« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月29日 (土)

DVと児童虐待の連動語る眞鍋さん

  

002_20190629120601

  

DVの訴えがあった時に対策していれば虐待も防げたかもしれない

と力説する眞鍋かをりさん。

児童虐待防止に取り組んできた眞鍋さんだが、

「ビビット」で取り上げられたのは小四女児虐待死事件での

母親への執行猶予付き判決。

 

巷では子供を守るのは母親の責任であり刑が軽い、

いや夫のDVに支配されていた母親も被害者だ等々の声が。

だが眞鍋さん

「母親の責任論だけでは子供を守ることはできない」と喝破。

「DV対策が虐待防止に有効だという理解の上に

(対策を)進めるべき」とした。

  

事情、状況はそれぞれで、パターン化した事務的対応ではなく

フレキシブルな判断力が求められることは分かる。

学校、児童相談所、警察の連携が模索されているようだが、

現場の対応力を強化するには何か足りない気もする。

 

007_20190629120601

 

世のお母さんたちも眞鍋さんも

笑顔でいらるような社会にしたいものだ。

  

|

2019年6月23日 (日)

美女と牝馬の宝塚記念、と競馬BEAT

  

001_20190623164601

 

「さぁ屋外のモアイ像前からお届けします宝塚記念」

「ぬおっ」

「喋るモアイ像、口数少ないねぇ」

「オオッ」

「今日はモアイの馬券プレゼントやんねんよ?」 

 

003_20190623164601

 

「そういう企画になるとイマイチなんで」

「どうでもええ時は当たるのにねぇ」

「勝利の女神がおらんやないですか」

「あら横山ルリカちゃんならいてるよ」

  

010_20190623164501

 

「来場者の方の人気投票やってまぁす」

「タテガミ萌奈アナと美女二人やねぇ」

「ショウナンバッハの一票が気になりまんな」

「4歳の女の子が黙って貼っていきました」

「そ、それは勝利の女神かも知れまへんな」

「萌奈さんもタテガミの綺麗な牝馬やし」

 

012_20190623164501

 

「姐さん、ワイは決めましたよ」

「本命馬を?」

「はいリスグラシューで行きま」

「紅一点、ただ一頭の牝馬やねぇ」

 

ということで杉崎美香りん姐さんの競馬BEATは

今年前半の締めくくり宝塚記念。

意外にもって、まぁどうでもい~んだけど

当方も迷いに迷ってリスグラシュー。

ただし後方からではなくスタートを決め、前寄りで折り合えばの話。

あのスパート力を牡馬相手に生かすには前方占位だ。

 

なんて勝手な妄想に浸っていたら、

オヨヨッとスタートを決めたリスグラシュー、先頭集団へ。

アララッ先頭に出たらあかんがな、と思っていたら

巧いこと二番手で折り合いをつけた。

最終コーナーを出たところで勝利を確信。

鮮やかな快勝劇だった。

  

014_20190623164501

  

「オッサン、当たったやん!」

「おおきにだっせ」

「さすが横山ルリカちゃんやねぇ」

「え、そっちでっか?」

 

016_20190623164501

 

「それではまた秋に御会いしましょう」

  

|

2019年6月17日 (月)

やったぜ最高運気の眞鍋さん

  

003_8

 

やったぜ眞鍋かをりさんのガッツポーズ。

「ビビット」番組中での出演者の運勢ランキング

輝く第1位である。

「運気最高の時代」「あなたが時代を引っ張る」だってさ。

 

004_10

  

「みんなついてきていいよ」と眞鍋さん。

 

運気といえば番組冒頭にもお賽銭の話が出ていた。

現金を投げ入れるのではなくスマホ決済というもの。

中国あたりで既にやってそうだな。

 

「時代だからいいんじゃないかな」

と時代を引っ張る眞鍋さん。

「現金になったのは室町時代じゃなかったかな」と言う通り、

石高=米を価値基準の基本に置いた日本。

貨幣経済の発達は遅い。

共通貨幣で全国統一されるのは江戸時代に入ってからやっとだ。

 

007_11

 

スマホ決済は流通速度が速くなるし

貨幣の量を増やすのと同じ効果がある。

個人情報を銀行に握られるって一面はあるけど

賽銭を隠す必要もなかろうし

ここは眞鍋さんについていこうぜ。

  

|

2019年6月16日 (日)

勝負は何の運か、ファラオも走る競馬BEAT

     

003_7

  

「さぁ喋るモアイ像のオッサン」

「ヌフフ・・・ガチンコ予想バトルでんな」

「笑うモアイ像、自信たっぷりやね」

「そら姐さん、ゲストのアラブ人、前回当たりゼロでっせ」

「そういえば今日の最初のレースも・・・」

 

004_9

 

「なんか二人とも固まってますわ」

「どっちが石像か分からんねぇ」

「次いきまひょ」

 

007_10

 

「と思たら、あらっ」

「シャンプーのアラブ人さん当たりやわ」

「知ってますか?サラブレッドの原種はアラブ馬でっせ」

「なんや訳の分からんことゆうてはるわ」

「さんざん馬鹿にしといてほんまに」

「函館スプリント行こうかねぇ」

 

その函館スプリントS、飼料への禁止薬物混入発見により

6頭が出走取り消しとなってしまった。

といっても厩舎には何の問題もなく、後で分かったというもの。

禁止薬物というとヤバそうな気配ふんぷんだが、

えっそれが?って気がしないでもないのは

杉崎美香りん姐さんがブログに書いている通りだ。

https://ameblo.jp/mikasugisaki/entry-12480901895.html?frm_src=favoritemail

 

レースの方はタワ-オブロンドンでしょ、

って大方の予想を裏切りカイザーメランジェのポールトゥウィン。

ロードカナロワも勝てなかった魔のレース、本領発揮である。

 

010_8

 

「さぁ勝負の方はオッサン3勝、変態2勝」

「まぁワイの負けはないゆうことでんな」

「アラブの人の優勝はなくなったと」

「そら一つ当たっただけで優勝はおまへんわ」

「有終の美といきたいねぇオッサン」

 

ということでのユニコーンSだったのだが、

ワイドファラオが魅せた。

追いつかれるかと思えばもう一伸びで引き離すを繰り返す

ど根性での美酒。

 

015_1

 

「ということで最後は全員空振り」

「まぁええんちゃいまっか」

「ファラオだけにアラブの人当てるんか思たけど」

「古代エジプトとアラブは関係おまへんし」

「そうゆうたらそうやねぇ」

「来週は宝塚記念」

「特番でお送りしまーす」

  

|

2019年6月15日 (土)

必殺技なら任せなはれとウルトラの母

  

002_9

 

ネーミングバラエティ「日本人のおなまえっ!」は

必殺技のネーミングということで、これはもう

眞鍋かをりさんしかいない(なんでやねん)。

 

ランキング追っていくとストリートファイターで大盛り上がり。

「やりましたよ私も」

 

005_6

 

ヨ、ヨガファイアってなんじゃ?

 

必殺技に名前を付けるのは力道山の空手チョップが走りらしい。

姿三四郎の必殺技、山嵐を忘れておるのではないかな。

 

古流武術のネーミングはやり方を伝承する為だったといふ。

そういえば火遁の術、移せ身の術も解説みたいなもんだ

(忍術だけど)。

佐々木小次郎の燕返しは素早く身をかわす燕を返す刀で斬る

というくらい素早い返し技だったという説もあるが、ちと苦しい。

 

山嵐は何の解説にもなっていないが、

三四郎のモデル西郷四郎がこの技をかける時、

凄いデカい声で喚いたからだ、って説がある。 

んなアホな。

  

009_5

 

ウルトラの母、眞鍋さんに外せないのはウルトラマン。

初代ウルトラマンのスペシウム光線は

宇宙のスペースが由来ではないか、

とさすがの推理はほぼ的中。

眞鍋さんの息子たちが使うのはルービウム光線だが、

「引き継がれているんですね」としみじみ子らに思いをはせる

・・・って程ではなかった。

 

ランキング1位はドラゴンボールのかめはめ波。

ハワイのカメハメハ大王と同じなのが

原作者も気にはなったらしいが、

思いついたのは奥様だったとか。

  

014_2

 

「私が奥さんだったら自慢しちゃいますよ」と眞鍋さん。

 

そういや眞鍋さんも格闘技やってるし、

なんか必殺技を考えなければならないのではないか。

 

015

 

真心眞鍋さんなので爆裂多生拳とかね。

  

|

2019年6月 9日 (日)

金魚買っても金馬券は来なかった競馬BEAT

  

002_8

  

「さぁオッサン、夏といえば金魚やねぇ」

「え、え?いきなりなんですのん」

「金魚鉢に入れたら大きく見えるしねぇ」

「そらまぁ・・・」

「オッサンも金魚鉢かぶってんの?」

「そんなん入らへんやないですか」

「かぶらんでも大きいと」

  

006_9

 

「今日はモアイ像と美女三人やねぇ」

「北原里英さんは初登場でんな」

「驚きました。モアイ像って喋るんですね」

「珍しいやろ?」

「はい。一年中日本にあるんですか?」

「いやっ七月八月はイースター島に帰ってるんよ」

「あんたらえー加減にしなはれや」

  

004_8

 

「姐さん、金魚鉢より金馬券でっせ」

「先週当てはったからねぇ」

「女性ゲストの時はやりまっせワイは」

「ホンマかねぇ」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

意気込んで臨んだマーメイドSだったが・・・

ラスト直線、抜けたと思ったら抜かれ抜いた

と思ったら並ばれと激しい戦い。

何と最後尾のサラスが強烈なスパート力で激戦を制した。

 

008_3

  

「7番人気やったのにねぇ」

「あ、荒れるハンデ戦とはいえ、何サラスねん」

「金馬券とはならんかったねぇ」

「サラス・・・」

「私は金魚の世話しに帰るわ」

「は?」

「金魚買うたんよ」

https://ameblo.jp/mikasugisaki/entry-12475595519.html?frm_src=favoritemail

「わて、イースター島に帰らせて…」

「宝塚記念が終わってからにして」

「・・・はい」

 

|

2019年6月 8日 (土)

温か眞鍋さんの「ビビット」

  

むっ、二週続けて「ビビット」出演、眞鍋かをりさん。

でも衣装はやっぱりブルー系。

は、いいとして、話題は

南海キャンディーズの山里はんが女優さんと結婚する

という美女と野獣的ニュースの件。

 

001_10

 

だが眞鍋さん、

女優としてでない部分も見せてくれるとの山里さんの発言に

「表に出てるところだけでなく、人として向き合っている」

「カッコいい」

その目線は温かいのだ。

 

薬物事件のピエール某についても

「治療も受けられ、サポートしてくれる人もいる」

として立ち直れるんじゃないかなとこれまた温かい。

 

006_8

 

だがしかし、眞鍋さんは運転免許の更新を控えているらしい。

AT免許なのか何なのか。

たまに乗るAT車でも坂道発進などはヒール&トゥだった当方、

ペダルを踏み間違える感覚がどうしてもわからない。

最近のAT車、どないなっとんねん。

 

「背筋が伸びました」という眞鍋さん、

くれぐれも気を付けてね。

 

 

|

2019年6月 2日 (日)

びっくりしたでしかしのやっさん記念、と競馬BEAT

   

昼でも夜でも横になって目をつむれば爆睡また爆睡、

快眠病に悩まされる当方だが、

今日ばかりはそうもいっていられない。

次は宝塚記念かと予想していたアーモンドアイが

安田記念に参戦だ。

 

001_9

  

「ビックリするでしかし」

「姐さん、そのやっさんとちゃいまっせ安田記念は」

「ビックリしたなもぅ~」

「そのギャグは50代以上やないとわかりまへん」

 

004_7

  

「で、オッサンの予想はやっぱりあの馬?」

「一番好きなのはアーモンドアイ、なんですが・・・」

「ここはちょっとひねくれて」

「別にひねくれてとかそういうことでは」

「はよ言いなはれ」

 

007_9

 

「インディチャンプといきますわ」

「レーススタートでーす」

 

なんで安田記念だったのかは知らないが、

ジェンティルドンナだって生涯無敵だった訳ではない。

スタートするとアーモンド後方。

速い馬場なのでいかにアーモンドとはいえムムって感じ。

そしたら前が開かず、

進路を開いた時は200mの標識を過ぎている。

こりゃ追い付かんと思いきや凄い脚。

ぎりぎり捉えるかとも思ったのだが、

迫るアーモンドを尻目にスパートしたのがインディチャンプ。

してやったりマイルのエキスパートであった。

  

006_7

 

「ビックリしたなもぅ~」

「私のギャグ盗らんといて」

「いや、これは三波伸介師匠の・・・」

「オッサン、まさかの予想的中やん」

「まぁ人は私をカリス・・・」

「ますます顔が大きくなるねぇ」

「何とでもゆーて下さい」

「また来週ーっ!」

  

|

2019年6月 1日 (土)

さすがな眞鍋さんの「ビビット」

  

004_6

 

素人目にもプロの目にも区別がつかない人工ダイヤ。

自然保護や動物愛護の観点から

「人口のファーの方がカッコいいと(欧米セレブの間では)なってる」

という眞鍋かをりさん、なので

「もしかしたら人工ダイヤの方がいいとなるかも」

 

これがなんとなんとの大当たり。

既に大物セレブの間では大規模採掘によって

「自然破壊の可能性がある天然より人工の方がええわ」

って動きが広まっているそうな。

流石「ビビットのファッションリーダー」眞鍋さん。

 

011_2

 

ナンチャラいう政治家の「最低子どもは三人産め」発言には

さすがに少々呆れ顔。

「口下手な人なのかと思っていたけど」

「ここまで世間と乖離しているとは」

子供三人産んで安心して子育てできる環境づくりの為、

かくかくしかじかの施策を進める・・・だったらいいんだけどね。

 

金融庁が厚労省の管轄である年金について

勝手なことを言ったのも変な話。

年金基金を見せかけの好景気演出の為

株式市場に突っ込んでしもからか?

 

009_4

  

インチキ好景気の為に何百兆円も使うなら、

その金を消費者、国民に回せばよい。

需要が増え、生産も拡大、新規投資を促し

ホントの好景気となり税収も増える。

 

児童ら19人殺傷事件の犯人。

軽々な発言はできない。

その点、眞鍋さん

「(犯人と)同じような問題を抱えている人がいるとしたら、

推測で追い込むような真似はしたくない」

さすがです。

  

|

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »