« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月24日 (水)

古代史雑感ー日女命って誰?ー

 

前回国家の起源 の続き

 

巨大銅鐸の破壊と銅鏡への統一は

対立していた諸勢力を統合するものだったと考えられる。

国家が産声を上げたか。

その頂点に君臨したのが八花弁の鏡に象徴される最高巫女、

卑弥呼である。

 

その後も祭祀の中心は巫女だった。

継体天皇古墳から出土した埴輪を見ると

センターに位置するのは巫女たち。

オッサン連中はその左右に控えている。

オッサン達の装束は大陸由来のものだが、

巫女たちは一枚布の不思議な衣装に裸足。

そこに邪馬台国との連続性を見る識者もいる。

相撲取りの埴輪も出土しているがこれは盛り上げ役。

神事の中心は巫女だ(どこが女人禁制やねん)。

 

平城京でも神官の大半は女性だったが、

平安時代に移ると文献にあの八花弁の鏡が登場する。

発掘出土品などではなくバリバリの現役。

それは何処にといえば

伊勢神宮である。

 

伊勢神宮は至高神とされたタカミムスヒを祀神として創建され、

天皇の娘が斎王として派遣されていた。

だが、斎王に随伴した巫女たちは

最高巫女として天照大神を祀った為、

何時しか天照大神神社となり、斎王はその名代となったという。

 

天照大神が最初に登場するのは

人麻呂が日女命を天照大神と呼んだもの。

では日女命とは誰か。

一人しかいないと思うのだが・・・

 

中国の史書に日食があったと記されている年と

卑弥呼の没年と推定される年が一致している。

卑弥呼謀殺説なんてのもあるが、

それならば尚更日食にはビビったろう。

雷神と化した菅原道真の如く

神として祀り怒りを鎮めるしかないと考えたかもしれない。

神となった卑弥呼は八花弁の鏡と共に

最高巫女として巫女たちに伝承されていった・・・

てのが当方の推理である。

証拠不十分につき絶対の自信などある訳ないけど。

  

天照大神は「古事記」「日本書紀」編纂の過程で

様々な神や伝説と合体し新しい物語が作られた。

卑弥呼との連続性をうかがわせるのは

天岩戸伝説と八花弁の鏡くらいである。

 

天皇という称号を用いたのは

「古事記」「日本書紀」の編纂を命じた天武天皇。

天皇とは天に輝くという意味なので天照大神と似ている。

王たちの上に君臨する王の中の王として、

卑弥呼は初代皇帝と言えなくもないから

皇祖神としても間違いではないけど・・・

そこまでは考えてないだろうなぁ・・・

 

ミカド(帝)は北極星の意味だし、どっちやねんとなるが

皇も帝も始皇帝が自分を宇宙の中心として号したのが始まり。

天武天皇より900年も前のことだ。

日本の大君はまぁ要するに早い話が

いいトコ取りをしたんじゃなかろうか。

知らんけど

 

 

 

|

2021年2月22日 (月)

しぶとさ光るアレは誰、と競馬BEAT

  

008-2_20210222115401

   

「さぁオッサン、いよいよGⅠ開幕やわ」

「今年は落ち着いて観たいもんでんな」

「モアイ像がドタバタしたらビックリするしね」

「そうですわ姐さん、じっと海を見つめて・・・なんでやねん!」

「ファラオが二頭出てるねぇ」

「カフェとワイドでんな」

「カフェモアイは出ぇへんの?」

「出たいとこなんですけど・・・」

「顔が走ってるみたいやもんねぇ」

「・・・」

 

009-2_20210222115701

 

「芝を沸かせたエアスピネルも出てまっせ」

「ダートに転向して頑張ってるねぇ」

「ワシらも見習ってしぶとくいきたいでんな」

「誰がしぶといオバハンやねん!」

「そ、それは聞き間違いですって姐さん」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEATはフェブラリーS。

前走ではくつろいでいたカフェファラオが今回はやる気。

好位につけて気を窺ってるなと思っていたら

素早く外に軌道修正してパッシング開始。

オオッと思ったら

後方からそれ以上の勢いで追いすがってきたのが

なんとエアスピネル。

惜しくもカフェには届かなかったが

懐かしいだけじゃなかったね。

 

015-2_20210222115701

 

「カフェファラオもやる時はやりまんな」

「エアスピネルもカッコ良かったわぁ」

「しぶといだけやおまへんな」

「カフェモアイも負けてられへんね」

「そらもぉワイも頑張りまっせ」

「あ、やっぱりあかんわ」

「何ででっか」

「モアイ像には足がないし」

「・・・」

「また来週ー!」

 

 

 

|

2021年2月17日 (水)

古代史雑感ー国家の起源-

 

国家の起源といっても「家族、私有財産及び国家の起源」(マルクス)

の向こうを張ろうという訳ではない。

まぁ雑談程度の話である。

なんせ近年、当家の近所が古代史番組で取り上げられるもんで

ついつい妄想が膨らんでしまうのだ。

 

既に書いたように当家のすぐ近くで最古の銅鐸が発見されている。

縄文の文様が描かれた銅鐸だ。

大阪平野では弥生遺跡から縄文の祭祀具が多数発掘されており

縄文集落跡と弥生集落跡が隣り合わせだったりと

縄文と弥生が融合していったことをうかがわせる。

祭祀具に見られるように縄文の神々も融合したかもしれないが

これは後述。

 

それより銅鐸だが、これが次第に大きくなり

遂には寺の梵鐘かよって程デカくなる。

実用性度外視。

どやデカいやろって権力のシンボルとなったらしいのだ。

 

農耕が盛んになると集落の規模も大きくなる。

食料供給が安定すると人口も増え集落はさらに大規模化する。

すると土地や水の権益を巡って集落同士の利害対立が起きる。

それを調停する為、一つ上の権力が作られ、

大集落は集落連合へと進化する。

銅鐸巨大化の背景である。

 

巨大銅鐸には二つの流派が生まれ、

東海と近畿で威張り合っていたらしい。

で、もうやめようやと琵琶湖畔に参集。

双方を超越した頂上権力として新たな王を頂くことにした。

それが卑弥呼だというのである。

 

面白い話ではあるが、

争いを静めるにはオッサンより女王がいいと一致した

って下りは面白過ぎる気がする。

古代はそもそも母権制社会だったとの見方もあるし。

それより、当時最大の集落連合は

もはや国と呼んでいいほど発達した伊都国であり

大陸との交流もある(漢字も既に使われていたらしい)

文明開化な国の主を統一王座に就けようと大和に招いた

って説の方が信憑性がある。

 

伊都国は現在の福岡県。

卑弥呼のシンボルとされる八光芒(八花弁)の銅鏡は

大和と福岡の双方で見つかっている。

同時に巨大銅鐸は意図的に破壊され、銅鐸の時代は終わる。

銅鏡と太陽信仰の始まりである。

  

  

  

ちなみに弥生というと水田稲作となるが、

二毛作三毛作が当たり前の南方のもの。

一年に一度しか収穫できない日本で

米の生産が需要に追いつくのは1960年代のこと。

弥生人がたらふく米を食ってたはずはない。

 

水田稲作の知識も当然、南方からだろうが、

知識の伝搬と民族大移動は不可分のものではない。

中国北部といえば麵=小麦畑作だが、

小麦は西方より伝来したもの。

かといって小麦と麺文化を持った人々が

餃子を食いながら民族大移動してきた訳ではない。

当然、中国北部から日本に移動してきた人々が

水田稲作を知っている訳もない。

 

知識の伝搬ルートはやはり海だろう。

なんせ台湾南部当たりの人々は半端じゃない。

フロート付きの丸木船で二千年前にはハワイに到達。

ニュージーランドから果ては南米とも往来していた

驚くべき航海術の連中である。

黒潮に乗って魚群を追いかければ勝手に到着する

日本に行くことなど冒険にもならなかったろう。

 

古来より日本には、

船に乗った神様が色々知識を授けてくれた的な伝説が各地にある。

イザナギ、イザナミもつがいの鯨(イサナ)であるとの説がある。

イザナギ、イザナミが最初に降り立ったとされる島は

今は淡路島の丘である。

そこが島だったのは何時頃かというと縄文時代らしい。

イザナギとイザナミは弥生の神のはずだが・・・

縄文の神話と伝承が融合した結果かもしれない。

知らんけど

  

続く

 

| | コメント (0)

2021年2月15日 (月)

可能性があるのかないのか競馬BEAT

 

002-2_20210215125601

  

「さぁオッサン、阪神競馬もいよいよ開幕やね」

「明るいスタジオに来れてほっとしてま」

「そんなに暗い馬小屋におったん?」

「一流馬と違ってワシらは・・・いやあの・・」

「顔を長くして今日のこの日を待ってたんやね」

「そうですわ姐さん・・・いや顔はもう長くなりませんって」

「諦めたらあかんわぁ」

「ん・・・そうですかね」

「可能性にチャレンジせな」

「・・・顔長くしてなんかええことあるんでっか」

 

003-2_20210215125601

 

「それより今日はワイの後輩が二人」

「予想はどうやった?」

「可能ならスタートからやり直して欲しいですわ」

「不可能やねぇ」

「もう一人は当てたらしいでっせ」

「これで毎週呼んでもらえますね」

「それはないわぁ」

「不可能ブラザーズでんな」

 

てなことで杉崎美香りんねさんの競馬BEAT。

復活レースの京都記念は一番人気のラヴズオンリーユーが

好位から抜け出す横綱相撲で復活ののろしを上げた。

出世レースの共同通信杯でそれをやったのはエフフォーリア。

それも後続に大差をつけての圧勝で三冠争奪に名乗りを上げたか。

 

006-2_20210215125601 

 

「女性ジョッキーが新たに二人誕生しましたな」

「藤田菜七子騎手、気付いたら128勝してるんやねぇ」

「続いて欲しいもんです」

「きっと可能シスターズやわ」

「うっ・・・」

「来週はGⅠフェブラリーステークスでーす」

 

 

|

2021年2月12日 (金)

ブログ復活へあと一歩

  

生活が一変してしまったので

ブログ更新の時間がなかなか取れない毎日。

とはいえ阪神競馬も始まるしボサッとはしていられない。

月曜までに記事にするにはちょっと以上に頑張らないといけないが。

 

それより当方の様に重度障害を伴う病人の場合

介護保険に移行しただけで年額15万円以上の負担増になる。

その上、あれも有料これも有料。

冷蔵庫から缶ビール一本持ってきてもらうだけでハイ650円、

灰皿を片付けたらホイ650円。

へぇへぇさよかと金を払っていたら総額年40万円以上の負担増。

これに家賃水光熱費を加えて年金から引いたら幾ら残るか・・・。

ま~3千万円以上の預金があればひとまず安心だね(棒読み)。

 

今回もケア21とアースサポートの対応は対照的。

金を取る気満々のケア21に対しアースサポートは

可能な限り有料を減らすあの手この手を考えてくれている。

やっぱ事業所選びは重要でっせ皆の衆。

 

|

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »