち過ぎないうちに記録しとかないとね

「言論BAR」の眞鍋かをりさん。

 

020

 

機械を新しくしたらBS、CSの画質がぐっと向上したし。

市販のレコーダーと違ってJ:COMの装置には

スロー再生が無いのが弱り目だけど、まぁ月800円だから。

 

018

 

番組としては東京オリンピックということで

組織委のボスでもある森元総理の、

まぁぶっちゃけ提灯番組。 

 

「神の国」発言はマリア様でも親鸞聖人でもよかったけど

神道の団体だったので・・・って、

えと、じゃあキリスト教の団体だったら

全能の神の思し召しのままにと言い、

浄土真宗だったら仏の国と言ったのか。

言ったら言ったでそれもまた問題になるし

日本は政教分離の国でしょとなる。

「天皇を中心とする神の国」って、どう聞いても明治憲法だし

日本は八百万の神の国だから不自然ではない、

ってのはこじつけにも程がある。

 

我が家には達磨大師の像と稲荷神社の神棚があり、

本棚には聖書(既読)もあるし、どの分野にも友人がいるが

賛同はしかねる。

 

004

 

でも議論する番組ではないから

眞鍋さんも転がし方は心得たもの。

安定感あります。 

 

マスコミを随分悪者にする内容だったけど

「国民の生活が大事なんて政治はおかしい」

と発言してる動画が出回ってる人が防衛大臣になり、

夫が防衛産業株を大量取得したと囁かれても、

大手マスコミはだんまりだね。

この差はいいの?悪いの?

 

|

2016年9月30日 (金)

眞鍋さん新レギュラ-決定とな

 

ヤヤッ!眞鍋かをりさん、

10月から新レギュラ-として「ビビット」に参加か。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12158-20160930067/

出演は隔週木曜日らしいけど

朝の情報番組は「とくダネ!」以来か。

無理せずガンバレ!

 

ついでってことではないが

コバラサポートにもも味が登場した

ってことでCM出演中の眞鍋さん、

コンビニで発見したそうな

http://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/archives/55550559.html

タダでもらえないのか、

なんてみみっちいこたぁ言わないぜ。

 

|

2016年7月21日 (木)

徒然に6月検索アクセス回顧

 

さてはて愛(まな)ベイビーの御機嫌はいかがなものか

などと思いつつ6月度の検索アクセスをつらつら眺めてみるに

 

006

 

「サキどり↑」での活躍もあり~の、

検索で飛んでくるケースだけを見ると

眞鍋かをりさんといえば「ハッとしてキャーな話」とか

「逃走中」など過去記事検索の方が数が多い。

 

「ニッポン行きたい人応援団」は例外的に総合2位の多さ。

サブフレーズを見ると、

ムッ!ハンガリーの着物好きジュジャンヌさんが1位。 

フランスのかるた選手オロールさん2位、

讃岐うどん修行のルシアナさん3位という結果に。

イケメン、オッサンはあまし反応ないね。

 

でもって総合1位は再び川ちゃん(川田裕美さん)。

てなことで最近の川ちゃんといえば、

これは7月の放送だったのだけど

なんたって川ちゃんらしさが炸裂していたのが

「なるほど!ザ・ワールド2016夏」

 

004

 

旨そうな顔をさせたら日本一ってことでシチリア島喰いまくりロケ。

「食いだおれの街・大阪の女子アナ」は、まぁいいとして

「浪速の歩く胃袋」「浪速のフードファイター」ってどーよ。

 

港をセレブっぽく散策する川ちゃん、漁師の集団発見。

「オッサン、何しとんねん」

「タコを叩きつけて柔らかくしとんねん」

「タコならワシも大阪の人間やし・・・」

と口走ったその瞬間!

 

010

 

ほなタコ焼きでも作りまひょとスタッフが提案。

「シチリアまで来てたこ焼き屋やるんかい」

と目を丸くしたものの、さすがのお手並み。

回転させながらくるっと返すあたりはホンマもんですなぁ。

 

013
  

知らんオッサンまで勝手にフレームインしてきて

「旨いがなコレ」と大好評だったのでありました。

 

アクセスが増えてくるとほんの一部だが

ネガなフレーズで探してくる人もいる。

だがそれも人気が定着してきた証である。

でもそれが斉藤雪乃んとくると

たった1件とはいえビックリする。

初めてのことという以上に

御近所のよしみだからって訳じゃないが

雪乃んから嫌いになる要因を探し出すのは

こりゃあ相当に難しいと言わざるを得ない。

 

何が気に食わないのかはさっぱり分からないが

「斉藤雪乃 CM」なら分かる。

 

019

 

これであろう。

ペプシの新製品大阪キャンペーン。 

なんか凄いストロングらしい。

 

競馬関連は第3位だったけど

荒ぶる暴走王ドゥラメンテの負傷引退

という残念なニュースもあった。

三歳が牡馬5強、牝馬4強のハイレベル大混戦なので

彼ら彼女らに穴を埋めてもらいたいものである。

 

|

2016年6月20日 (月)

策を知っていてこその錯視ですと眞鍋さんの「サキどり」

 

「え、これ、絵が動いてる訳じゃないんだ」

モナリザ姉さんがきょろきょろしているように見えたのだが

 

003

 

眞鍋かをりさんも面食らう日曜「サキどり」は

錯覚の応用がテーマ。

例えば実際に阪神高速で使われてるトンネル壁の印。

速度が速くなったように感じさせたいのだが、

三案の内採用されたのはどれかな?

 

「速く感じたのあった」

ピンときた眞鍋さん、迷わず選択、大正解。

 

006

 

じゃあこれはどう?と出てきたのは床の模様。

なんか右へ右へと誘導されてるみたいだけど、

ひょっとしたら前から歩いてくる人と

ぶつからないようにするものじゃないですか? 

 

008

 

おっと眞鍋さん、またまた御名答。

 

しかし小顔に見えるメイクはABどちらでしょう

と問われ、そらAでしょうと答えたら

ふっふっふっ・・・実はBでんねん

って、いやいやいや、

小顔に見えなかったんだから失敗でしょそれ

とは言わなかった眞鍋さん。

 

018

 

しかし、眉と鼻すじを一体化して立体的に見せるって

仏像みたいだね。 

 

デルブーフ錯視てのがあって、

太い枠に囲まれていると

囲まれていない時より大きく見えるという。

つまり

 

022

 

これだ。

普段からメガネを使う眞鍋さん、

そーじゃないかと薄々気づいていたとか。 

「メガネキャラになろうかな」

 

色々な利用の仕方があるものだが、

このような錯覚があると知っておくことが肝要じゃ

と偉い先生。

そりゃそうだと眞鍋さん、

大きく見えるから得だと思って買ったら

実は同じ大きさだったなんてことになったらね

 

027

 

ちょっぴり主婦目線も入ったかもしれない眞鍋さん。

そーいえば

今はまっているという

ノンアルビールとカフェインレスコーヒーも

まぁこじつければ錯覚と言えないこともないね。

http://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/

 

ノンアルウイスキーは無理だろうけど、

ではブランデーケーキは?

と思ってみたが、

産後むくみやすくなってスイーツは控えてるって

ちょっと心配。

気をつけてね。

 

 

|

2016年6月 4日 (土)

眞鍋さん司会だけど期待していいのか医療シンポジウム

 

え、眞鍋さんの身内に指定難病患者がおられたのか。

「数年前に新薬ができて今はすっかり元気」

そりゃあヨカッタ。

 

013

 

眞鍋かをりさん司会の公開シンポジウム

「日本から新薬・新治療を世界へ」

実際に行われたのは3月ということで黒髪眞鍋さん。

会場には医薬品会社の人もいて眞鍋さん、

壇上から降りてインタビューの場面も。

 

018

 

当方も難病患者だが、京大山中研究室から

ジストロフィーの進行を止める物質が見つかった

なんて発表があってオッと思ったりしたが

患者の多い病気から優先順位をつけて・・・

なんてのが続き、な~んだと思ったことも。

 

ジストロフィー研究に精力的な神戸大からは

ナンチャラ型ジストロフィーに効果的な物質発見

てな報もあったけど、

ナンチャラ型ってなんやねんって感じ。

 

日本の基礎研究から生まれた新薬が

海外で先に実用化されたりして

「もったいない」と眞鍋さん。

 

022

 

日本の医師は薬を作ることまで発想しない

・・・意味ないじゃん。

日常の診療に忙しくて治験にまで手が回らない

・・・基礎研究する人はいるのに? 

ワカラン話である。

 

新薬を開発するのは医薬品会社であって医師ではない

という話に眞鍋さんも驚いていたけど、

巨額の費用をかけて新薬を開発しても

患者が少ないんじゃあペイできないぜ

ってのもあるらしい。

 

山中教授のとこもその口?

研究費用を集める為に自ら広告塔になって

マラソン大会にまで出てるし。

 

028

 

しかしシンポジウムの眼目は問題点をあげつらうことではなく、

AMEDなる組織を立ち上げて

これからは連携を強化してゆきまんねんってとこ。 

 

「各分野はそれぞれ頑張っているのに

連携できていなかった為に

もったいないことになっていたんだなと実感しました」

と眞鍋さん。

「でも、これからは凄く期待したいなと思います」

 

AMEDはエイメッドと略すらしいが

えーい面倒だっ!てことにならないようにお願いしておこう。

 

|

2016年4月28日 (木)

クロ現眞鍋さんと政策課題

 

さて月曜日のことで遅いのだが

「クローズアップ現代+」に眞鍋かをりさん。

 

002

「ようやく本気で子育て世代を見てくれるムード

になってきたかなってきたかなって感覚はあるんですけど

期待していいのかどうかじっくり見ていきたいと思ってます」

ママ鍋さんの現在最大の関心事は世の赤ちゃんたちのこと、

ってのは昨日のFacebook投稿を見ても分かる。

https://www.facebook.com/kaworimanabe.official?fref=photo

 

てなことで取り上げるのは放送前日に投票が行われた

二つの補選。特に与野党激突となった北海道5区だ。

「社会保障の財源確保の為にも力強い経済が必要」

との和田氏の主張は正しいってか当たり前だ。

問題はどうやって、である。

「普通の人から豊かに」との池田氏の主張も正しい。

これまたどうやって、が課題となる。

 

若年層は和田氏支持といっても出口調査の結果だし、

勝った方が多いに決まってるのであまり当てにならない。

前回総選挙と比べると自公は票を増やし民共は減らしている。

だが、選挙に大勝し絶対多数の政権与党となれば

「売上ナンバーワン」のハクがついて支持率は上がる。

直近の世論調査では自公39%に対し民共14.4%。

「ダブルスコアで圧勝」なんて声も事前にあった

というのはこの為だろう。

 

それが8市町村中の半分で池田氏が上回る接戦になった。

両陣営とも組織票はほぼまとめ切ったらしい。

となると無党派層の動向だが、これが池田氏支持が

かなり和田氏を上回るという調査結果。

 

006

   

「無党派層が投票に行かなかったということですか?」

と眞鍋さん。

 

こうなると「どうやって」を具体的に提示して

選択を迫るしかなかろう。

自公は投票率が低い方が有利となるので

違う戦術に出るかもしれない。

 

金融緩和と公共投資は正しい。

これにより需要が喚起されれば

需要が供給を上回ることで物価を押し上げ、

インフレ目標2%の実現も可能になる。

売れると分かれば企業も新規投資に意欲が湧く。

 

労働人口が減るのだから生産性向上は必須なので

技術開発、新規投資の対象は広い。

成長部門に政策的援助も行い、技術革新による生産性向上、

高付加価値商品の開発、高所得化による消費拡大で

新たな成長軌道に乗せることも夢ではない。

我が国にはそのポテンシャルがある。

 

ところが金融緩和で生み出されたマネーは

消費拡大に向かうのではなく為替や株の相場に使われている。

それどころか消費増税と社会保障費の負担増、

残業代もこの際ゼロにしようぜと

消費を縮小させデフレ圧力を強めることばかりやっている。

インフレ政策とデフレ政策を同時にやって上手くゆく訳なかろう。

 

技術革新による産業構造の転換ではなく、既得権益を維持。

低賃金労働と移民導入で乗り切ろうたって、

国民生活が向上する訳ない。

「途上国」の東南アジアでも平均賃金が

日本の最低賃金を上回っているのが当たり前になりつつある。

「豊かな日本」にこぞって移民希望者が殺到するなんてことは

今の路線でいけば確実に消える。

 

「世界一」「一億総活躍」「世界に輝く」「GDP600兆円」

威勢のいいスローガンを乱発したところで

中身がないんじゃ意味がない。

 

 

 

とまぁわめいてみたものの

当方と同じ政策的主張をしている党はない。

似た主張をされている方はおられるが

自民党の人だったりする。

例えば藤井聡教授はれっきとした内閣参与である。

 

かといって自民に投票したら失政追認になるし

民進は消費増税の問題あり。

共産は立場上、

大企業による大規模投資の支援なんて言えないだろう。

困ったもんだ。

 

010

 

「自分たちで変えられるんだと思わないと

若いお母さんたちはベビーカー押して投票には行けない」

という眞鍋さんだけど「18歳選挙権はいい機会」という。

政治家も若い世代に目を向け、

若い世代も注目されることで自覚が湧くかもと

「凄く期待しています」

 

野党共闘は報道以上に具体化が進んでいるそうなので

選択できる政策の提示をお願いしておこう。

 

|

2016年3月28日 (月)

みんな笑顔になぁれと「ママたちが非常事態」第二弾

 

第一弾が大反響だったらしい「ママたちが非常事態!?」

理由は分かったけど、ではどうしたらいいのか

そこんとこを掘り下げてと第二弾。

初夜泣きを経験した眞鍋かをりさん

 

001
  

胎児だった頃の名残なんだよねと落ち着いて対応。

第一弾http://vq12bb31kn29.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-0585.html

で得たことを早速生かしたとか。

「サンカクなきもち」連載二回目でも書いてたね。

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=8150

 

「知は力」なのか何なのか、眞鍋さん、

子供の話をする時の表情が実に生きいきと輝いてる。

 

004

 

昨日の生放送で杉崎美香りん姐さんが

「子育ても楽しんで」と言ってたことが思い出される。

影響しててるのかどうなのかは定かでないけど

眞鍋さん、苦労もあるのだろうけど

楽しみの方が勝ってるように見えるね。 

 

しかし勘違いもある。

よそのガキ・・・お子さんを相手にする時、

人見知りされないように目を見ていたらしいのだが

これが不正解。

ガキ・・・お子さんはメンチを切られたと理解し、

余計泣いてしまうらしい。

 

012
  

生まれたての頃は母親の顔しか見ないのだが、

その他のオッサンオバハンにも関心を持ち始める

大事な時期・・・ではあるけれど

メンチ切ったらあきません。

ガキではなくオカンの顔を見て親しい様子を見せてやると

安心していい相手なのだとお子様も気付くらしい。

 

共同養育をやってる部族とか

幼児保育をしている施設ではどうやってるのだろう?

 

いやいや期の子どもも

頭から叱りつけるだけのしつけでは

脳の前頭前野は発達しないそうな。

縛りがなくなったら大暴れする不良みたいなものか?

分かりやすいルールを合意させて

自分からルールを守るようにする

恐怖の支配より民主的ルール作りの方がやはり大事らしい。

 

027
  

「もっていき方が難しい」と眞鍋さん。

四六時中全てやれったって無理なので

時間に余裕がある時など機会を見つけて

徐々にやっていけばいいとか。

 

男脳はそもそも子育て機能が女性ほど発達してないという話。

子育てに限らず介護などでも、他人を思いやるより

自分の興味関心、計画を優先するきらいがあるように感じる。

イクメンパパも飯食ってる時はガキが泣いても気にしない

ってのもガキより飯の方が大事だからではないか。

 

しかし、子育て経験を積むと男脳にも愛情ホルモンが発生し、

なんとパートナー以外の女性を拒むようになるって

ホンマかいっ!?

 

040
  

「いいシステムですねぇ」と眞鍋さん。

今や、というより

狩猟採取生活から農耕生活に移行した時から女性も働いている。

村落共同体と大家族制度の解体が共同養育の基盤を変え

公共的システムに組み込むことを必然化したと言えるだろう。

産業資本主義の発達による労働力流動化の結果なので

ノーガキや精神論で旧に復することはない。

 

046_2
  

出産と同時に郷里に戻って二年、離婚の危機にある

母親の夫は子育てしなかったのか気がかりだが

幸いにしてその他の母親たちは

子供の話になると皆笑顔になる。

眞鍋さんのお隣の芸人さんを始め

世の中のママさんたちみんなが笑顔になれる

そんな世の中になって欲しいね。

 

子育てしたくてもできないから

他人事みたいな締めになって申し訳ないけど。

(眞鍋さんがずっと笑顔でいられますように)

 

|

2016年3月 7日 (月)

眞鍋さん出演の「ママたちが非常事態 !?」第二弾放送に

 

遂に明らかになる眞鍋さんの秘密

って訳じゃないだろうけど

科学的子育て論を展開したNHKスペシャル

「ママたちが非常事態 !?」第二弾が27日に放送されるとな。

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/oricon_2068049

 

052

 

↑は初回放送の時の眞鍋さん。

http://vq12bb31kn29.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-0585.html

今回は眞鍋かをりさんら初回メンバーに加え

イクメン代表なのか何なのかユージさんも参加するらしい。

イクメンにも愛情ホルモンが?

ホンマかいっ!?

 

愛情ホルモンに関しては10年位前だったか

なんかの番組で色々実験をしていた。

大勢の中から我が子の泣き声を聞き分ける

なんてのは朝飯前で、分泌量の多い人は

一寸先も見えない暗闇でも気配を感じとる。

武芸者か

でも違うので、「何奴!」と誰何したり

「そこだっ!」と手裏剣を投げたりしない。

 

眞鍋さんには滅茶苦茶多いであろう愛情ホルモン

その神秘がどこまで明らかにされるのであろうか。

武芸者でなくても気になるところである。

 

|

2016年2月 2日 (火)

マ眞鍋さんも発見色々科学目線の育児論

 

ママたちが非常事態、人類の危機である。

オオッて問題提起のNHKスペシャルに

眞鍋かをりさん、なりたてママ鍋として登場。

 

そういえば眞鍋さん、自分が発案したトマト鍋を

「ま鍋」と命名してたな・・・って話ではなく

出産後に襲う不安と孤独感に

眞鍋さんもさいなまれていたそうな(今もかもしれないけど)。

 

001

 

まなベイビーと1対1になる時間が来るのが恐かった

と眞鍋さん。

 

だが、それは個人の資質や気分の問題ではないのだ

と、番組は太古の暮らしを維持するバカ族を取材。

バカと名乗っているが実はクレバー。

ちょっくら薪を集めてくらぁといえば

他人が子供の面倒を見る、どころか授乳までする。

ガキもある程度成長すれば育児を手伝う。

これが訓練になって誰でも子育てできる。

 

エテ公は子供が成長するまで5年は出産できないが、

人間様は毎年でも出産できる。

その気になれば、だが。

その気になれるのは共同養育のシステムを

社会性の中で編み出していたからなのだ。

バカ族の社会性は明らかに家族の枠組みより大きい。

 

010

 

核家族化が進んでも

体は太古の昔から変わっていないのかと驚く眞鍋さん。

出産後にエストロゲンが急激に減るのは

集団養育を促す為らしい。 

 

核家族化といっても終戦直後は

日本人の80%がまだ農業に従事していた。

それが高度成長の過程で集団就職やらで

都市部に大量移動することで生まれたもの。

人類700万年の歴史に比べりゃ1分前みたいなもんだ。

 

015
 

そうはいっても「今から共同養育する訳にもいかないし」

と眞鍋さんだが、社会性の課題は社会的に解決するしかない。

労働力流動化といいつつ「家族が大事」

なんて反対のことを言う支離滅裂政策では解決不可能だし

家族に矮小化できる課題でもない。

 

「抱いていてくれるだけで助かる」という眞鍋さん

「カンガルーになりたい」と思ったこともあるそうな。

 

将軍家ではガキは乳母が育てる慣例があったし

大商人や庄屋など金のある家でも乳母を雇っていた。

ついでに近所のガキも集めれば保育所だ。

 

030

 

一方、乳児にも乳児の事情ってもんがある。

夜泣きがウルサイと文句ぬかすな。

胎児は母親に負担をかけないよう、

母親が休んでいる夜間に目覚めて

こっそり栄養補給していたのだ。

 

002
  

「空気読んでるんだ」と眞鍋さん。

そやねんと赤ん坊は言う。

外に出てきたからといっても、

そうすぐにモード切替はできませんがな。

 

ついでにいうと物心つきはじめた頃

言うことを聞かないイヤイヤ期ってのがあるが、

それもワガママでどうしようもないガキでもなければ

母親のしつけがなってない訳でもない。

脳の前頭前野がまだ未発達なので

抑制機能が働いていないだけなのだ。

しつけも大事だが、そう焦るな。

 

そういえば、人間は産道が狭いので

赤ん坊は全て一種の未熟児って話を聞いたことがある。

なので他の動物のように生まれてすぐに立ち上がったり

すたすた歩いて「天上天下唯我独尊!」と叫んだりは、

普通、しないのだ。

 

039
  

「理由が分かってたら楽」と眞鍋さん、

世間の人がみんな知っていてくれたらいいのに・・・

ガキが騒いだくらいでいちいちカリカリしなさんなってことだ。

 

オキシトシンなるホルモンが分泌され、

こいつは当てにならんと思ったら

夫に対しても攻撃的になるという話は興味深い。

知人が出産二年目で離婚の危機。

慰謝料イラン、養育費も要らん、自分の力で育てる

と豪語しつつ、仕事がない、でも

大阪に戻って前職に就く気もないって

なんか無茶苦茶なことを言ってるのはそのせいだったのか。

 

取り敢えず落ち着けという意味で

「仕事がなければ土を耕せ」と言っておいたが

伝わっとらんなこりゃ。

マズったぜ。

 

052
  

眞鍋さん、一カ月健診で「順調だっせ」と言われた時

スッと気が楽になったらしい。

「認めてもらいたい気持ちがあったんだと思う」

 

男どもは母親に対して決して上から目線にならず

水平目線で、そうかそうかうんうんと

理解に努めるのが使命のようである。

 

まだまだ大変なことが待ち構えているだろう眞鍋さん、

ガンバレーッ!

 

|

2015年7月17日 (金)

文化と情報のお酒の選び方

 

当分は断酒若しくは節酒状態(のはず)な眞鍋かをりさんだが

まぁそれは置いといてってことで

「オイコノミア」でお酒の選び方。

お隣は、おぉ、今を時めく芥川賞作家の又吉先生。

 

003

 

しかし、先生は最近まで飲めなかったらしい。

「朝起きた時、今日は何飲もうかな」なんて考える

眞鍋さんとは対照的。なんせ「生活の軸がお酒」

と言い切ってしまうのだ。 

 

選び方としては、料理に合わせる眞鍋さん。

チーズと合わせるなら産地で統一するのも手だぜ。

でも、情報がないとよく分からん。

欧州産はチーズでもワインでも法的に

ラベル記載が定めれられてるとこが多いのだが

読めなきゃ意味ない。

 

033

 

まぁアルコール度数にお金出してる訳じゃないし、

他の食べ物と違ってお酒は雰囲気、過ごす時間や気持ちも大事。

どんなお酒が分かれば気分も変わるので情報は大事と眞鍋さん。

 

又吉先生も名前が知られていない時は舞台でまず自己紹介

「吉本の若手でおま。いっこも売れてません」

てなこと言えば客の対応も変わるという。 

以前、とあるイベント会場の一角でそんな芸人さんを見たが、

べらぼうにオモロかった。

 

008

 

「人に薦める時、どんなの選びますか」と又吉先生。

通好みのを薦めて引かれても困るし、なのだけど、

眞鍋さん、素直に自分が最初にイイと思ったのを薦め、

「知ってるよ」的リアクションを食らうこともあるらしい。

しかし、そこは又吉先生も

「一週回って太宰治」なんだそうだ。

あるある。

 

コカ・コーラが日本に進出した頃は「薬臭い」

といわれたそうだが、

直輸入の米国産コカ・コーラを飲んでみると、

なるほど薬臭い。

外国産を選ぶということは異文化を知るということなので

その気がない人には国産が無難だと思う。

 

|

より以前の記事一覧