« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月24日 (水)

不覚!知らなかった眞鍋さん

  

いやぬかった。

TLに眞鍋かをりさんのtweetを見なくなって大分経つけど

と確認したら、ありゃりゃ、

あれやこれやtweetしたはるやおまへんか。

 

どーゆーことだ。

勝手にフォローが外れた(たまにあるらしい)でもなく

TLがコロナ情報優先に勝手に変わっているからか

とにかく不覚を取ったのである。

鬼の仕業に違いない。

 

てことで「鬼滅の刃」をテーマにした「99人の壁」での活躍を受け

眞鍋さんのインタビュー記事も出ていた。

今さらだけドリンク↓

https://news.yahoo.co.jp/articles/6d3c3da7562e31751d71118d1b2986fd1d5946a1

 

「自分だけが正しいと思うな」と愛娘の教育にも

「鬼滅の刃」が役に立っているらしい。

当方の知人の三歳の子も

ビニールの刀を持って「全集中!」とかやってるしね。

  

知人といえば「99人」で知り合った

99人の一人と原画展にも行ったとか。

眞鍋さんとお友達になってしまった幸運な人もいるんだね。

まぁ眞鍋さんは「壁」を作る人じゃないけど。

 

取り敢えず今後は油断しないよう要注意である。

  

| | コメント (0)

2021年11月21日 (日)

終活に全集中?

  

当ブログもいよいよ終活ブログになってきた。

上体を起こした姿勢を維持するのが難しくなってきて

ブログ更新に数日を要したり。

なので競馬記事を書くのも難しくなってしまった。

日曜のレースについて水曜木曜に書いてもパッとしないし。

 

でも記録という意味ではSNSよりブログ。

生きた証として続けてゆきたい。

勿論、人生の終わりに喜びと彩を与えてくれた

眞鍋かをりさんが最重要テーマであることに変わりはない。

 

そう言えばあちこちのママさんたちから

「鬼滅の刃」クイズでの眞鍋さんの活躍について話しかけられる。

鬼滅のママさんは眞鍋さんだけではないようだ。

だが、鬼滅のオッサンには出会わない。

当方も時代背景とかさっぱり分からないし・・・

まぁええわ、全集中!

  

| | コメント (0)

2021年11月11日 (木)

色々考えさせるオットーさん

  

眞鍋かをりさんが「番組のレジェンド」と呼ぶ折り紙のオットーさん、

「ニッポン行きたい人応援団」に何度目かの登場。

 

004-2_20211111152301

 

眞鍋さんと直接対面した出演者も珍しい。

で、眞鍋さんのサイン入り画像が自宅に

 

006-2_20211111152301

 

分かるわかるその気持ち。

当方も眞鍋さんの直筆サインをいくつか所有しているが

壁には飾っていない。

獲られたら大変だし、地震雷火事オッサン・・・

何があってもすぐ持ち出せる態勢を取っている。

  

コロナで対面授業ができないそうだが

ネットを使ったり新作を作ったりと意欲は衰えていない。

 

001-2_20211111152301

 

折り紙のルーツを訪ねて熊野大社を訪れたオットーさん、

巫女さんの熨斗折りを見学。

伊勢式なのか出雲式なのか

アホなので当方には分からなかったけど。

  

熨斗を折ってくれた巫女さん、巫女神楽も奉納してくれたが

実はこれ、明治の暴政によって途絶えるところだった。

代々社を守ってきた神職を没収令によって放逐、

政府任命の官僚神職にすげ替え、

神事の担い手として神主より地位が高かった巫女を

禁断令によって消し去ろうとした。

 

こうした暴力的な伝統破壊は、

官僚統制下に置いた神社を思想統制の道具にするもので

それがもたらしたものが相次ぐ戦争である。

日清日露、第一次大戦、シベリア出兵、

満州事変、日中戦争、太平洋戦争と

50年間のほぼ半分を戦争に費やし、

挙句に国土を焦土に変え、

維新から80年と持たず滅びたのが維新政治である。

 

オットーさんが訪れた原爆ドームもまた一つの象徴だ。

だが、駄々をこねるように敗戦を引き延ばした結果、

核軍拡の扉をも開けてしまった罪は大きい。

「二度と繰り返しません」とは維新政治のことである。

 

|

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »