« 膏薬貼っても凝るテジア、と競馬BEAT | トップページ | 自信も顔も時には縮む、と競馬BEAT »

2020年2月15日 (土)

おっとそれを知ってますかの「行きたい人応援団」

  

眞鍋かをりさんが「行きたい」と漏らしたペルーで

行きたい人捜しの「ニッポン行きたい人応援団」。

  

003-2_20200215131501

  

眞鍋さんも「エーッ!」と驚く凄い人見付けたぜ。

家業を引き継いだ牧場主だが大学生でもあるルイスはん。

牛飼いだけあって黒毛和牛に興味があるのはまぁ当然

なのだが・・・

 

005-2

 

何と兵庫県三方村で誕生した元祖黒毛和牛田尻号と

それを育て上げた田尻松蔵師匠を知っている。

「知らんかった」やないがな高橋君、

地元では銅像も建っとるぞ。

 

古くは日本でも牧畜が行われていたし

バターやチーズも作られていた。

肉食禁止は牧草地を奪って田畑にする政治目的だった

という説が有力である。

仏教云々は後付けのようだ。

  

なので肉食禁止といってもいい加減なもので

鳥や兎(後足で飛ぶから四つ足ではないという屁理屈)は例外。

彦根藩は牛肉の味噌漬けを将軍に献上していたしチーズも

一部特権層に珍重されていたことが江戸時代の文献に見られる。

  

そもそも京都周辺には幾つも御狩場があって

鹿や猪を食っていたし

「すき焼き」という名の料理も鎌倉時代、

京都北山の御狩場で作られていたといふ。

当然、今のすき焼きとは違うだろうけど。

今のあれは東京で生まれた味噌仕立ての牛鍋が

京都で醤油仕立てのすき焼きに変身したもんだし。

  

来日したルイスはん、どうっやらすき焼きは食べたらしいが

放送は3月9日だそうな。

  

015-2_20200215131501

 

トルコからやってきた高校生シュアさんも

「なまはげが好き」てこれまた相当珍しい。

それも半端な好きっぷりではない。

なまはげに脅える子供たちに大爆笑していたかと思ったら

なまはげの後を追って外に。

 

017-2_20200215131501

 

遂にはなまはげと仲良しになって肩を組んで歩きだしたよ。

これだけ喜んでくれたらなまはげも嬉しいだろうさ、そりゃあ。

  

次回は雛祭りということで3月2日放送だそうだ。

 

|

« 膏薬貼っても凝るテジア、と競馬BEAT | トップページ | 自信も顔も時には縮む、と競馬BEAT »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽)5」カテゴリの記事