« 「中尾家ごはん」は天下御免の向こう傷 | トップページ | 四十にして惑わず、と眞鍋さんの「中尾家ごはん」 »

2020年7月27日 (月)

ヒマツブシでは走れない1000m、と競馬BEAT

  

008-2_20200727140601

 

「さぁオッサン、今日は1分とかからないアイリスサマーダッシュ」

「姐さんとお届けするのは初めてでんな」

「オッサンもいつもはイースター島に帰ってるもんね」

「モアイの故郷でっさかい」

「現地の言葉ではモアイのことをオッサンていうんでしょ?」

 

003-2_20200727140501

 

「ちょっと杉崎さん」

「どないしたん変態のオッサン」

「まぁオッサンですけどシャンプーハットの小出水です」

「オッサン大集合やね」

「大集合という程でもないし勢揃いでしょ」

 

005-2_20200727140501

 

「それより今日はずっと一人二役しはるんですか」

「馬面師のオッサン来てへんし」

「杉崎さんが来れてアキラが来れんって変やないですか」

「そら私は新幹線やけどオッサンは貨物やし」

「あぁ顔が大きいし・・・」

「新幹線に乗ろうと思たら顎を上げてのけぞらな扉通られへん」

「入ったら入ったで座れませんわね」

「顎が床にぶつかるしねぇ」

「どんだけデカい顔なんですか」

 

006-2_20200727140601

 

「それより僕もロケに行ってきたんですよ」

「あっ馬面師のオッサンも一緒やったん?」

「まぁついでに・・・いやコントレイルですよこれ」

「コントレイルとコントの打ち合わせ?」

「菊花賞までにはレールに乗せたいと・・・なんでやねん!」

「楽しみやねぇ」

 

てことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

1000m直線のアイリスサマーは

例によって直線なのにコースの取り合い。

真っ直ぐ走った方がロスがないだろうと思うのは途中までで

ゴール直前は外の集団が一斉に躍り出てなだれ込む展開。

大外のジョーカナチャンがライオンボスを振り切った。

16番人気を推した高橋虚無僧だが、

やはりそーゆーことはそう頻繁には起らないようだ。

 

011-2_20200727140601

 

「あ、オッサンと電話がつながったみたいやねぇ」

「まだ名古屋なんですよ」

「名古屋で何してるん。鰻食べて暇つぶし?」

「なんで鰻食べなあきませんねん」

「名古屋といえばヒマツブシ」

「あぁ確かに名物・・・ヒツマブシやそれ!」

「また来週ーっ」

 

 

 

|

« 「中尾家ごはん」は天下御免の向こう傷 | トップページ | 四十にして惑わず、と眞鍋さんの「中尾家ごはん」 »

競馬」カテゴリの記事