« ひねり過ぎなのか深遠なのか眞鍋さんの音楽会 | トップページ | 馬も人も平常心こそ大事、と競馬BEAT »

2020年3月16日 (月)

猿蟹合戦より意外な結末、と競馬BEAT

  

001-2_20200316135201

 

「さぁオッサン、今日はオッサン馬が出場しない一戦」

「桜花賞トライアルのフィリーズレビューでっさかい」

「牝馬戦ということで横甘ルリカちゃんが、あら?」

「どないしました姐さん」

 

004-2_20200316135201

 

「ルリカちゃんの隣に蟹さんがいてるねぇ」

「誰が松葉蟹じゃ」

「そんなええもんちゃうねぇ」

「磯でウロウロしとる小さいのんでんな」

「そうそう、甲羅が四角いの」

「これでも顔じゃ」

 

006-2_20200316135201

  

「その点、萌奈さんはシュッとしてるねぇ」

「比べるもんちゃいまっせ」

「萌奈さんもすっかり安定期に入って」

「妊婦とちゃいまんがな、姐さん」

「分からへんやん、綺麗しそらモテはるわぁ、ねぇ?」

「そんなことありません」

「ほらやっぱり」

「いや、ゆーてませんやん、そんなこと」

 

「そんなこと言うてる間に、蟹さん、馬券当たったん?」

 

007-2_20200316135101

 

「本命はきたけど、二、三着買うとらんかったんじゃ」

「エーッ!」

「ルリカちゃんもびっくり」

「フィリーズレビュースタートでーす」

 

ということで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

フィリーズレビューは前評判も高かった

ヤマカツマーメイドが勝ちに来た、と思ったら

道中かかり気味に見えたエーポスが力強く抜け出してきた。

運が良かったとかではあり得ない強さ。

でも七番人気。

  

011-2_20200316135001

    

「なんと蟹さん当たったらしいよ」

「そら猿蟹合戦でも蟹が勝ちますからな」

「どこに猿がおるんじゃ」

「あんなんゆうてるし映さんときまひょ」

 

016-2

 

「来週はお猿さん来はるんやろか?」

「さぁ何が起こるか分かりまへん」

「お楽しみにーっ!」

  

 

|

« ひねり過ぎなのか深遠なのか眞鍋さんの音楽会 | トップページ | 馬も人も平常心こそ大事、と競馬BEAT »

競馬」カテゴリの記事