« 倒れた | トップページ | 思い返せば何やかや »

2019年10月28日 (月)

クィーンアモイの衝撃走る競馬BEAT

  

001_20191028141301

 

「さぁ姐さん、とうとうこの日が来てしまいましたよ」

「アーモンドアイの登場やね」

「絶対女王を止める馬は現れるのか」

「サートゥルナーリアの名前が挙がってるけど」

「けど?」

「どっちも名前が長いねぇ」

「そう仰られましても・・・」

 

003_20191028141301

 

「略してアモイやとモアイのオッサンと区別つかへんし」

「略さんでええんとちゃいまっか」

「今日は一段とモアイ顔やねぇ」

「それより東京競馬場に竹上はんが行ってま」

  

006_20191028142401

 

「萌奈さんの目もアーモンドアイやねぇ」

「はい、よく言われます」

「嘘やん、お世辞言うただけやのに」

「・・・・」

 

005_20191028141301

 

「さぁしょうもないこと言うてんと」

「それ姐さんだけでっせ」

「レーススタートでーす」

 

ということで杉崎美香りん姐さんの競馬BEATは

GⅠ馬勢揃い、秋の天皇賞。

といってもアーモンドアイがどんな走りを見せるのかがポイント。

6番手あたりにつけていたアモイだが、

埒際の最内を突いてスパートを開始すると

200mの標識を過ぎたら後続との距離は開くばかり。

鞍上のルメールはん、後続を振り返りながらのゴールときた。

あまりの強さに唖然とするばかりの圧巻レースであった。

 

008_20191028141201

  

「こっこれは・・・」

「アモイ様というしかないねぇ」

「何と冠をつけるべきか」

「クィーンアモイ」

「姐さん、そのアモイゆうんは」

「ア、モーイい?」

「えと・・・」

「また来週ーっ!」

  

|

« 倒れた | トップページ | 思い返せば何やかや »

競馬」カテゴリの記事