« 落花生よりアーモンド、と競馬BEAT | トップページ | ま、またしても・・・ »

2020年11月 4日 (水)

今さらな食材に秘密あり、と眞鍋さんの「ガッテン」

  

001-2_20201104133501

 

さて放送からかなり時間が過ぎてしまった

「ガッテン」の眞鍋かをりさん。

以前なら即日記事にしていたのに

オッサンもジジイに近づいてむせることもあり~の・・・

でも眞鍋さんは関係ないよね、と思ったら

 

003-2_20201104133501

 

いやいやいやと眞鍋さん「四十になりましたから」

とは言うもののそうとは思えないこの笑顔。

 

今回は誤嚥性肺炎の予防にもなるという食材。

重要である。

誤嚥性肺炎は当方の死因。

いやあの時は苦しかった。猛烈な高熱が襲ってくる。

まだ死んでないけど。

 

004-2_20201104133501

 

それは何かと問われたら「蜂蜜」と眞鍋さん。

乾燥を防ぎ殺菌効果もあるし・・・

 

006-2_20201104133501

 

だが正解は固形物らしい。

弾力があってほぐれやすい・・・

ふ~むと首を傾げる眞鍋さん。

だが、その時閃いたのだ。

 

007-2_20201104133501

 

オオッ!さすがは眞鍋さん。

ただ正解し過ぎてオーバーシュート。

確かにカニカマの方がヒントに近いよね。

でも正解は魚肉ソーセージ。

なんじゃそら

ありきたり過ぎて逆に分からんがな。

 

008-2_20201104133501

 

「長いこと『ガッテン』やってきて主役が魚肉ソーセージですか」

そーなのだ。

しかし「元祖」と称して登場した製造工場は

眞鍋さんの故郷、愛媛県の企業。

そこには常温長期保存可能な仕掛けがある。

ほら何かと一緒

 

011-2_20201104133601

 

その通りの眞鍋さん。

缶詰と同じく高温高圧殺菌処理をしていて保存料無添加。

それとは知らなかった眞鍋さん

 

013-2_20201104133601

 

保存量が多いと思って

かをりんドーターにはあまり食べさせていなかったらしい。

そしてほぐれやすいのは魚肉じゃないソーセージに近づけようと

油を加えた結果なのだそうだ。

 

015-2_20201104133601

 

「食材としてのポテンシャルの高さ」に感心の眞鍋さん。

さてどんな料理をつくるのか。

番組でも色々と紹介されたが

当方の様に手の不自由な者はスープ系は自力では食えない。

てことで柔らかくした白ネギ、ほうれん草と

胡麻だれで和えてやったぜ。

次はトマトソースを使う予定だ。

ふっふっふ・・・もうしばらく生きるぜ。

  

|

« 落花生よりアーモンド、と競馬BEAT | トップページ | ま、またしても・・・ »

眞鍋かをり・テレビ(情報・報道)5」カテゴリの記事