« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月29日 (月)

当りも外れも紙一重、と競馬BEAT

  

003-2_20200629135701

 

「さぁ今日は宝塚記念」

「ワイはやりまっせ姐さん」

「え?オッサンも出走するの?」

「そら物好きで長い顔はしてま・・・ちゃいまんがな」

「顔が長いだけではねぇ」

「視聴者プレゼントの馬券勝負ですよ」

「えらい鼻息やけどゲストの大石絵里さんはどう思わはる?」

 

006-2_20200629135701

 

「カリスマ馬面師と聞いてます」

「噂は届いてるんやねぇ」

「はい、予想以上です」

「顔だけやおまへんでワイは」

「え、首も長いとか」

「麒麟だけに・・・なんでやねん!」

「麒麟とキリンはどう違うんでしょう」

「麒麟は馬に似ててキリンさんはアフリカにいてはる・・・」

「なんの話してまんねん」

 

007-2_20200629135701

 

「で、オッサンのプレゼント馬券は?」

「そらクロノジェネシスですよ」

「サートゥルナーリアではなく?」

「雨降って重馬場で体重増えてるクロノ有利と」

「馬の気持ちがよう分かるんやねぇ」

「伊達やおまへんこの馬面」

「レーススタートでーす」

 

ということで杉崎美香りん姐さんの競馬BEATは宝塚記念。

これがクロノの独走劇。

スターホース勢揃いでそこまでの実力差はないように思うのだが

一番人気のサートゥルナーリアは影も踏めず。

そして二着には忘れられかけていたキセキが入った。

 

010-2_20200629135801

 

「馬場もあったと思うもののこれほどの差がつくとは・・・」

「大石さん、どう思う?」

「やっぱり栗毛より黒毛かなと」

「オッサンの読み通り・・・あら?」

「キセキが来るとは・・・」

「視聴者プレゼントは無しということでまた次回」

  

 

|

2020年6月28日 (日)

離れていても締めは決まる「中尾家ごはん」

   

001-2_20200628135201

  

久しぶりの「中尾家 de ごはん」だが、

スタジオには眞鍋かをりさん一人。

中尾家の御二人は窓枠での出演だ。

でもゲストはスタジオにやってくる。

 

002_20200628135201

 

プロフィギュアスケーターの安藤美姫さん。

当ブログに登場した数少ないアスリートの一人、と言っても

他には三原舞依さんと河本結さんしかいないんだけど。

 

32歳になった安藤さんだが、

今でも現役時代の衣装を着ることがあるという。

「美ボディーの為にどんなトレーニングをしてるんですか?」

「お尻強化とかやってます」

「お尻強化!?」

なんだそれは、どうやってやるのだ、と思っていたら、

安藤さんが爪先立ちで料理しているではないか。

 

004-2_20200628135201

 

早速マネしている眞鍋さんだけど

「落ち着きのない人みたい」

 

コーチ目指して修行中らしい安藤さん。

「厳しいんですか?」

「厳しくないと思うんですけど、時代っすかねぇ」

「娘さんは教えてって言わないんですか?」

「ダブルアクセルが跳べるようになったら教えてあげる

って言ってます」

一生教えてもらえないかもしれないな。

 

006-2_20200628135101

 

「正直すぎる印象がある」という眞鍋さんだけど、

それがたたってかSNSで嫌がらせされることが多いらしい。

それで自殺した女子プロレスラーもいたから穏やかではない。

「そんなの止めりゃあいいんだよ」

あっさり中尾彬さん。

「手紙にすりゃあいい」

安藤さんも手紙が好きらしい。

 

007-2_20200628135101

 

ということで眞鍋さんの結論。

「DMで嫌なこと言ってくる人には

『直筆でやり取りしたいのでお手紙下さい』って言いましょう」

決まったね。

  

 

|

2020年6月22日 (月)

シュワッチ!怪物だらけの競馬界、と競馬BEAT

  

001-2_20200622133201

 

「さぁオッサン、久し振りのスタジオやねぇ」

「ワイもやっと窓枠から出れましたわ」

「良かったねぇ顔が全部映るようになって」

「お陰様でって、窓枠でも映ってましたがな」

 

002-2_20200622133201

 

「技術やねぇ」

「そうですわ、お蔭で不可能が可能に・・・なんでやねん!」

 

004-2_20200622133201

 

「それよりゲストの田中道子さん、初登場やけど」

「馬券、絶好調でんな」

「そらあんた、当てんでどないしまんねん、テレビだっせ」

「姐さんそれ、物真似になってへんのんちゃいます?」

「往生しまっせ」

 

005-2_20200622133201

 

「今年は牝馬牡馬双方に二冠馬が」

「コントレイルとディアダクト」

「お互いに三冠取ってJCで頂上決戦とか」

「そこにアーモンドアイが立ち塞がって・・・」

「馬券どうしよう」

「それは取らぬ狸の・・・」

「誰が狸やねん!」

「言うてませんがな、そんなこと」

 

011-2_20200622140101

 

「それより今日のユニコーンS」

「無敗馬カフェファラオが勝てば」

「ダート界にも怪物登場やね」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

予想的中の怪物誕生となったようだ。

それも圧倒的な強さ。

ジョッキーがGOサインを出せばあれよあれよの一人旅。

どないなっとんねんカフェファラオ。

コーヒー飲みながらのんびりしてる王様ではなかったのか。

 

013-2_20200622141301

 

「そして来週は、あら?自粛してる間に宝塚記念」

「なのでワイが馬券プレゼントに挑戦しま」

「お楽しみにーっ!」

 

|

2020年6月 8日 (月)

絶景と駅弁旅の眞鍋さん再び

  

007-2_20200608141901

 

さて、なんとも季節外れな服装の眞鍋かをりさん。

どうやら昨年秋に収録したらしい「駅弁食べつぶしたび」。

なんで今かとかはさておき今回も写真家。櫻井寛さんと共に

行くのはわたらせ渓谷鐡道。

 

010-2_20200608141901

 

「ジブリとかに出てきそうな」列車に乗って、

勿論、駅弁も予約してまっせ、てことで喜ぶ眞鍋さん。

 

011-2_20200608142001

 

「でも取りに来てくださいとか言ってましたよねぇ」

車内アナウンスに怪訝な口調の眞鍋さん。

予約客は指定された車両に

代金持参で取りに行くシステムなのだ。

「珍しいですねぇ」という眞鍋さんだけど味には大満足。

 

紅葉真っ盛りとあって「しっかしいい景色ですねぇ」。

「自分で歩かなくても景色がどんどん変わってくれる」

 

013-2_20200608144201

 

でも一瞬で通り過ぎてしまう絶景もある。

「一瞬だ」と言いつつ眞鍋さんのカメラはしっかり捉えている。

 

016-2_20200608142001

 

途中でトロッコわっしー号に乗り換えると、

先頭車両に運転台装備の子ども優先席が。

実際に走っている列車なので臨場感ありそう。

眞鍋さんの帽子が大きいのは

子供に戻ったからではなく顔が小さいからであろう。

 

021-2_20200608142001

 

絶景を満喫した眞鍋さんだったのだが、

乗り継いだ先の終点はまさかの足尾銅山坑道。

絶景とは言えないが歴史遺産に触れるのもまたよしということで。

   

|

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »