« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月27日 (水)

仇討ちではなかった忠臣蔵、と所JAPANの眞鍋さん

  

002_20191127124601

 

忠臣蔵といえばかつては年末恒例、

安心して観てられるよね、そうですね

って感じの眞鍋かをりさんは「新説!所JAPAN」。

 

でも果たしてそうか?考えたら変なことだらけだ。

そもそも傷害事件の犯人の仲間が

被害者を殺しに行くというとんでもない話。

スタジオのアメリカ人も

浅野内匠頭は吉良上野介に殺された訳ではない。

なのに何で「仇討ち」なのかと疑問を呈する。

当然の疑問で疑問に思わない方がむしろおかしい。

  

だが疑問を感じさせない為の仕掛けがある。 

喧嘩両成敗のはずだ、というのもそれだが、

吉良の爺さんと浅野の若殿が立ち回りを演じたならともかく、

若殿が一方的にボコったのだからこれだけでは苦しい。

で、吉良の殿様はとんでもない意地悪爺さん。

賄賂で私腹を肥やす悪人だということになるのだが、

これは根拠がなく後世の作り話説が濃厚だ。

 

ということで歴史番組でお馴染み磯田道史はんが登場。

新史料を次々と発掘してゆく。

 

007_20191127124601

 

大石内蔵助が着用していた紙子羽織なんてのもあって、

あれ?家紋が裏地についてるよと眞鍋さん。

正体は知られたくないが家紋は大事ってことらしい。

 

で、磯田さん発見の新史料によると大石らの討ち入りは

そもそも仇討ではなかった。

辞世の句で未練を訴える主君の遺志に従い

未遂に終わった殺人を完遂したのだ、

ということらしい。

まぁ加害者一味によるお礼参りには違いない。

 

どこが美談なんだがさっぱり分からんが

美談として興行ネタに使いたい人がいたのである。

中央集権化が進んだ幕藩体制にとっても

忠誠心は利用価値があるしあながち全面否定しない方が良い。

気の毒なのは地元では名君として名を残す

吉良の爺さんであろう。

 

|

2019年11月25日 (月)

モモヒキよりマナミの競馬BEAT

  

002_20191125134301

  

「さぁアーモンドアイのレコード勝ちからはや一年」

「今年は一転して予想困難な顔ぶれに」

「そしてスタジオにも驚くべきことが」

「は?なんですかいな」

「ゲストの橋本マナミさんがノースリーブじゃありません!」

 

006_20191125134301

 

「ゴルフ番組やってはるからちゃいますか」

「あ、股下10cmのミニスカで脚出してはるし腕は要らんと」

「10cmじゃありません7cmです」

「それは大きな違いやねぇ」

「なんの話でんねん」

 

005_20191125134301

 

「東京競馬場に竹上はんいてまっせ」

「友達でもいてはんのやろか」

「今日の馬場に一番合ってるのはマカヒキだそうです」

「寒くなってきたしねぇ」

「姐さん、モモヒキとちゃいまっせ」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEATはジャパンカップ

だったのだが、

本命不在で混沌模様。

そしてレースは白熱した名勝負となった。

 

鋭く最内を突いて出るスワーヴリチャードに対し

カレンブーケドールも負けじと粘ったのだが

手綱を引いてじっと脚を溜めながら

最短距離を走ったリチャードに利があったか。

 

だが最後尾に取り残されていたかに見えたマカヒキが

4着まで迫ったのは驚きだった。

本気出したらまだやれるのか。

 

008_20191125134301

 

「さぁ橋本マナミさんが大当たり」

「視聴者プレゼントは橋本さんにしたら?」

「その方が視聴者も喜ばはるやろけど」

「ダメだと思います」

「そやわなぁ」

 

003_20191125134201

 

「視聴者プレゼントはスカやったねぇ」

「今日は仕方ないでしょ」

「当ててる人おるやん」

「・・・・」

「また来週ーっ!」

  

|

2019年11月23日 (土)

老衰で若返ったか80年生まれ

   

001_20191123131701

 

痩せて見えるのは老衰だ、などと

とんでもないことをツイートしていた眞鍋かをりさん。

それにしては元気いっぱいやおまへんかだった「VS嵐」。

体もよく動いてるし婆さんには見えないぞ。

 

大野智さんの誕生日ということで

80年生まれ大集合だったのだが

 

006_20191123131701

 

紅一点の眞鍋さん、女子にとっては小室ブーム。

安室奈美恵はんの真似をして

バーバリーとか着ましたなぁと思い出話。

  

「誰も覚えてないと思いますけど私

昔グラビアアイドルだったんですよ」

 

へーっ!そ、そうだったんですか眞鍋さんっ!!

と、驚きたいところだったけど

同じ80年代生まれのゲストの皆様にはお馴染み。

今や芸歴20年の眞鍋さん、デビューが早かったので

同期の皆さんにとっても青春の思い出なのである。

 

010_20191123131701

 

俳優の佐藤隆太さんとは

お子様たちのスイミングスクールが一緒なのだとか。

カッコいいオッサン・・・じゃなくてお父様がいらっしゃるなぁ

と思っていたら

佐藤さんの方から帽子を取って挨拶してくださったとか。

 

眞鍋さんがグラビア撮影をしていたのではない。

泳いでいたのはかをりんドーターってとこは

光陰矢の如しですなぁ・・・。

  

|

2019年11月18日 (月)

天の声か地の声か外れても当たる競馬BEAT

   

018_20191118140101

  

「さぁ二週間ぶりの放送やわオッサン」

「もう待ち遠しくて待ち遠しくて」

「顔を長くして待ってはったねぇ」

「そらもうこれ以上長くなったら」

「カメラのフレームに収まらへんねぇ」

「危ないとことこでしたわ・・・何でやねん!」

 

020_20191118140101

 

「さっきから『当たった』て声が響いてるんやけど」

「シャンプーの変態が絶好調ですわ」

「不思議なこともあるんやねぇ」

「天変地異の前触れかも知れまへん」

 

さぁ天変地異は起こるのか、と

杉崎美香りん姐さんの競馬BEATはマイラーズC。

ダノンプレミアムが手堅いところ、だったはずなのだが

5番手あたりでぴたり照準を合わせていたインディチャンプが、

あれ?ダノンプレミアムを寄せ付けないスパート力で圧勝した。

春には負けているのだが、

なんで負けたのか分からない勝ちっぷり。

天変地異ではないだろうけど。

 

023

 

「インディチャンプ本命の人はおらんかったけど」

「グフフフ・・・姐さん、こういう時の馬単でっせ」

「来週のジャパンカップも頼むよ」

「え?」

「馬券プレゼントやってもらうし」

「それ、今聞いたんですけど」

「お楽しみにーっ!」

  

|

一口に油といっても、と眞鍋さん

  

001_20191118132701

 

「油大好き」という眞鍋かをりさん、各種の油を常備し、

熱を加える場合と加えない場合で使い分けてるって...

いきなり番組テーマに直行。

 

いや、でも種類が多過ぎて使い方が分からないこともあるよね

と司会が軌道修正したりしてフライング気味だったか

の眞鍋さんは「ゲンキの時間」

 

それでは炒め物に使う油はと問われれば

 

004_20191118132601

 

そらオリーブオイルですわ、とこれまた容赦なく正解の眞鍋さん。

火に強い油と弱い油があるのはほぼ常識。

「ゴマ油で揚げたら香ばしくておいしい」って、嘘だろそれ。

ゴマ油の香りなんて強火にかけたら飛んでしまうぞ。

中華料理でも火からあげる直前に香り付けで加えるのだ。

いきなりゴマ油で炒めたりしない。

 

だが、当方にとって驚きの新情報もあった。

何と米油に含まれるトコトリエノールって成分は

ビタミンEの50倍の抗酸化力があるというのだ。

Eーっ!ホンマかいっ!!

 

013_20191118132601

 

「油のボトルにシールを貼ってもっと極めたい」と眞鍋さん。

もしかしたら本気かもね。

  

|

2019年11月16日 (土)

意地があるぞ

 

さて嘘みたいな話だがケツが痛くて体を起こすことができない。

重要である。

重力を利用しなければキーボードが打てない。

スマホを宙に浮かせて操作、なんてのは

5kg以上の握力がある人の話だ。

 

でも、眞鍋ブルーのドレスを着た眞鍋かをりさんんは癒される。

DIMEトレンド大賞でプレゼンターとして登場した眞鍋さんだ。

https://mdpr.jp/photo/detail/7221873

詳細は記事参照だが、画像が凄く多いのが嬉しいぜ。

 

てなことで短くても何とか更新。

  

|

2019年11月10日 (日)

思い返せば何やかや

  

ありゃま二週続けて競馬BEATはお休み。

その間に杉崎美香りん姐さんは〇〇回目の誕生日を迎え・・・

ということは

眞鍋かをりさんの眞鍋いびー・・・じゃなくて愛ベイビーも早4歳。

凄いスピードだな。

うかうかしてると再来年には成人式、な訳ない。

 

この4年間で当方の知人も4人が出産。

二人目三人目に初産と色々ありつつ良かったのだが

今年に入って残念なこと一度。

でも母体が無事だったのは何より。

三人目だが慣れが通じない命がけの仕事である。

  

眞鍋さんちのうめも元気らしい。

豆芝のつもりが巨大化してしまったうめだがもう10歳か。

まぁ当方よりは長生きするだろう。

  

|

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »