日記・コラム・つぶやき

2016年7月 7日 (木)

どうなるのか七夕祈願

 

七夕である。何かいいことでもあるのか、

巫女さんがボサッとしていたので訊いてみた。

 

「うっとこはなんもしませんわ」

「せぇへんのかい」

「神主のオッサン、やる気ないんで」

「線香花火大会とか」

「あ、それいいですね」

「やるんかい」

 

それより、安産祈願のお守りは願い事成就の暁には

神社に返納しなければならないそうである。

祈祷もした時はどうするのか。

 

「返納の時にお子さんの健康祈願をやる人いてまっせ」

「また1万円かい」

「それ○○神社。うっとこは5千円ですわ、おいでやす」

 

5千円は高いので

愛(まな)ベイビーとミカリンシンザンの健康祈願は

七夕の短冊に書くとしよう。

 

「それよりオッサンの家、えらい傾いてますやん」

「そやねん、景気悪いし」

「そっちやないでしょ」

「柱と壁の隙間から近所のガキが入ってきて走り回っとるわ」

「賑やかでよろしいやん」

「そやねん、けど蚊も入ってきよる」

「蚊は蚊ないませんね」

 

しょーもないこと言ってる場合ではない。

家主も、もはやこれまでと解体を決意したのだ。

てなことで先月来転居先探しで騒がしいのだが

身動きできない病人の一人暮らしというだけで

難色を示す家主が少なくない。

俺に任せろと言ったきり音信不通になった仲介業者もいる。

さりとて、これでもくらえと叩きつける程の銭もなし。

 

幸い親切な不動産屋と巡り会って何とかなりそうな気配。

生まれて初めて二階以上の高所に住むことになりそうである。

 

「安全祈願の祈祷でもしましょか」

「そんなことより、あんたの結婚はどないなっとんねん」

「それが、父が反対してて」

「そっちの祈祷でもしてもらいや」

「うっとこのオッサン、当てにならへんし」

「どーゆーこっちゃ!」

 

てなことで、もうしばらく騒動は続きそうである。

 

|

2016年4月17日 (日)

終わりは何時なのか今次震災

 

九州の地震はまだ続いている。

震度7が前兆だったとは驚きだが

「余震」とは思えない揺れが断続的に起きている。

阿蘇、大分は別の地震だったとか。

 

杉崎美香りん姐さんは東京だと思うけど

御家族御親族は大分におられるはず。

心配だろうなぁ。

御無事を祈るばかり。

 

長大な活断層の一部で起こった地震なので

いつかは延長線上に波及してゆくだろう。

それがいつかは分からないが

さらに大きな揺れが発生しないとも限らない

…という見解を示す専門家もいる。

 

「いつか」が直近だとしたら問題は川内原発だろう。

新幹線と高速道路で住民避難という間抜けな計画は

現状、既に実行不可能である。

「世界一厳しい安全基準」により

福島第一にはあった免震重要棟もまだない。

 

Cnaikgdueaebhre

 

こんなこと言ってたのにね。

最悪の事態にならないことを祈るしかない。

 

それはそれとして

災害支援が長期化することも視野に入れておかねばなるまい。

そして自ら備えることも大切だ。

中央構造線は四国から大阪平野南部まで危険地帯だそうだから。

 

|

2016年4月15日 (金)

九州が心配だ

 

震度7の報にはぎょっとしたが

その後も震度6前後の余震頻発。

「とくダネ!」によると余震ではなく、

別の地震が誘発された可能性もあるという。

被害の全容把握はまだだし予断は全く許さないが

少なくとも大津波や大火災、原発爆発など

迅速な救助を大きく妨げる事態が起こらなかったことは

不幸中の幸いといっても不謹慎ではなかろう。

 

とはいえ断水やガス漏れなど

被害に遭われた方々には危険な状況が続いている。

音声より文字情報の方が伝えやすいようで

Twitterで救助を求めた方による

「無事救助されました」のツイなどもあってほっとする例も。

 

ネットワークの関係もあると思うが

直ちに現地取材はできないであろうテレ東は

通常番組の放送を続けたが

東日本大震災の時から一貫しているこの姿勢は

間違っていないと思う。

その番組が眞鍋かをりさん出演の

「日本行きたい人応援団」だったのは妙な偶然だが

横並びで同じ放送を合うる必要はない。

東日本の震災ではアニメ放送が

むしろ被災地で喜ばれたくらいだし。

 

とにかく、被害に遭われた方々、

避難している方々が多数おられることを肝に銘じ、

できることはないかと考えつつ状況を見守ろう。

 

|

2016年3月11日 (金)

終わっていない3.11

 

その日が来ると具合が悪くなる・・・・「記念日現象」というらしい

福島から移住してきた方、数人から聞いた。

毎年3月11日は仕事を休むという方も。

でも、今年は休まないと伺って少しほっとしたり。

そのような思いをしておられる方が

何十万人もおられるであろうことを肝に銘じつつ

合掌。

 

だが、原発事故は今も継続中である。

大切なことは正確な事実認識。

解釈はその後だ。

解釈が先に来ると

都合の良い事実だけを抜き出したり

事実を改ざん、歪曲したり隠蔽したりする。

 

疑う余地のない事実があり、

それが過去の知見と合致しないとするならば

疑うべきは過去の知見である。

鼻血問題の時もそうだったが、

小児甲状腺癌の多発、突然死の増加などの指摘にも

こうした姿勢で臨まねばなるまい。

 

3.11は終わっていない。

 

|

2015年12月10日 (木)

復活に向けて

 

さて何とか帰宅を果たしたが

予想以上にきつい。

救急外来と消化器外科の言う通り

10日で退院していたらこんなことにはならなかった

と思うと悔しい。

さらに長期間の入院を勧めていたのだから

はいはいと言いなりになっていたら

完全に寝たきりにされるところだった。

元気になって戻ってくるのが本来の姿だろうと思うと

医学的興味だか何だか知らないが、

専門外の患者にちょっかいを出して

20日も余計に拘束した今回の行為は犯罪的と言わざるを得ない。

 

などと泣きごとを言っていても始まらないので

現状で出来る範囲で態勢を整え、

マジカルヒストリーツアーと

「競馬BEAT」中継もどきの再開を果たすつもりだ。

しかしまぁ

信用できる医師とできない医師の落差の大きさには驚くばかりだ。

 

|

2015年12月 7日 (月)

勝ち誇ってる場合ではない

 

さて、当方が電動ベッドを駆使して立ち上がったり

車椅子に移乗したりするのが「衝撃だ」と

リハビリ課の理学療法士。

何ゆうとんねん普通やがなと思っていたら

学生連れてきて見学までさせている。

 

看護学部の実習生Kちゃんも驚いていたなぁ

と思い返せば、要するに

「それができる筋力ではない」てことらしい。

ふっふっふ・・・さすがワシである。

タダものではない。

100円でも売ってない。

売ってても誰も買わんだろうが(放っとけ)。

 

とはいえ、そんなこと言って喜んでる場合ではないので

退院することにする。

週末にはマジカルヒストリーツアーと

「競馬BEAT」実況もどきを再開したい。

 

|

2015年12月 5日 (土)

これも一つの一期一会か

 

この大学には看護学部があるので実習生もやってくる。

当方にも二週間、実習生がついていたが

実習修了に当たり鬼教官のS主任も挨拶に。

しかし鬼教官、当方が

「いいコやったねぇ」と切り出すと

「ほんとにいいコが来てくれました」と仏の顔に。

本人の前では見せない顔

(実習中は横で見ていても恐かった)。

 

実際、実習生のKちゃんは最初の頃は

鬼教官の矢継ぎ早の質問にうまく答えられなかったり

戸惑いも見られたけど、

画に描いたような誠実と懸命な思考

(脳が動いている音が聞こえてきそうなほど)で、

実習後半は色々提案してくれたりチャレンジしてみたり

とても積極的だった。

「いい看護師になると思います」と鬼教官もお墨付き。

 

とはいえ、入院なんてしたかないので

「また何時か何処かでお会いしましょう」

とは言いにくいのは仕方なし。

一期一会がベストなお仕事。

其れもまた佳き事哉

|

2015年12月 2日 (水)

鷺が羽ばたく営業トーク

 

またまた驚くようなことを言う医師である。

「飲み込む力が落ちている」

ほう、比較すべき過去データはどこにあるのか?

そんな検査した覚えはないが。

「胃にチューブを入れる手術をしてはどうか?」

は?別に困ってないし。

「手術だけして実際は使わないのがベストだ」

WHAT?

 

そういや向かいの爺さんも点滴の途中で胸が苦しくなったら

「心臓手術だっ!」

はぁ?

「早期にバイパスかカテーテル手術を」

80過ぎの爺さんとはいえ元教師

既往症については良く知ってるので断ったら

何度か営業した後、諦めた。

それはそれでどやねん。

 

医療で儲けるには営業が欠かせないらしい。

一歩間違えたら詐欺だけどね。

 

|

2015年11月25日 (水)

ドラマのようなドラマ

 

救急病棟に24時どころか

140時間以上居着くという

得難い体験をさせていただいた当方。

ドラマのままってか、それ以上にリアルだぜ

と思っていたら

ホントにドラマの撮影だったという嘘みたいなホンマの話

危うく出演するところだったぜ。

 

確かに、病状は深刻なはずなのに、

医師が帰った後の関係者の態度がチャラい。

ICUには家族だっておいそれとはは入れないはずなのに

何なんだあいつらはと思ってたら

そーゆーことだったのか。

下町ナンチャラの撮影もやってたらしいが

ICUでやってたのがそれかどーかは分からない。

 

救急車のサイレンが終日響くICUと言うに

医師たちが医療や患者と関係ない話ばかりしていて

緊張感があるのかないのか分からなかったはずである。

だったら当方の入院もエキストラということでの

なんちゃって入院だった・・・て事には

今さらならんか。

 

|

2015年11月21日 (土)

大回診もあるのだが・・・

 

さて、大学病院なので

教授が大勢引き連れての大回診・・・

らしきものもあるのだが

どうも様子が変だ。

例えば今日

 

「エッ!これだけしか空けずにやったんか!?」

「そうですわ教授、腹腔鏡で先に切っておいたんで」

「凄いなお前」

「まぁ御老人、あとはナンチャラで引っ張るだけでしたし」

「昔のこと思たらえらい違いやのぉ」

「いやお爺たち先輩の・・・」

「誰がオイボレやねん」

「そこまでゆうてませんがな」

 

権威がないのか人がいいのか・・・

取り敢えずあまりエラソーな先生には

まだ出会っていない。

 

感染症の危険もほぼ去ったということなので

本来なら一週間前後で退院となるはずだが

神経内科が引き延ばしを図っている。

対策を考えねばならない。

 

|

より以前の記事一覧