« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月30日 (月)

世紀の一戦はモンドコント、と競馬BEAT

  

008-2_20201130133901

 

「さぁオッサン、いよいよ世紀の一戦やね」

「三冠馬三頭が現役で揃うなんて滅多にあることやおまへん」

「まさに歴史的」

「ここから世界が始まる神々の戦い」

「それは言い過ぎやわ」

 

016-2_20201130134001

 

「ワイはもう息ができまへん」

「病院行かなあかんねぇ」

「僕もドキドキしてます」

「あらシャンプーの変態さん、変態の発作?」

「生放送に出演してるので」

 

011-2_20201130134001

 

「今さら何言うとんねん。何度も出とるやないかい」

「え?今誰が言うたん?」

「ワイやないで」

「レーススタートでーす」

 

ということで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

三冠馬三頭の頂上決戦となったJCだ。

キセキが大逃げをうつ思い切った策に出たが

三頭は落ち着いている。

位置取り的にはアーモンドアイが前より、

デアリングタクトがそれをマークしコントレイルはやや後ろ。

 

これはアーモンドの勝ちだなと思ったら

やはりアーモンドがスパートした時、

他の二頭は追いつけそうにない距離にいた。

それでもよく追いすがって

二着コント三着デタクとコントのような結果に。

やはりルメールとアーモンドの方が一枚も二枚も上だった。

 

015-2_20201130134001

 

「素晴らしいレースやったねぇ」

「ぬおっゲホガホ」

「脳裏に刻み込んどかなあかんねぇ」

「デタクコントモンド」

「また来週ーっ」

 

|

2020年11月23日 (月)

150mの奇跡、と競馬BEAT

   

001-2_20201123133201

  

「さぁオッサン、エライことになったわ」

「どないしました姐さん、テレビ壊れましたか」

「それは新しいの届いたからええねん。今日のレースやん」

「おぉ確かに。ワイも顔ぶれ眺めただけでもう・・・」

「顔が長くなった?」

「そうですわ姐さん、顎が床に届きそうで・・・な訳ないでしょ」

「四頭身から三頭身」

 

003-2_20201123133201

 

「えっ、馬面師さん四頭身だったんですか?」

「あら横山ルリカちゃん、知らんかった?」

「私ずっと二頭身だと思ってました」

「それはこれからやねぇ」

「まだ伸びしろあるんですね」

「何を言うとるんだ君ら」

 

011-2_20201123133201

 

「そんなことよりマイルGⅠ馬勢揃い」

「アーモンドアイに勝ってるグランアレグリアは負けられまへん」

「そのグランに勝っているのがアドマイヤマーズ」

「そしてサリオスにはデムーロはん」

「どないなりまんねやろな皆さん」

「姐さん、それ誰の真似です?」

「レーススタートでーす」

 

てことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

マイルチャンピオンシップは予想通りといえば予想通りなのだが、

それを超える劇的展開となった。

グランに先行しブロックするアドマイヤ、

それに並ぼうとインディチャンプはグランの横を塞ぐ格好に。

出口のないグラン。

だがアドマイヤとインディが競り合って前に出ると

「ほ、空いたわ。ほな行きまひょか」

とルメールがひと鞭入れるとフルパワーの秒殺加速、

ラスト150mでの逆転劇であった。

  

012-2_20201123133301

 

「さぁ来週はいよいよ三冠馬三頭のドリームマッチ」

「アーモンドアイが有終の美を飾るのか」

「それともバトンタッチか」

「どっちがバトンを受け取るのか」

「それとも持ったまま立ち去って行くのか」

「第四の刺客が現れるのか」

「全ては次週、お楽しみにーっ」

 

|

2020年11月12日 (木)

正義の味方は一本木

  

さてテレビ問題の続き。

困っている利用者を助けようともせず、

何とかしようとする良心的なヘルパーさんに

「やめろやめろ」「そんなことするな」と圧力をかける

悪の権化ケア21に代わり登場したのは正義の味方、

アースサポートの一本木(仮名)の姫である。

 

「ポイントカードの番号は?」「住所変わってまんな」

「へてからにお値段の方は・・・へ?よろしおまっか」

等々のやり取りを遅滞なくてきぱきとこなし電話注文完了。

ヘルパーさんのいる時間でないと受け取りができないので

配達の時間予約は必須だが、一週間先まで予約は埋まっていた。

なので暫くはテレビなしである。

 

とはいえ、やはり正義の味方は頼もしい。

決して人当たりの良いタイプではなく、

礼儀正し過ぎる言葉遣いはワシら下々の民百姓には違和感もあるが

泣く子も黙る名門名家の姫なので仕方がない。

その実、定規で引いた直線の様に真っ直ぐ真正直で

曲がったことは大嫌い。

何事も全力投球全力疾走、一生懸命だ。

「手抜き」「テキトー」「まぁボチボチいきまひょ」

などという言葉は彼女の辞書にはない。

その一途なまでのひたむきさに胸打たれるのは当方だけではない。

姫の世話になった人々は一様に感謝と称賛を惜しまない。

当方は三回泣いた。

御旗盾無も御照覧あれ!!

 

ちなみに

「ニッポン行きたい人応援団」に登場したポーランドの弓道女子

鍛錬の一環として左手で箸を使っていたが

一本木姫も箸は左手、筆は右手である。

流石、武門の誉れも高い家柄の姫だけのことはある。

と思っていたのだが

確かに御両親は武芸に秀でておられるらしいが、

姫は茶道の方だとか。

茶道では両刀遣いはむしろ邪魔だそうな。

分からんもんである。

 

当方、介護事業所との関わりは母の介護の時からなので

もう三十年以上になる。

その上で考える事業所選びのポイントは以下の三つ。

①介護士の質

②事業所の体質

③制度上の制約

一本木姫の素晴らしさは主に①だがケア21の問題は②。

ケア21にも素晴らしい介護士さんは実在するが、

②の問題は突破できない。

よって特に重度の方の場合、

ケア21に全面依存するのは危険である。

前記事で述べたように、

軽症が重症化、助かる命も助からない可能性があるからだ。

てことで今回はこの辺で

  

|

2020年11月10日 (火)

ま、またしても・・・

  

緊急事態である。

T Vが死んでしまったのだ。

北京オリンピックの時に購入したものだから寿命といえば寿命。

今は存在しないプラズマTVなので

今さら修理するより買い替えだろう。

 

1㎞の所にジョーシンがあるので歩いても行ける。

商品を選んだら宅配設置を頼んで一両日に完了

が普通人の場合。

だが、当方は歩けない。

電話注文による宅配着払いも可能だが

携帯も持てず口も動かない。

 

間の悪い事に昨日と今日のヘルパーはケア21。

困っている時にここほど役に立たない事業所はない。

それどころか妨害までする。

案の定、注文電話を拒否した。

高額商品の買い物ができないことは知っているがこれは着払いだ。

銭もって買いに行けと言っている訳ではないにもかかわらずだ。

 

ケア21という事業所、株価が話題になる一方、

社員が逮捕されるなどしているが、

反社会的体質を持っているのは明らかだ。

何しろ当方、車椅子ごとスロープから落とされ、

肋骨を二本折る重傷を負ったことがある。

救急車を呼べ、医者に連れていけと当方が言うと

ケア21上層部は言ったもんだ。

「2時間間隔を空けないと次のサービスには入れない」

傷害遺棄はれっきとした犯罪だがそれ以上に

利用者に大怪我をさせておきながら

病院搬送に料金を取ろうとする非常識には呆れる他ない。

 

犯罪になろうが非常識であろうが

法や常識より自分たちが勝手に決めた自分ルールを優先する。

それがケア21という企業である。

 

事業所選びの参考になる情報が驚くほど少ないので

こうした話題にも今後触れてゆきたいと思う。

それよりまず電話してくれる人を捜さねば・・・

  

 

|

2020年11月 4日 (水)

今さらな食材に秘密あり、と眞鍋さんの「ガッテン」

  

001-2_20201104133501

 

さて放送からかなり時間が過ぎてしまった

「ガッテン」の眞鍋かをりさん。

以前なら即日記事にしていたのに

オッサンもジジイに近づいてむせることもあり~の・・・

でも眞鍋さんは関係ないよね、と思ったら

 

003-2_20201104133501

 

いやいやいやと眞鍋さん「四十になりましたから」

とは言うもののそうとは思えないこの笑顔。

 

今回は誤嚥性肺炎の予防にもなるという食材。

重要である。

誤嚥性肺炎は当方の死因。

いやあの時は苦しかった。猛烈な高熱が襲ってくる。

まだ死んでないけど。

 

004-2_20201104133501

 

それは何かと問われたら「蜂蜜」と眞鍋さん。

乾燥を防ぎ殺菌効果もあるし・・・

 

006-2_20201104133501

 

だが正解は固形物らしい。

弾力があってほぐれやすい・・・

ふ~むと首を傾げる眞鍋さん。

だが、その時閃いたのだ。

 

007-2_20201104133501

 

オオッ!さすがは眞鍋さん。

ただ正解し過ぎてオーバーシュート。

確かにカニカマの方がヒントに近いよね。

でも正解は魚肉ソーセージ。

なんじゃそら

ありきたり過ぎて逆に分からんがな。

 

008-2_20201104133501

 

「長いこと『ガッテン』やってきて主役が魚肉ソーセージですか」

そーなのだ。

しかし「元祖」と称して登場した製造工場は

眞鍋さんの故郷、愛媛県の企業。

そこには常温長期保存可能な仕掛けがある。

ほら何かと一緒

 

011-2_20201104133601

 

その通りの眞鍋さん。

缶詰と同じく高温高圧殺菌処理をしていて保存料無添加。

それとは知らなかった眞鍋さん

 

013-2_20201104133601

 

保存量が多いと思って

かをりんドーターにはあまり食べさせていなかったらしい。

そしてほぐれやすいのは魚肉じゃないソーセージに近づけようと

油を加えた結果なのだそうだ。

 

015-2_20201104133601

 

「食材としてのポテンシャルの高さ」に感心の眞鍋さん。

さてどんな料理をつくるのか。

番組でも色々と紹介されたが

当方の様に手の不自由な者はスープ系は自力では食えない。

てことで柔らかくした白ネギ、ほうれん草と

胡麻だれで和えてやったぜ。

次はトマトソースを使う予定だ。

ふっふっふ・・・もうしばらく生きるぜ。

  

|

2020年11月 2日 (月)

落花生よりアーモンド、と競馬BEAT

  

006-2_20201102134401

 

「どないしはったんですか姐さん」

「どないも何も毎週歴史的なレースばかりで」

「10年に1度あるかないかの三連続でっさかいな」

「もう顔が長くなりそうやわ」

「ええやないですカワイと一緒で」

「オッサンにはなりたないわぁ」

 

007-2_20201102134401

 

「シャンプー変態さんはどない?」

「お昼は玉子とじうどんでした」

「ワイはめっちゃ迷ってきつねうどんにしましたわ」

「あら私は天ぷら」

「天ぷらうどんでっか」

「ううん、天ぷら定食」

「うどんの話してまんねんけど」

「そやけどお昼はしっかり食べたいやん」

「ちょっと皆さん、番組の趣旨を外れてませんか」

「あらアラブのたこ焼き屋さん、お昼はやっぱりたこ焼き?」

「はいビールとたこ焼きです」

 

010-2_20201102134401

 

「私はビールにはアーモンドがいいな」

「やっと話が戻ってきましたな」

「アーモンドアイの史上初GⅠ8勝をしっかり目を開けて」

「括目せなあきまへん」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEATは秋の天皇賞。

強豪揃いだがやはりアーモンドと落花生か。

実際、スタートを決めたアーモンドが4番手を占位すると、

もう勝負あったの感が。

今回も狙ってる感満々のデムーロはんだったが

アーモンドのスパートにはついていけず

 

しかしクロノジェネシスが粘る。

と思ったらフィエールマンが後方から飛んできた。

位置取り次第ではもしやもあったかも。

でも完璧な勝ちパターンにアーモンドを導いた

ルメールが一枚上手だった。

 

008-2_20201102134501

 

「いや見事でしたな」

「私も顔長くならんで済んだわ」

「長い顔もええもんでっせ」

「貨物は嫌やわ、新幹線で帰りたいし」

「どんだけ顔長いねんワイは」

「また来週ーっ」

  

|

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »