« タメゴローも驚く中京記念、と競馬BEAT | トップページ | 「中尾家ごはん」は天下御免の向こう傷 »

2020年7月25日 (土)

本学後輩も誕生してしまった「行きたい人応援団」

  

004-2_20200725130401

  

リモート出演ではなくなったらしい眞鍋かをりさんは

「ニッポン行きたい人応援団」。

とはいえおいそれとはご招待できないコロナ情勢なので

今回もご招待したら人生変わってしもたがなシリーズ。

 

008-2_20200725130401

 

眞鍋さんが感心するのはポーランドのラーメン屋のオッサン。

ラーメンではなく炊き込みご飯での来日だったが、

母国でも炊き込みご飯教室を開催。

ラーメン屋のメニューにも加える予定という。

 

ただ「かつては米が貴重だったので」

というくだりは雑穀雑炊と混同している様に思うが。

白米は庶民の口に入るものではなかったので

年に数回、めでたい時に赤米を炊いたのが赤飯の起こりだ

てことは知ってたのだろうか?

 

011-2_20200725130401

 

そしてほんとにスゴイのは女性剣道家のマヌエラはん。

何と国内大会で準優勝したそうな。

それだけではない、な、なんとっ

 

018-2_20200725130501

 

三歳になった御子息も剣道を始めたとな。

 

016-2_20200725130501

 

眞鍋さんも嬉しそう。

 

ただ、この日の放送ではないのだが語っておきたいのは

チェコの天才和菓子アーティスト、エリシュカさん。

 

020-2

 

本学に留学中なんだってさ

あそうなんや

エーッ!

 

それも衣笠学舎。

産社出身のサバンナ高橋君もだが

当方が立命館経済学会でブイブイいわしてた(?)頃は

経済学部も衣笠にあった。

眞鍋さんも東京のサマーキャンパスかなんかで

出演したことあったよね。

 

修行先のお店がある上七軒も徒歩圏内。

上七軒の西の突き当りが北野天満宮。

ということで、北野天神の梅と鶯をモチーフにした作品をお披露目。

 

022-2

 

見返り鶯という発想に驚く。

梅と来たら桜。

北野天神に隣接する北側には桜神社とも呼ばれる平野神社がある。

エリシュカさんは何か斬新な桜餅を創作したのだろうか?

続編を期待したい。

 

|

« タメゴローも驚く中京記念、と競馬BEAT | トップページ | 「中尾家ごはん」は天下御免の向こう傷 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽)5」カテゴリの記事