眞鍋かをり・厳選美脚

2010年5月29日 (土)

眞鍋さんの「机の下(?)美脚」

5月度の検索アクセスをまとめていたら、

「ん?」というものを発見した。

 

アクセス件数1位の「眞鍋かをり 美脚」は不動。

その源となった「メガスポ!」も依然として多い。

世界卓球をやってるからその流れかなとも思ったが、

日付指定のものがある。

ついでに「机の下美脚」なんてフレーズも。

 

「メガスポ!」の眞鍋さん、

カウンターの下から思い切りのローアングル、

レンズがひっつくんじゃないかというほど接近した

まさに容赦ないドアップで何度か美脚を撮られている。

そして、指定された日付のものがコレ!
 

0903081_005_3  
一歩間違うとかなり際どいことになりそうなアングルだけど、

何のこれしきと眞鍋さん、堂々と受け止めている。

眞鍋さんならではのきゅっとくびれた美肌美脚だ。

カメラは爪先から50㎝と離れてないだろう。

 

似たアングルのものに伝説の美脚 Vol.1がある。

こちらは09年3月のもので、それより後。

その為かカメラを傾けて

横長画面により大きく写そうという工夫がある。

 

撮るも撮ったり撮られるも撮られたり。

カメラマンも眞鍋さんもお見事でした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

眞鍋さん伝説の超美脚Ⅴ

A_013_4

 
開けっ広げに突き抜けたところがある眞鍋かをりさん、

笑いにも「そこまでやるか」的迷いのなさを見せるけど

美脚を見せることにも何のためらいもない。

だから、どんなドアップでも受けて立つ。

 

とは言え「メガスポ美脚」は一年間、60回以上に及ぶ。

これほど脚をアップで撮られたタレントさんも珍しいのでは?

だからこそ終了して丸一年経っても未だ検索が絶えない

伝説と化しているのだろうけど。

 

「眞鍋かをり 美脚」アクセスも相変わらずダントツ最多。

伝説シリーズ、いつまで続けるのか自分でも分からないが、

こうしたドアップ画像がそうそうあるものではなし、

素材とアクセスが続く限り不定期に続けてみようかと思う。

 

眞鍋さんの美肌美脚はいかなるドアップにも耐える

 ・ ・ ・ なのだが、

実は、膝あたりにぶつけたのか擦ったのか

何かの痕跡が見られることも少なくない。

 

飛んだりこけたり何でもやってしまう眞鍋さんなので

お仕事上、生傷が絶えないのかもしれない。

でも、上記画像の時はそれらしき痕がなかった。

これぞ眞鍋さん、あっぱれな美脚である。

 

新年の美脚開き(開脚という意味ではない)を

ようやく済ませた眞鍋さんだけど、

この間、飛んだりこけたりしなかったので

美脚にもいい休養になったはず。

1003251_022  
だから、笑顔と美脚のコンビネーションにさらなる期待。

 

テレビもCMスポンサーも眞鍋さん続投を明言。

フジの豊田社長曰く、

「事件になったならいざ知らず」と、ごもっともな指摘。

まっとうな世界と裏社会の区別がつかない会社は退場願いたい。

 

眞鍋さんはお日様に照らされてまっすぐ歩く。

不快指数ゼロのからりと爽やかな明るさに

ほんのりセクシーな「かをり」をしのばせて。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

休業中でも高まる期待~2月度検索アクセス

1001031_012
 
例によって2月度検索アクセスを集計してみたのだが、

ちょっと見方を変える必要がありそうだ。

 

これだけ見てもこれといった傾向を見出すことはできない。

眞鍋さん自身が休業中なので当然ともいえるのだが、

ニュースがなかった訳ではない、というか、

かなり大きなニュースもあった。

 

でも、訴訟に関する直接的なフレーズでの検索は

意外にも、たったの4件しかなかった。

しかし、アクセス数の総体で見ると、

従来の三割以上増えている。

 

一方、検索アクセスだけに限ってみると、

こちらは三割ほどいつもより減っている。

検索ではなく、直で来た・・・

と考えるのが合理的だが、確証はない。

 

はっきりしていることは、例え休業していても、

というよりそれだからこそ注目が集まっていることだろう。

眞鍋さん復活への期待の表れと見て間違いない。

 

それを前提に、多い順に検索ワード/フレーズを並べると

取り敢えず以下の通りになる。
 
 1位:眞鍋かをり 美脚
 2位:AHKAH
 3位:おもいっきりDON!
 4位:眞鍋かをり ヘアスタイル
 5位:メガスポ
 6位:眞鍋かをり スーツ
 7位:一億分の八
 8位:グローブトロッター
 9位:とくダネ!
10位:Qさま
 
他に検索すべきフレーズがなかったから、

かどうか知らないが、2月も「美脚」が過半数を占めた。

せっかくなので、
 

Megaspoa_023  
眞鍋さん超美脚!

ただし、再掲載。

でも、以前に掲載したものより画像はずっと良い。

アクセスの多い画像だったので、

何時かやり直さねばと思っていたもの。

便乗企画。

 

眞鍋さんの魅力は心の内に外に多々あるが、

美脚のアップは「メガスポ!」以外では滅多に見られない。

「メガスポ!」が終わった今は、もはや伝説になろうとしている。

 

近い将来、眞鍋さんが

再びキャスターとして現れる可能性もあるけれど、

一般ニュースでは美脚アップはおろか笑顔も慎まねばならない。

 

「メガスポ!」美脚は、やはり伝説として残るだろう。

幸か不幸か、伝説の継承者になってしまったので、

アクセスのある限り役割は果たしていこうと思っている。

 

休業中の眞鍋さんには、くれぐれも美脚ケアを怠らず、

新たな美脚伝説を構築していただきたいと希望したい。

眞鍋さん自身も美脚もこれだけ期待されているのだから。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

眞鍋さん伝説の超美脚 Vol.Ⅳ

Megaspoa_038_2
 
「メガスポ美脚」「メガスポ ローアングル」と未だに

引きも切らないメガスポ眞鍋さんの超美脚への検索。

テレビ出演がなかったこともあって、

1月度の検索アクセスでは、遂に過半数を占めてしまった。

 

かと言って、笑顔特集みたいに美脚特集をすると

変態チックなブログになりかねない。

ということで、ちょいと小出しにパートⅣ。

好評なので、まぁ良かろう。

 

忘れられないのはテレ東スタッフも同じなのか、

バラエティーでも局アナの脚をアップで撮ったりしている。

「眞鍋さんのアングルなのに!」

とか、目くじら立てるほどでもないだろう。

 

しかし、この08年11月のメガスポ美脚、

こんなほぼ正面からのアングル、実は少なかった。

タイトスカートなら放送事故になりそうだから、

という訳ではないだろうけど。

 

共演者がいぶかしがるほどに開けっ広げな眞鍋さん。

膝まで開き気味な癖はちとまずいけど、

それさえ注意すれば、正面からでも十分に超美脚。

眞鍋さんの魅力は尽きることがない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

眞鍋さん伝説の超美脚 Vol.Ⅲ

Megasupoa_010_2
 
好評につき第3弾、眞鍋さん超美脚!

でもこれは、ある意味ホントの伝説。

伝説の源となった「メガスポ」美脚の第1弾だ。

当ブログが開設する前、08年3月の放送。

眞鍋さんの美脚伝説はここから始まった。

 

嘘みたいな本当の話だが、

長年眞鍋さんを見てきた癖に

そのルックスに興味を持ったことがなかった。

興味があったのは

あけすけな人柄の中にさりげなく見せる知的能力の高さ。

 

だから、このオープニングを見た時、対応に困った。

眞鍋さんのとらえ方が一面的で矮小化している

などと大真面目に考えて抗議すべきかとさえ思ったほど。

しかし、これかあれかではなく、これもあれも全て眞鍋さん。

面白くて優しく、知的で美しい、多面的魅力の一断面だ。

 

左脚を出して右脚を引くこのポーズ、立ち姿にも応用されて

その後の眞鍋さん美脚ポーズの基本になった。

でも実は、この頃の眞鍋さん、美脚の見せ方にまだ迷いがあった。

「ん?」的なものもあって、そっちが記憶に残っていたのだけど、

基本は最初の一発目で決めていた訳だ。

 

もとより、美脚を見せることそれ自体には

何のためらいもない眞鍋さん。

どんなアングルからカメラが迫ろうと平然たるものだけど、

さすがに生放送、本番開始と同時に脚がピクリと動くことも。

慣れるとそれもなくなったけど、その緊張感は大切。

 

なにしろ眞鍋さん、油断すると膝が開く悪い癖がある。

元々、見えてはいけないものが見えても気にしない性質だ。

でも、眞鍋さん、そんな自分をきちんと客観視する力がある。

開けっ広げだけど甘えないプロ意識も持っている。

だから美脚も進化する。

 

温故知新、

頑張れ眞鍋さん!

ガンバレ、眞鍋さん超美脚!!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

見えてきた09眞鍋さんの集大成~11月度検索アクセス

11月の当ブログ検索アクセス、

上位陣が大幅に入れ替わる結果となった。

番組が改変されたので当然ともいえるのだが、

先月2位だった「やきぐりバンンバン」に代わって
 

0911251_064

「1億分の8」(上)が3位に大きく水をあけた2位に、

先月8位だった眞鍋さんの「ばっさりショートヘア」が

3倍増のアクセスで3位となった。

 

「1億分の8」は新番組だし、

突込みどころの多い番組なので、ある意味当然なのだが、

眞鍋さんのショートヘアはテレビ初お目見えが10月19日。

収録番組ではロングだったりしたので、

認知にタイムラグが生じたもののようだ。
 

091191_012
 
「おもいっきりDON!」は3位から5位に後退したけれど、

眞鍋さんの出演が週2回から1回に減った為と思われる。

アクセス件数もちょうど半分くらいだ。

番組内容の検索が減って、

ダイレクトな眞鍋さん直撃検索がほとんどだった。

 

綺麗に見せることにこだわらない開けっ広げスタイルで、

時に自ら「汚れ」を引き受けながらも

美しく決めるところはしっかり決める。

決してグズグズにはならない

メリハリの利いた出し入れの巧みさは、

今年の眞鍋さんの大きな特徴。

「DON!」でもその辺はよく出ている。
 

0911221_004
 
7位には「がっちりマンデー!!」が復活。

2回出演したから当たり前と言えば当たり前だが、

眞鍋さんらしさがとても素直に出たこの笑顔が一番の収穫か。

ハイビジョンの表示はないのだが、

光のよく廻ったスタジオ映像はとても美しい。

勿論、内容も興味深いものばかりなのだけど。

 

さて、10位には眞鍋さんのCMが同数でランクインした。

近畿地区自動車整備連絡協議会と御存知日立のWooo。
 

0909081_003
 
前者はこの白衣の女医姿が評判を呼んでるもののよう。

そして後者は「マナベチャンネル」のネット配信がトピック。

せっかくなので、マナベチャンネルで

ダウンロード可能な壁紙の一部をもう一つ ・ ・ ・ 
 

A_1280_768
 
他方、ランキングで全く変化がないのが

「眞鍋かをり美脚」(1位)と「メガスポ」(4位)。

「メガスポ美脚」はもはや伝説と化しているので、

これは当分変化ないだろう。

 

とは言え、それだけでは身も蓋もないので、

せっかくの機会、1年前の「メガスポ美脚」を再録しておこう。
 

0901261_001_4
 
ふくらはぎから足首にかけての引き締まったラインに

最良の美を見せる眞鍋さん超美脚だけど、

ブーツのこの時は太腿系。

 

アップで映されることを前提に、計算づくで衣装を選択していた。

さすが眞鍋さん、美脚のプロだ。

 

 

検索ワード・フレーズの月間アクセスランキング

11月度は以下の通り。
 
 1位:眞鍋かをり 美脚
 2位:1億分の8
  3位:ばっさりショート
 4位:メガスポ
 5位:おもいっきりDON!
 6位:アーカー蝶のネックレス
 7位:がっちりマンデー!!
 8位:ぱちんこアバギャルド壁紙
 9位:とくダネ   
10位:マナベチャンネル、女医姿CM
   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月31日 (土)

10月眞鍋さんの万華鏡~検索アクセスまとめ

「眞鍋さん超美脚!」

例によっての当ブログ、10月検索アクセス断トツ1位。
 

0908261_081130_2
 
上画像は、これまた例によって「メガスポ」。

「メガスポ」自体も6番目に多かった。

 

終了した番組なのに

眞鍋さん超美脚のインパクト、

それほど大きかったということか ・ ・ ・ 

この勢い、いつまで続くのだろうか?

 

眞鍋さんの美脚は確かに素晴らしいし、

まぎれもなく美脚タレントではあるけれど、

一番の魅力は人柄。

正直、ネタ枯れしてきたので、

このあたりで言い訳させてもらおう。
 

0910291_020
 
見た目、ということでは、

ほぼ4年数カ月ぶりの本格的ショートヘアも話題に。

検索件数では8番目で、

「ばっさり」なんてフレーズが目についた。

 

確かに「ばっさり」ではあるけれど、

ショートやショートっぽい髪形をしなかったのは

1年10ヵ月だけなので、裏読みするほどのことでもないだろう。
 

0910021_004
 
番組としては、10月で放送終了した

「やきぐりバンバン」が群を抜いて多かった(総合2番目)。

眞鍋さんとしても、ビッグなミュージシャンと共演した初の番組。

きっと血となり肉となって返ってくるはずだ。

 

リニューアルした「おもいっきりDON!」は3番目(写真)。

多種多彩なフレーズで検索される番組だが、

眞鍋さん的にはやはり「やきとりじいさん体操」か。

楽しい眞鍋さんの面目躍如といったところ。
 

0910011_069
 
4番目に来たのは「眞鍋かをりのCollege Village」

昨年、一昨年にJ:COMで放送されたものだが、

BSで現在放送中なので再びアクセスが増えた。

眞鍋さんについては最終回の記事で総論的に書いている。

 

「とくダネ!」も5番目に多かったのだが、

眞鍋さんが出演したのは上写真の1日放送のみ。

いつ復帰するのかしないのかは不明だが、

女性コメンテーターとしては今年も人気ナンバーワンだった。
 

0910151_083
 
7番目はこれも常連「アーカー 蝶のネックレス」、

10番目は「サプライズ」。

木曜「サプライズ」には10月、二度出演し、

ほぼ準レギュラー的存在だ。

 

上は10月15日放送の「サプライズ」だが、

これも含め、顔の写ってる写真の全てに

「蝶のネックレス」は写っている。

常に眞鍋さんと共にあるネックレスなのだ。

 

もっとも、「特に理由はない」と御本人は言っておられるらしい。

ただ、こうして見ると、10月の眞鍋さん、

実にいろんな髪形をしている。

しばらくショートで落ち着くのでしょうか?

 

10月検索アクセス数結果

1:眞鍋かをり 美脚
2:やきぐりバンバン
3:おもいっきりDON!
4:眞鍋かをりのCollege Village
5:とくダネ!
6:メガスポ
7:アーカー 蝶のネックレス
8:眞鍋かをり ばっさりショート
9:ぱちんこアバンギャルド
10:サプライズ
  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

眞鍋さん伝説の超美脚 Vol.Ⅱ

好評なので調子に乗って第2弾。

当ブログ未掲載だった眞鍋さん美脚アップ。
 

0908261_017_2
 
知的な眞鍋さんと愉快な眞鍋さん、

ふんわりと丸みを帯びた優しい笑顔とセクシー美脚。

それぞれが軽いギャップを伴っているのだけど、

肝をつぶすほどの意外性で驚かせるのではなく、

「眞鍋かをり」のイメージとしてまとまってしまう。

 

それもこれも眞鍋さんがいつも自然体だから。

素の眞鍋さん自身が多面的で人間味に溢れた

とても豊かで面白いキャラクターなので、

あえて別立てのキャラを用意する必要がない。

 

だからいつも開けっ広げ。

だからいつも魅力的。

 

一年続いた「メガスポ」美脚アップのオープニング。

眞鍋さん、レギンスやカラータイツ(流行っていたのに)

は一度も使わず、基本生足を貫いた。

 

特別に意識してのことではなかっただろうけど、

これも自然体で表れたプロ意識。

お陰で足元の佇まいが見違えるほど洗練されて、

美脚のプロらしくなった。

 

それでもたま~に隙を見せてしまうところ、

やっぱり開けっ広げな眞鍋さんではある。

しかしそれも眞鍋さんらしさ。

だからいつも魅力的。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

眞鍋さん、伝説の超美脚 Vol.1

月末になるとちょこちょこ覗き始めるアクセス検索機能。

ささやかな個人ブログの統計などさしたる意味はない

とは百も知りつつ、早い話が独りよがり。

だが、一ヶ月以上前の過去記事アクセスで、

「メガスポ」関連が月に600を超えることに気付いた。

 

だからどうしたと言われればそれまでだが、

検索アクセスにカウントされない画像アクセスが数字の元。

3月に終了した番組だから、

ニュースを探してのものでないのは明らか。

やはり、「メガスポ」美脚だろう。

 

「人気記事ランキング」とかいう気恥ずかしいデータが

サイドバーにあるのだが、アレは個別記事だけ。

トップページやカテゴリーページは入っていない。

それを含めると、一番多いのはトップページで

二番目は「眞鍋かをり・美脚」カテゴリーのページ。

 

検索アクセスで「眞鍋かをり・美脚」が多いのも道理だ。

「メガスポ」の画像検索が多いのも明らかにその流れ。

「メガスポ」美脚、もはや伝説になったか ・ ・ ・ 。
 

0908261_080810_2 
と言うことで、「眞鍋さん超美脚っ!」

約一年前の8月10日、「メガスポ」オープニング。

当該記事には画像をアップしていなかったのでここに掲載。

 

数ある「メガスポ」美脚の中でも、

最も大胆不敵なアングルで迫った容赦ないどアップ。

だがしかし,勿論、眞鍋さんは微動だにせず、

顔色一つ変えずにアナウンスメント。

明るく優しい笑顔を浮かべていた。

 

能力、人柄、ルックスと三位一体の眞鍋さん。

でも、美脚のアップはそう多くはない。

ネット検索は時間軸が曖昧なので、

過去記事の未掲載分も折に触れ、

載せていこうかと思う。

 

伝説なのだから。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

眞鍋さんの進化は止まらない~6月の検索アクセス

先月に引き続き、今月も忘我自失的に

「眞鍋さん超美脚っ!!」
 

0905291_091
 
せっかくのハイビジョンなのだから、

眞鍋さんの美脚を撮らずにおれなかったのであろう。

その気持ち、ワカランではない。

 

6月の検索アクセスも、

やはり「眞鍋かをり 美脚」がダントツのトップ。

しかも、「メガスポ」が結構な比率を占めている。

「メガスポ美脚」、遂に伝説になったか ・ ・ ・ 

という訳で、今月の画像も「メガスポ」から。

 

でも、二番目に多かったのは「やきぐりバンバン」。

近畿地区限定の30分深夜ラジオが何故?とも思うが、

だからこそ知りたいという要望があるのかもしれない。

番組HPを見ていても、他地域からの書き込みが結構ある。

車を走らせて聴ける場所を捜している方もいるようだ。

 

低感度ラジカセで聴いている当方、

手を離したら雑音で聞き取れなくなるという悪条件なので、

あまり完璧とはいかないが、ある程度の需要は満たさなくては、

と思いつつ、やっぱり、眞鍋さんに偏ってしまうのは致し方なし。
 

0906042_112
 
三番目は眞鍋さんが二度出演した「サプライズ」。

何故か「眞鍋かをり 上原美優 サプライズ」の検索が多かった。

上原さんと一緒に出演した回はなかったはずだが ・ ・ ・ 

なんじゃらほい。

 

くだらない言いがかりもあったが(サプライズ批判を批判する)、

「女性タレントごときが生意気だ」的傲慢さの表れ。

たけしさんや紳助氏なら何も言えなかった類。

批判ではない難癖なので無視して良い。

 

「アニメの殿堂」にも関心が集まったようだが、

生活保護の母子加算廃止撤廃に伴う予算が180億円。

中身なしの建物だけで117億円

(当然、完成には数倍の金がかかる)「殿堂」を

不要不急とみなすのはこの経済情勢下では当たり前だろう。

勿論、できたらできたで活用する方法は幾らでもあるとは思うが。
 

0906081_035
 
眞鍋さんが華麗なメレンゲ作りの技を披露した

「おもいっきりDON!」は四番目。

「もやし」「ジンジャーソース」「簡単料理」など

「美味しい月曜日」関連ワードも多かった。

 

「得する金曜日」では、千秋さんの100円ショップ紹介。

やっぱり不景気の影響か。
 
0906121_049_2  

と言いつつ、

眞鍋さんの美脚に

目が行ってしまう人も

やはりいるようで、

「おもいっきりDON」

「眞鍋かをり」

「美脚」

三段重ねの検索も

かなりあった。

これを見てしまうと

仕方ないね。

 
 
五番目は僅差でアーカーの蝶のネックレス。

眞鍋さんがほとんどいつもつけているもの。

「付けっぱなしにしているだけ」とそっけない眞鍋さん。

だけど、これだけ注目され続けると、

そのうちCMでも来るんじゃなかろうか。
 

0906111_055
 
六番目は「とくダネ!」。

「眞鍋かをりが『とくダネ!』で着けているネックレス」

なんて検索も相変わらず多いから、

ここでもアーカーは注目されている。

 

若い世代を代表して発言してきた眞鍋さんだけど、

大人としての重みを持った発言も目立ってきた。

背伸びしないし威張らない態度は変わらないし、

屁理屈ではなく分かりやすい表現を使うのも眞鍋さん。

でも、確実に頼もしくなっている。

 

七番目は「ヘアスタイル」

八番目は「ソックス」といずれもファッションワード。

髪を切った後も微妙に髪形は変わっているので、

ボサッとは見ていられない部分。

ソックスは暑くなってからあまり履いてないのだけど ・ ・
 

0906232_012
 
九番目は「さんま御殿」

十番目は「青空レストラン」だった。

「さんま御殿」は特に付属フレーズはなく、

「青空レストラン」は長崎ということで

「カステラ」「チャンポン」などがあった。
 

0906061_080
 
チャンポン作りにもチャレンジした眞鍋さん。

うわべを作らず、ほとんどありのままの自分をお仕事にぶつける

眞鍋さんの眞鍋さんらしさが良く出たシーン。

 

「ありのまま」といってもテンションは落とせない。

デビュー当時から

「これダメ」「できない」を口にしなかった眞鍋さん。

プロ意識高く、甘えず妥協せず、頑張ってきた10年。

 

そんなことまで考えてしんみりしてしまうのは歳のせいか

 ・ ・ ・ ・ 

オッサンの感傷は放っといて、

 

眞鍋さん、これからもますます元気よく頼もしく、

優しさいっぱいに真心込めて、ふと気付いたら

また新しい進化を遂げていることだろう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧