« やったぜ最高運気の眞鍋さん | トップページ | DVと児童虐待の連動語る眞鍋さん »

2019年6月23日 (日)

美女と牝馬の宝塚記念、と競馬BEAT

  

001_20190623164601

 

「さぁ屋外のモアイ像前からお届けします宝塚記念」

「ぬおっ」

「喋るモアイ像、口数少ないねぇ」

「オオッ」

「今日はモアイの馬券プレゼントやんねんよ?」 

 

003_20190623164601

 

「そういう企画になるとイマイチなんで」

「どうでもええ時は当たるのにねぇ」

「勝利の女神がおらんやないですか」

「あら横山ルリカちゃんならいてるよ」

  

010_20190623164501

 

「来場者の方の人気投票やってまぁす」

「タテガミ萌奈アナと美女二人やねぇ」

「ショウナンバッハの一票が気になりまんな」

「4歳の女の子が黙って貼っていきました」

「そ、それは勝利の女神かも知れまへんな」

「萌奈さんもタテガミの綺麗な牝馬やし」

 

012_20190623164501

 

「姐さん、ワイは決めましたよ」

「本命馬を?」

「はいリスグラシューで行きま」

「紅一点、ただ一頭の牝馬やねぇ」

 

ということで杉崎美香りん姐さんの競馬BEATは

今年前半の締めくくり宝塚記念。

意外にもって、まぁどうでもい~んだけど

当方も迷いに迷ってリスグラシュー。

ただし後方からではなくスタートを決め、前寄りで折り合えばの話。

あのスパート力を牡馬相手に生かすには前方占位だ。

 

なんて勝手な妄想に浸っていたら、

オヨヨッとスタートを決めたリスグラシュー、先頭集団へ。

アララッ先頭に出たらあかんがな、と思っていたら

巧いこと二番手で折り合いをつけた。

最終コーナーを出たところで勝利を確信。

鮮やかな快勝劇だった。

  

014_20190623164501

  

「オッサン、当たったやん!」

「おおきにだっせ」

「さすが横山ルリカちゃんやねぇ」

「え、そっちでっか?」

 

016_20190623164501

 

「それではまた秋に御会いしましょう」

  

|

« やったぜ最高運気の眞鍋さん | トップページ | DVと児童虐待の連動語る眞鍋さん »

競馬」カテゴリの記事