« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月30日 (木)

最悪の年末だったけど

  

年末というのに二週間もほとんど食事もとれない最悪の体調不良。

だがここでコロナ予防で入手していたイベルメクチンが

想定外の威力を発揮。

 

こんなに簡単に治っていいのかと

半信半疑で二日間様子見していたが、ホントに治ったようだ。

実はいろんなことに効く薬という情報は事実だった。

 

だが、体力の回復にはもう少しかかる。

年明けには再スタートと行きたい。

 

|

2021年12月20日 (月)

竹輪やってたとは知らなんだ「行きたい人応援団」

  

007-2_20211220130301

  

「行きたい人応援団」の眞鍋かをりさんが笑っているのは

津軽弁大好き青年の回顧。

  

山が多い日本は方言も一説には世界一多いというが

他方、東北の縄文遺跡からは

九州北部の弥生式土器が発掘されている。

船で日本海を往来していたらしいが

言葉通じたのか?

津軽弁全開で来られると

ワシら河内のオッサンでも分からんだはんで。

縄文人は津軽弁じゃなかったろうけど。

  

あの津軽弁青年、今はアメリカの大学に留学中。

それも工学だというからいや才気多彩である。

  

012-2_20211220130301

 

焼き鳥漉きの女性は

仲良すぎて怪しまれていた男性とやはりの御結婚。

いやめでたしめでたし。

 

だが今日の放送は大作映画並みの三時間半。

前回の記事で煉り製品が扱われたことがない、と書いた当方だが

今日の放送ではおでん好きドイツ人が竹輪を作ってる予告があった。

初回放送は何時だろう?

入院するとコンセントを全て抜かれてしまうので

録画もできなかった回が6回ある。

つまり当方にとっては初見だ。

尚更オモロそうである。

  

|

2021年12月19日 (日)

愛娘の為なら頑張る眞鍋さん

  

017-3

 

段ボールがテーマだった「カネオくん」

通販の利用率が高く段ボールなら山ほどある眞鍋かをりさん、

段ボールでこんなものを作ったそうな。

 

019-2_20211219142101

 

木工細工にしか見えないけど段ボール。

左のは、ん?ランドセル?

かをりんドーターが背負っていると

刃物で切ろうとする悪童がいるらしい。

け、けしからん!

 

021-2_20211219142101

  

確かによくできてる。

特に眞鍋さんが飽きずに最後までやり通したのがエライ。

かをりんドーターへの愛情ゆえであろうか。

  

016-2_20211219142001

 

ところで段ボールの中心にある波型の衝撃吸収部分、

本来は違う目的だったらしいがそれは何か。

「ファッションじゃないですか」と眞鍋さん。

17世紀の王侯貴族が首周りに着けてたあれ。

 

014-2_20211219142001

  

ほぼ正解なんだけど

それをヒントにしたシルクハットのハゲ・・・蒸れ予防。

お洒落の為なら剥げてもいい、

くらいの気概はなかったのかね貴族諸君。

  

|

2021年12月 6日 (月)

急いで見ないと眞鍋さんのシンポ画像

  

日経ウーマノミクスプロジェクトの

シンポジウムに参加した眞鍋かをりさん。

その様子も見られるのだが

https://www.youtube.com/watch?v=vuMHdsdgjhc

え、12日まで?

こりゃいかんということで取り敢えずリンク。

  

眞鍋さんが参加しているキャンペーン

「さがそう私の休み休み」(花王)の一環だ。

  

|

眞鍋さんも買いました老舗の一品、と「行きたい人応援団」

  

さて本日は不定期放送の眞鍋かをりさん出演

「ニッポン行きたい人応援団」

前回はしめ鯖が好きなイギリスのオッサン、

に見えたけど意外に若いジャックさんの回顧だった。

 

001-2_20211206130001

  

「同じ島国なのに」というけれど

山林と豊かな水に恵まれ

寒流と暖流が合流する地にある日本は魚天国。

魚料理の種類は多分、世界一。

 

で、しめ鯖づくり探求に訪れた日本で向かったのが

泣く子も黙るあの名店。

ゲストの船越英一郎さんは「老舗中の老舗」というフレーズに

「あそこですね」

「いづう」を御存知どころか御贔屓のようで

「天国の様においしい」と絶賛。

「人生で一度は食べた方がいい」

 

広報の人ですかって感じだが、これは知らなかったらしい。

コロナの影響もあり「いづう」も

オンラインショップを始めていたのだ。

  

003-2_20211206130001

   

「え、始めたの」と歓喜の眞鍋さん。

「買います」

有言実行の眞鍋さん、きっと既に購入して食していることだろう。

  

ところで番組中におでんが二度出てきたのだが、

あの平天や牛蒡天も魚だと外国の人は気付いていたのだろうか?

煉り製品は一度も取り上げられていないので気になるところである。

  

今日は津軽弁と焼き鳥。

どんな顛末が待っているのかな?

  

| | コメント (0)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »