« 白き稲妻はソダシ盛り、と競馬BEAT | トップページ | 眞鍋アートと散る花と »

2020年12月21日 (月)

グレナいで勝ちまっせ、と競馬BEAT

 

004-2_20201221131001

  

「さぁオッサン、いよいよ年の瀬も迫ってきたねぇ」

「記録ラッシュの年でしたな」

「長い顔でみたら歴史的な年やったと」

「そうですわ姐さん、ワイとしても感慨深い・・・」

「そやろねぇ」

「馬面師だけに・・・いや顔関係ないでしょ」

 

006-2_20201221131101

 

「今日は朝日杯FSやけどオッサン予想は?」

「こんな分からんレースもおまへんな」

「覚えにくい名前の馬も・・・グ、グレナ」

「グレナディアガーズですわ」

「馬語でなんていう意味?」

「最近の若いもんは変な名前を・・・いや馬語分かりませんよ」

 

002-2_20201221131101

 

「エーッ、馬面師さん、馬語分からないんですか」

「初耳やねぇ横山ルリカちゃん」

「馬とお話しできるものとばっかり・・・」

「そんなん出来たらもっと当ててまんがな」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

朝日杯はルメール騎手が大逃げをうつまさかの展開。

しかもハイペース。

馬のスタミナを信じたか。

だが、それに待ったをかけたのがグレナ。

ステラベローチェも最速の足で追い上げて

ワンツーフィニッシュとなった。

 

008-2_20201221131101 

 

「グレナがあんなに強かったとは・・・」

「グレないで育って欲しいねぇ」

「えと、笑うとこでっか?」

「次週はいよいよ有馬記念。ルリカちゃんの注目馬は?」

「フィエールマンですね」

「アーモンドアイを追い詰めたしね」

「アーモンドがいなくても凄いメンバーですわ」

「お楽しみにーっ」

  

|

« 白き稲妻はソダシ盛り、と競馬BEAT | トップページ | 眞鍋アートと散る花と »

競馬」カテゴリの記事