« 大仏ガールのハードルとは、と「中尾家ごはん」 | トップページ | ハレルヤもあれば地獄もある指揮者の世界、「題名のない音楽会」の眞鍋さん »

2020年8月29日 (土)

一つと言わずもっと利口になった眞鍋さん

  

002-2_20200829134301

 

グループで行くけどテントは別々

ってキャンプをソログルっていうらしい。

「一人だと寂しいけどグループだと寝る時気を遣うからいい」

と気に入った様子の眞鍋かをりさん。

 

キャンプ歴20年の見知りナースが先日、キャンプに行ったけど

かをりんドーターとお同い年の長女がダニの攻撃を受けてしまった。

眞鍋さんもキャンプするなら気を付けてね。

 

「ひとつ利口になりました!」って番組だけど、

三密とかディスタンスとか関係ないんだね。

地上波のバラエティーをほとんど視なくなってしまったので

よう分からん。

出演者も眞鍋さん以外はほぼ知らない。

 

009-2_20200829134401

 

紫外線を当てると色が変化するオパールを発見した眞鍋さん、

「これですね」と例の奴を手に取って光を当ててみたら

ありゃまホレマの大騒ぎ。

 

宝石の価値はカッティングで決まると言われるが

希少価値があるからこその高価格。

大量生産大量販売でぼろ儲けとはいかない。

 

てことで流通の活性化による販路拡大消費増で

生産拡大と経済成長を目指したのが織田信長。

4m道路なんてつい最近まで至る所に残っていた。

個人的にはイベント開催より

貨幣の交換比率を定めた方が大きいと思う。

天下を取ったら統一貨幣を制度化していたに違いない。

 

015-2_20200829134401

 

てことで「ホントに利口になった」と

出演者中の最高得点を掲示した眞鍋さんだった。

  

|

« 大仏ガールのハードルとは、と「中尾家ごはん」 | トップページ | ハレルヤもあれば地獄もある指揮者の世界、「題名のない音楽会」の眞鍋さん »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽)5」カテゴリの記事