« 楽しく学ぶ眞鍋さんの「中尾家ごはん」 | トップページ | 落花生よりアーモンド、と競馬BEAT »

2020年10月28日 (水)

黙ってなかったミルコ・アリストテレス、と競馬BEAT

  

005-2_20201028135901

  

「さぁオッサン、先週に続き今週も歴史的瞬間が」

「無敗での三冠馬再びなるか」 

「先週はオッサン大集合やったけど」

「今週はむさ苦しさを避けて横山ルリカさんが」

 

010-2_20201028135901

 

「今日は絶好の競馬日和でーす」

「せやけど昨日の雨で馬場の内側が荒れてまっせ」

「誰の真似してはるんですか、姐さん」

「特に三コーナーが荒れてる言うてますわ」

「ルリカちゃんやないですよね」

「ダハハハ・・・」

「も、もしや芦屋雁之助師匠?」

 

004-2_20201028135901

 

「変な頭のオッサンもスタジオにいてるねぇ」

「なんか訊いてみたらどうでっか」

「予想の方はどうです?」

「そらねぇ~ワイはワイらしくせんとワイやないということで」

「レーススタートでーす」

 

てことで杉崎美香りん姐さんの「競馬BEAT」は菊花賞。

無敗三冠がかかるコントレイルに注目が集まるのは当然だが

ほぼ一人勝ちに見える顔ぶれの中で

気になるのはミルコ・デムーロはん。

 

何かやりそうと思っていたら、

スタートから好位につけるコントレイルをぴったりマーク。

コントレイルのスパートに合わせて

騎乗するアルキメデスに鞭を入れ激しいつばぜり合いに、

あと一歩のところまで追いつめた。

 

流石はアルキメデス、蒸気砲と太陽熱レーザーで

ローマ軍を苦しめただけのことはある、と言いたいが、

そんなに強い馬だったの?

 

011-2_20201028135901

 

「見ごたえのあるレースやったねぇ」

「でも姐さん、何で雁之助師匠なんです?」

「誰が妖怪婆やねん!」

「えっ、姐さん、妖怪やったんですか!?」

「ダハハハ・・・」

「あ、あの・・・」

「また来週ーっ」

 

 

 

 

|

« 楽しく学ぶ眞鍋さんの「中尾家ごはん」 | トップページ | 落花生よりアーモンド、と競馬BEAT »