« 初詣は古代神社に | トップページ | 案山子の威嚇も何のそのと京都金杯の競馬BEAT »

2019年12月28日 (土)

初詣の次は十日戎、と眞鍋さん

  

初詣も終わりましたなぁ、と思ったら大阪では十日戎。

「商売繁盛 笹持って来い」と賑やかな

今宮戎神社のイベントである。

 

002_20191228134001

 

てなことで眞鍋かをりさん、

福娘の選出審査会に審査員として登場。

福娘から局アナになった人もいるので

ひょっとしたら近い将来、一緒に仕事することになるかも。

 

今宮戎は四天王寺の西の守り神。

かつては寺院が守り神として神社を持つことが多く、

弘法大師も高野山を開く際にまず神社を建てたほど。

春日大社も奈良の都で絶大な権勢を誇った南山興福寺の守り神。

比叡山の守り神は滋賀の日吉神社だ。

 

でも十日戎はそんなん関係ない。

商都大阪ならではのお祭りである。

 

003_20191228133901

 

ずっと笑ってるけど心から楽しんでるのか

表情筋が緩いのかどっち?

鋭い質問(?)を飛ばす眞鍋さん。

中には外国人もいて丁寧にゆっくり質問する優しさも見せる。

でもまぁ質問された中国娘は

「日本語も同じ漢字を使うんで大変ですわ。

なんせ同じ『手紙』でも中国ではトイレットペーパーでっさかいな」

あまり気を遣う必要はなかったようである。

 

本家の福娘は巫女ではないが、

便乗して十日戎をやる当市の神社(戎神社でもないのに)。

ミスうちらの町みたいな娘さんを連れ出すのは良いのだが

巫女鈴を持たせるのはあかんやろ。

誰でも鳴らせるものではないし’

(手首の返しで短くシャンっと鳴らすのだがかなりの訓練必須)

そもそも鈴を鳴らすのは神々との対話である。

軽々しく扱ってはならぬ。

 

正月などバイト巫女が大量に湧くので

巫女をその程度と勘違いする参拝者もいるようだが、

はるか古代より神と交信できるのは巫女だけだった。

継体天皇古墳より出土した埴輪を見ても

祭祀の中心は巫女だったことが分かる。

その不思議な衣装に

邪馬台国との連続性を指摘する識者もいるので

あるいは卑弥呼以来、なんてことも考えられなくもない。

想像の話はさておき

奈良時代までは神職の大半が女性だったのである。

 

継体天皇古墳からは相撲取りの埴輪も出土しているが

これは前座。

土俵は神聖だ、相撲は神事だから女人禁制?

寝言もいい加減にしろっての。

  

|

« 初詣は古代神社に | トップページ | 案山子の威嚇も何のそのと京都金杯の競馬BEAT »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽)5」カテゴリの記事