« 当りも外れも紙一重、と競馬BEAT | トップページ | あれもこれも仲良く長持ち中尾家ごはん »

2020年7月 6日 (月)

ドラゴンがやってきたCBC賞、と競馬BEAT

    

002-2_20200706141801

  

「さぁオッサン、今年は夏競馬も阪神競馬場やねぇ」

「姐さん、夏競馬始めてちゃいます?」

「そうやったかねぇ」

「え?分かりませんのん?」

「ワッからへんねん」

「姐さん、それ・・・」

「ボケとんねん」

「大木こだま師匠やないすか」

 

005-2_20200706141801

 

「それより今日はCBC賞」

「虚無僧の高橋さんがえらい気合やねぇ」

「今日は違いますよぼかぁ」

「本命は皆さん違うけど」

「クリノガウディーに間違いおまへん」

 

009-2_20200706141801

 

「いやレッドアンシェルですって」

「僕はレッドアンシェル入れてません」

「ゲストの赤星さんとオッサン馬面師も違うねぇ」

「馬面師として言わせていただきますとこれは・・・」

「レーススタートでーす」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEATだが、

CBC賞は先週を上回る驚きの結果に。

先行したのは12番人気のラブカンプー。

四コーナーで各馬がひと固まりに背後に迫って

さぁ直線、各馬一斉にスパート!

したのだが

誰もラブカンプーに追いつけへんがな。

え?まさか、と言ってる間に勝利をもぎ取った。

 

スタジオも

「エーッ!」「オオッ!」

「何でやねん」

「往生しまっせ」の大合唱。

 

013-2_20200706141801

 

「いや驚きましたね」

「さすがの馬面師も口あんぐり」

「お蔭でますます長く・・・言うてる場合ですか」

「19歳の斎藤ジョッキーは重賞初勝利」

 

015-2_20200706141801

 

「ワイが19やったらオーッ!って止まらんぐらい騒ぐのに」

「少年やけど子どもと言いうよりコモドやねぇ」

「は?」

「コモドドラゴンみたいな大物」

「えと・・・」

「また来週ーっ!」

  

|

« 当りも外れも紙一重、と競馬BEAT | トップページ | あれもこれも仲良く長持ち中尾家ごはん »

競馬」カテゴリの記事