« 参ったぜ | トップページ | さすがな眞鍋さんの「ビビット」 »

2019年5月29日 (水)

眞鍋の土鍋ってどうなん?と「行きたい人応援団」

 

「ワッ!この本持ってる」とワイプの眞鍋さんが叫んだ

「スゴイぞ!土鍋」

 

001_8

 

なんとその著者が登場したのが「ニッポン行きたい人応援団」

眞鍋さんも土鍋料理にはまったのか興味があったのか、

とにかく勉強したらしい。

オッサンの当方でもはまったことあるからね。

 

003_6

 

眞鍋さんの師匠が教えを乞うのもオッサン。

それもポーランドからやってきた2mの巨人だ。

あちこちにドタマをぶつけながら土鍋料理を学ぶ。

おまけにどえらい大食いときた。

どうしたものか。

陶芸家でもある師匠が小柄なもんで

師匠単独で写すと巨人は腹しか映らん。

 

師匠はいとも簡単にひょいひょいと作って見せるが

自動炊飯器と違って意外に難易度が高い。

新米なのか一年米なのかにもよるが仕上げの好みもある。

かつて(歩けた頃)馴染みにしていた寿司屋のオッサンは、

新米だと思ったようなシャリにならん、シャレにならん

と一年米を使っていた。

 

新しければいいというものではないのだ。

そういえば眞鍋かをりさんも明後日が誕生日。

 

004_5

 

年齢を重ねるごとに美しくなるのは寿司米だから・・・

ではないだろう(当たり前だ)。

 

|

« 参ったぜ | トップページ | さすがな眞鍋さんの「ビビット」 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽)5」カテゴリの記事