« 今さらな食材に秘密あり、と眞鍋さんの「ガッテン」 | トップページ | 正義の味方は一本木 »

2020年11月10日 (火)

ま、またしても・・・

  

緊急事態である。

T Vが死んでしまったのだ。

北京オリンピックの時に購入したものだから寿命といえば寿命。

今は存在しないプラズマTVなので

今さら修理するより買い替えだろう。

 

1㎞の所にジョーシンがあるので歩いても行ける。

商品を選んだら宅配設置を頼んで一両日に完了

が普通人の場合。

だが、当方は歩けない。

電話注文による宅配着払いも可能だが

携帯も持てず口も動かない。

 

間の悪い事に昨日と今日のヘルパーはケア21。

困っている時にここほど役に立たない事業所はない。

それどころか妨害までする。

案の定、注文電話を拒否した。

高額商品の買い物ができないことは知っているがこれは着払いだ。

銭もって買いに行けと言っている訳ではないにもかかわらずだ。

 

ケア21という事業所、株価が話題になる一方、

社員が逮捕されるなどしているが、

反社会的体質を持っているのは明らかだ。

何しろ当方、車椅子ごとスロープから落とされ、

肋骨を二本折る重傷を負ったことがある。

救急車を呼べ、医者に連れていけと当方が言うと

ケア21上層部は言ったもんだ。

「2時間間隔を空けないと次のサービスには入れない」

傷害遺棄はれっきとした犯罪だがそれ以上に

利用者に大怪我をさせておきながら

病院搬送に料金を取ろうとする非常識には呆れる他ない。

 

犯罪になろうが非常識であろうが

法や常識より自分たちが勝手に決めた自分ルールを優先する。

それがケア21という企業である。

 

事業所選びの参考になる情報が驚くほど少ないので

こうした話題にも今後触れてゆきたいと思う。

それよりまず電話してくれる人を捜さねば・・・

  

 

|

« 今さらな食材に秘密あり、と眞鍋さんの「ガッテン」 | トップページ | 正義の味方は一本木 »

介護士と介護事業所」カテゴリの記事