« おまけと値引きの対決や如何に、と所JAPANの眞鍋さん | トップページ | こだわる眞鍋さんのビビット »

2019年7月14日 (日)

自動車の面白さ色々、と自動車王国の眞鍋さん

   

自動運転車に試乗の眞鍋かをりさん、

その出来栄えに感心しきりなのだが、話している相手は

オオッ!ドライビングテクノロジーの清水和夫師匠ではないか。

 

003_20190714142501

  

で、師匠が試乗したのは懐かしのトヨタ800。

いやそれだけではないユーノスコスモにベレット1600GTに

トヨタ2000GT、そして、ややっ!

 

016_20190714142801

  

当方が5歳くらいの時に我が家にあった

当家第1号の自家用車もあるぞ。

そしてその頃巷に溢れ返っていたのが

テントウムシことスバル360。

 

017_20190714142801

 

「車業界の青春時代」とは

ええこと言わはりますなぁ眞鍋さん。

「やっぱり自動運転とか電気自動車ってやだね」

とは清水師匠。

「自動車王国物語3」でのこと。

 

しかし0→100㎞/hの世界では

いきなり最大トルクが立ち上がる電気モーターが強いのだ。

アメリカで電気スーパーカーが0→100㎞/hで2secを切った

というニュースは知っていたが

日本にも2秒を切るマシンがあったとは。

 

005_20190714144101

 

でも、よく考えたらなんの為に作ったんだろうと眞鍋さん。

「ひゅうっ!で終わりですよね」

ふっふっふ・・・コーナーをクリアするたびに

その「ひゅうっ!」が味わえるのだ。

瞬時に迫る次なるコーナー、

ドラテクの秘術を尽くして突破した後の加速感、

その連続が楽しいのだ。

  

009_20190714145201

 

でもワインディングで汗を流すより格闘技・・・じゃなくて

市街地走行主体の眞鍋さんは

パナソニックが開発した電気自動車を視察。

 

012_20190714145201

 

な、なんじゃこりゃぁあ

タッチパネルカーテンに思わず笑ってしまう眞鍋さん。

映画館になるなど映像技術、赤外線センサー音声認識など

家電技術満載で「動くリビング」。

 

014_20190714145201

 

「魔法の部屋だ」と眞鍋さん。

逆に言うと、車である必要もない。

 

既にヘリコプターがあるので空飛ぶ自動車はピンと来なかったが

水陸両用車はこれだけ水害が多いと1台欲しいと思う。

 

018

 

「子どもが大きくなった頃にはどうなってるんだろう」

と眞鍋さん。

きっとドライビングっプレジャーは変わってないと思うよ。

  

|

« おまけと値引きの対決や如何に、と所JAPANの眞鍋さん | トップページ | こだわる眞鍋さんのビビット »

眞鍋かをり・テレビ(情報・報道)5」カテゴリの記事