« 滅多にないことが滅多にある夏競馬、と競馬BEAT | トップページ | 大仏ガールのハードルとは、と「中尾家ごはん」 »

2020年8月10日 (月)

愛は髭より長く競馬BEAT

  

「さぁオッサン、私たちがお届けする夏競馬も今日で終わりやね」

「10月までお別れでんな」

 

001-2_20200810141601

  

「オッサンもその頃にはお爺さんやね」

「そんなことないでっしゃろ」

「でも顔が既にオジンやし」

「すっかり耄碌してしもて・・・んなアホな」

「白髭のモアイ」

「そんなことより姐さんもお元気・・・」

「誰が白髪の婆さんやねん!」

「言うてません、誤解です」

 

018-2_20200810141601

 

「デアリングタクトも夏休み楽しそうやったねぇ」

「デアリング姐さんでんな」

「あら変態さん、三歳で姐さん?」

「収入がちゃいま」

「GⅠ、2勝既にしてるしねぇ」

「ワイは金がのうて馬券も一枚しか買えまへん」

「小作人は辛いねぇ」

「年貢を納めたら食う米ものうて…」

「水戸の御老公にお願いするしかないね」

「なんで時代劇やってまんねん」

「誰が大分の老婆やねん!」

「いやだから誤解ですって」

 

014-2_20200810141701

 

「それより今日はダートの重賞二つ」

「エアスピネルのダート二戦目」

「新潟からも目が離せんね」

 

ということで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

札幌のエルムSは一番人気のタイムフライヤーが順当勝ち。

エアスピネルもいい位置につけたので行けるかと思ったのだが

何故か直線で失速。

掲示板にも乗らなかったのは残念。

 

それより驚いたのは新潟レパードSのケンシンコウ。

先頭をひた走って直線向いても差が縮まるどころか開くほど。

7番人気だったのに・・・新潟だからか?

 

011-2_20200810141701

 

「いや驚きましたな」

「さすがは越後の龍、上杉謙信公やね」

「最後にええもん見してもらいましたわ」

「あら戻ってこなあかんよ」

「白い髭を引きずって・・・なんでやねん」

「秋に御会いしましょうーっ!」

 

|

« 滅多にないことが滅多にある夏競馬、と競馬BEAT | トップページ | 大仏ガールのハードルとは、と「中尾家ごはん」 »

競馬」カテゴリの記事