« 背中に目がない眞鍋さんの凸凹ちゃん | トップページ | 夢は追うもの叶わぬもの、と競馬BEAT »

2020年1月13日 (月)

夢は買えなくても生まれるもの、と競馬BEAT

   

「さぁシンザン記念ですわ姐さん」

「神も讃えるという名馬シンザン」

「銅像まで立ってまんな」

「家族揃って競馬中継視るいうんはシンザンが始まりやねぇ」

 

002-2_20200113135101

  

「え、そうなんですか?」

「『シンザン物語』ゆう漫画があったほどやし」

「なんでそんな時代知ってまんねん」

 

010-2

 

「今日はアラブのオッサンもいてまっせ」

「そういえばモロッコのたこ焼き屋さん、テレビに出てたねぇ」

「はい、故郷のおじさんです」

「商売繁盛で良かったねぇ」

「はい『ニッポン行きたい人応援団』のお蔭です」

「他局の話はどうでもよろしいがな」

 

006-2

  

「さぁ、シンザン記念、オッサンの買い目は?」

「ヒシタイザン本命で」

「その心は?」

「この時期は夢を買おうと」

「夢は買われへんわぁ、寝てるし」

「いや、だから」

「いびきかきながらお金払うん?」

「そうやなくて・・・」

「無茶言うたらあかんわぁオッサン」

 

てなことでの競馬BEAT、シンザン記念だが、

出だし遅れたサンクテュエール、

するするとポジションを上げあらよっと3番手に。

直線に入ると先行したプリンスリターンに追いついた

と思ったら先に行かれ、これはプリンスの勝ちか

と思ったらサンクが「おおきに」と抜き放つ。

激しいつばぜり合いを最後はサンクがぐいと押し切った。

 

009-2

  

「立ち合い受けて立っての怒涛の寄り」

「これぞ横綱相撲やったね」

「新しい夢が生まれたような・・・」

「買われへんかったけどね」

「まぁ、その・・・」

「また来週ー!」

 

|

« 背中に目がない眞鍋さんの凸凹ちゃん | トップページ | 夢は追うもの叶わぬもの、と競馬BEAT »

競馬」カテゴリの記事