眞鍋かをり・コラム・つぶやき

2019年11月16日 (土)

意地があるぞ

 

さて嘘みたいな話だがケツが痛くて体を起こすことができない。

重要である。

重力を利用しなければキーボードが打てない。

スマホを宙に浮かせて操作、なんてのは

5kg以上の握力がある人の話だ。

 

でも、眞鍋ブルーのドレスを着た眞鍋かをりさんんは癒される。

DIMEトレンド大賞でプレゼンターとして登場した眞鍋さんだ。

https://mdpr.jp/photo/detail/7221873

詳細は記事参照だが、画像が凄く多いのが嬉しいぜ。

 

てなことで短くても何とか更新。

  

|

2019年11月10日 (日)

思い返せば何やかや

  

ありゃま二週続けて競馬BEATはお休み。

その間に杉崎美香りん姐さんは〇〇回目の誕生日を迎え・・・

ということは

眞鍋かをりさんの眞鍋いびー・・・じゃなくて愛ベイビーも早4歳。

凄いスピードだな。

うかうかしてると再来年には成人式、な訳ない。

 

この4年間で当方の知人も4人が出産。

二人目三人目に初産と色々ありつつ良かったのだが

今年に入って残念なこと一度。

でも母体が無事だったのは何より。

三人目だが慣れが通じない命がけの仕事である。

  

眞鍋さんちのうめも元気らしい。

豆芝のつもりが巨大化してしまったうめだがもう10歳か。

まぁ当方よりは長生きするだろう。

  

|

2019年8月26日 (月)

6秒待てない人もいる放っとけな話

  

眞鍋かをりさんが実践している子供を叱らない6秒ルール。

子供を叩いたことがないと豪語する母親はやっているのか

以前から気になっていたので本人に質してみた。

 

「6秒ルール知ってる?」

「何それ」

「子どもを怒鳴りたくなった時に・・・」

「6秒待つって?そんなん待てるかいな」

「え?怒ったことない言うてたやん」

「手を上げたことはないよ」

「その必要もないと」

「そうそう、声デカいし・・・放っとけ」

 

とまぁそういうことだったようだ。

1m以内の距離で会話すると

耳にかなりの音圧を感じる声量なので

子供たちも圧倒されてしまうのだろう

(眞鍋さんより一つ年下だが二児の母)。

 

だが、少なくとも子を張り倒したり窓の外に投げ飛ばしたり

花火と一緒に打ち上げたりはしたことないようだ。

 

他方、母親の振りをする不届きな奴もいる。

 

「電車で席譲られたんですよ」

「で、どうしたん?」

「座った」

「なんでやねん!」

「だって『違う』って言いたくなかったし」

「ほんで妊婦の振りしたんかい」

「そうそう、お腹さすったりして」

「重量は変わらへんわな」

「まぁ二人分くらいは・・・放っとけ」

 

新婚なのだが本気で妊娠したらどうなるのか、

歩行可能であることを祈ろう。

  

|

2019年4月15日 (月)

心配な眞鍋さん

     

002_5

 

「二代目 和風総本家」の眞鍋かをりさん

なのだが

眞鍋さんが心配で呑気に楽し気な記事を書く気になれない。

「アラフォーになると軽傷でも不安」

なんてハッシュタグではちょっとおどけていたけど

大丈夫だろうか?

あのtweet以来、沈黙してるし

Facebookも開いた形跡がない。

  

こっちの不安も募る一方なので

何かアナウンスが欲しいね。

  

|

2019年1月 6日 (日)

遅ればせながら年明け神事

 

ふと我に返ったら新年も6日になってしまった。

これはイカンという事で

まずは新年の厄払い神事を

 

190101a_2


眞鍋かをりさん、初もうでで引いたおみくじが

パッとしないものだったようだが

これで大丈夫。

 

大阪では希少な湯立神楽。

この湯のしずくがかかれば無病息災間違いなし。

眞鍋さんにもきっと届いたであろう、ふっふっふ…

 

190101d_2


奉納しているのは勿論、ミコリンナース。

大阪でこれができる巫女は何人いるのか…

多くても10数人ではあるまいか。

そもそも巫女が常駐する神社は8社しかないというし

ミコリンの様なフリーランスも就職等により

1~2年で引退してしまうことが多い。

 

ミコリンも正看護師という職がなければ

ここまで来れなかったかも。

それも天才ナースだし。

 

「風邪がなかなか治らないんですよ」

「へ?それやったら無病息災にならんがな」

「いや、去年の風邪なんで・・・」

「さよか、ほな大丈夫…いやちゃうがな」

 

まぁ眞鍋さんもミコリンも

良き年になることを祈願しておこう。

 

|

2018年11月29日 (木)

沁みます眞鍋さんのナレーション

 

眞鍋かをりさんが涙腺崩壊したという

コミックエッセイ「サヨナラわたしのおかあさん」

眞鍋さんがPVのナレーションをしている。

下記のサイトで直に聴いていただければ幸い。

https://www.shinchosha.co.jp/book/352171/

 

当方も昨年、母を亡くしたが、

幸いにも長生きしてくれたので

自分にできることはやり切ったと思えたし、

般若心経を唱えて自ら送り出すこともできた。

 

だがそうもいかない、時間が残されていなかったり、

慌ただしく介護に追われている内に

終焉が来ることもあろう。

心に泊めておきたいことである。

ただ、親より先に逝くのは避けたいね。

 

|

2018年10月27日 (土)

眞鍋さんがウルトラの母?

 

なにっ眞鍋かをりさんがドラマ出演だって!

ウルトラマン?眞鍋さんが生まれる

はるか以前にスタートしたしぶとい番組ではないか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00000193-sph-ent

 

勿論主役・・・ではなく、ん?主役のオカン?

そらまぁ一児の母ではあるけれど・・・

 

Dqzvcehv4aamtt

  

子供ら、デカ過ぎないか?

 

変身に必要なループジャイロ、

ループクリスタルの研究をしていたが、

失踪して15年・・・そうか、変身技術を生かし、

15年間、歳を食わなかったという設定だな。

 

か、どうかは不明だが、11月末ごろに登場予定とか。

 

|

2018年10月17日 (水)

そりゃあ怒るわ児童相談所建設問題

 

最初に眞鍋かをりさんのツイートを読んだ時は

イマイチぴんと来なかったけど、犬山紙子はんが

怒髪天を突く勢いで激怒しておられたので

やっと分かった南青山の児童相談所建設の件。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201810160000517.html

 

ハイブランドなお店が並ぶオシャレな街こそ、

率先して「社会で子供を育てる」を

実践してくれたらいいな。

 

眞鍋さんの言葉は穏やかだが、

思いの底はどうだろうか?

紙子はんが怒るのもごもっとも。

https://twitter.com/inuningen

 

街が一流でも住民が二流三流では

まさにネガキャンにしかならんよ。

街ぐるみ皆で子供たちを守ってこそ

流石ってなるんじゃないかねぇ。

まぁ流石って思ってくれなくても

人として格上だろう、明らかに。

 

|

2018年10月 8日 (月)

かをりんドーターも七五三

 

眞鍋かをりさんの子、

まなベイビーなんて言ってたら、

ん?今月で3歳ではないか。

て事は七五三か。

光陰矢の如し、あっという間だね。

 

七五三といえば神社だが、

そういや「ニッポン行きたい人応援団」も

神話好き外国人による神社巡りのはず。

神話といえば出雲と思うのだが、

チラッと映った予告映像では伊勢だったような・・・

 

これまたチラッと映ったところでは

巫女装束を着てたような・・・

巫女体験ができる神社もあるにはあるし、

行事の時だけのバイト巫女も多いけど、

ミコリンナースは週一で修業を重ねている。

一緒にして欲しくないなぁ・・・

 

神社信仰には経典、教義がないので

神職といっても特に修行している訳ではない。

儒教や仏教を取り入れ興福寺と春日神社、

比叡山と日吉大社のように

一体化が進んだから必要なかったのだろうが、

巫女だけは違う。

 

地域の神社は村の衆が交代で祭事を仕切っていた

ので神職もいなかったが、

巫女だけは呼んでくる必要があった。

卑弥呼以来、神とつながることができるのは

巫女だけだったからだ。

そもそも神仏習合、本地垂迹説も

巫女が伝えた神の言葉とされているくらい。

 

ま、そんなことはともかく、

神話好きと言いいながら富士山に登るらしい。

浅間神社だね。

横浜に住んでる頃、近所にもあったわ。

礎石だけで拝殿等はなかったけど。

 

まなベイビー転じてかをりんドーターの七五三は

どこに行くのだろう?

小さ過ぎると巫女さんいないし、

デカ過ぎてもそれどころじゃない。

当方、鶴岡八幡宮だったので

巫女神楽を見た覚えがない。

千歳飴は美味かったけどね。

 

|

2018年10月 4日 (木)

LOVE SAIJO応援大使の眞鍋さん

 

眞鍋かをりさんLOVE SAIJO応援大使就任イベントが

昨日行われたそうな。

https://www.lovesaijo.com/news/lovesaijo-event/

 

ふむ、西条蕎麦なんてのがあるのか・・・

というだけでない、

眞鍋さんの故郷、水道代タダの愛媛県西条市。

これまでもあれやこれや

故郷の為に貢献してきた眞鍋さん・・・

確か真夏のイベントで

熱中症になりかけたこともあったような・・・

 

Dooi2bzuwaar4zy


そういえばみかん鰤ってのもあったな。

西条に限らず愛媛の為に活躍する眞鍋さんだ。

 

西日本豪雨の被害、復旧はどうなってるのだろう?

なんでしれっとなかったことみたいに

報道が途絶えるのだろう?

大阪でも野菜が手に入らん。

21号で泉州が打撃を受けたからか

当方大好物の(知らんがな)

泉州産春菊が捜しても売ってない。

 

西日本豪雨、大阪北部地震、21号、北海道地震、

24号・・・まだ続くかもしれない災害の連打、

だんだん効いてくるはずだ。

  

|

より以前の記事一覧