« 寄る年波も何のそのと「中尾家ごはん」 | トップページ | たまにはリッチな眞鍋さん »

2020年9月19日 (土)

若返りな眞鍋さんの「中尾家ごはん」

  

002-2_20200919130701

 

今回もリモートな中尾家御夫妻と

眞鍋かをりさんの「中尾家 de ごはん」

ゲストは室井滋さん。

意外にも出身は滋賀県ではなく越中富山。

室井越では語呂が悪いからか?

北海道の昆布を都に運ぶ中継基地だったので

昆布が食生活に浸透している。

 

004-2_20200919130701

 

てことで蒲鉾も昆布巻き。

畿内でもお馴染みのものだが・・・

それより眞鍋さん、アイメイク変えた?

何か20年前の眞鍋さんを彷彿とさせる。

 

006-2_20200919130701

 

画が小さいけどこれも20代前半頃の眞鍋さんだ。

だからどうしたと言われたら

つまり懐かしい。

 

010-2_20200919130701

 

眞鍋さん、パラパラ炒飯を作りたいけどコツが分からないとか。

炒め油と米の水分、水と油を結合させるのが卵。

中華料理店とじゃ家庭の火力は弱すぎるので真似しても無理。

てことで、卵とご飯を予め混ぜておき、

箸でほぐしながら弱火で気長に炒めるという手もある。

お店の味には及ぶべくもないけど失敗リスクは小さい。

 

013-2_20200919130701

 

さて旅先で美味しい店を探すコツ。

「ガイドブックを・・・」

「ダメだよそんなの」

「でも初めての所だと・・・」

「暖簾見りゃ分かるじゃん」

「分かんないですよ」

 

014-2_20200919130801

 

「暖簾が呼んでるんだよ」

って中尾さんの答えにダハッな眞鍋さん。

「オッサン何ゆうとんねん」とは勿論、言わなかった。

 

ただ中尾さんも誰でも入れる墓を作ったのだそうな。

「無」とだけの墓碑銘。

 

016-2_20200919130801

 

眞鍋さんも誰でも入れるお墓を作ったけど

墓碑銘はどうなってるのだろう?

空きがあったら当方も入れてね。

  

|

« 寄る年波も何のそのと「中尾家ごはん」 | トップページ | たまにはリッチな眞鍋さん »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽)5」カテゴリの記事