« 愛は髭より長く競馬BEAT | トップページ | 一つと言わずもっと利口になった眞鍋さん »

2020年8月15日 (土)

大仏ガールのハードルとは、と「中尾家ごはん」

  

002-2_20200815140501

  

さて再び中尾家御夫妻がリモート出演と相成った「中尾家 de ごはん」

でも眞鍋かをりさんは元気にスタジオ。

 

012-2_20200815140501

 

で、スタジオに現れたのは大仏でも熊でもなく

南海キャンディーズのしずちゃん。

しかし料理は今回の「自粛」が始まってからとか。

なんせ週に六回は飲みに行き、

知らんオッサンと意気投合してはしごなんぞしていた

というからね。

 

でも今は人を呼んでもてなすのが好き。

中には重量級レスリング選手なんてお似合いのカップル(?)も。

 

005-2_20200815140501

 

「何を話すんですか」

「女の子っぽいですよ」

「ガールズトーク?」

少なくともガール(少女)ではないと思う。

 

中尾家は人を呼ばないと聞き「何でや」のしずちゃん。

「話の合う人もいるかも・・・」

「いないね」

「私を呼んでくださいよ」

「やだね」

 

009-2_20200815140601

 

旅が好きな眞鍋さんは

「しずちゃんの旅のエピソードが好き」

北海道一人旅で知らんオッサンと意気投合し(旅先でもか)

一緒に紅鮭漁に出たり(漁師のオッサンかい)。

「カメラも何にもない所で紅鮭獲ってるんですよね」

 

014-2_20200815140601

 

でも飲み屋で意気投合してもそれ以上の進展がない。

「酔った目で人を見ちゃダメだよ」と中尾さん。

「次はランチに誘うとか」という志乃さんに

「そーですよ!」と納得の眞鍋さんだが

大仏・・・じゃないしずちゃんは「そこのハードルが高い」。

ま、ハードルは越える為にあるのだよ。

ぶつかったら危ないし。

  

|

« 愛は髭より長く競馬BEAT | トップページ | 一つと言わずもっと利口になった眞鍋さん »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽)5」カテゴリの記事