« サタデージャーナルでどっちやねんな話の眞鍋さん | トップページ | 修行にもなる(?)お手軽健康法、と「ビビット」眞鍋さん »

2019年4月 7日 (日)

それもアレグリアの桜花賞、と競馬BEAT

  

002_2

 

「いやぁ桜も満開でんな姐さん」

「そんな中での桜花賞」

「娘たちの戦いですわ」

「それやのにオッサンばっかりやねぇ」

「ワシらは呼ばれただけで・・・」

「オッサン大集合」

「三人だけですやん」

 

005_2

 

「なぁ端の人」

「竹上はんでっか?」

「またタテガミ変わったな」

「まぁ春仕様というか・・・」

「牝馬戦やからかな?牝馬だけに」

「負けてられんと、なぁるほど」

「桜花賞のスタートが近付いています」

「ほら怒られたやん」

 

006_2

 

「オッサン、何睨んでんの?」

「ちゃんと見とかんと」

「先週外したしねぇ」

「若い女の気持ちは分かりまへん」

「別れたしねぇ眞・・・」

「レーススタートだっせ」

 

ということで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

二歳女王、連勝中のダノンファンタジーが順当に人気を集める中、

唯一黒星を与えているグランアレグリア、

久し振りのレースなので実力や如何に・・・

 

というレースだったのだが、

スタートしてみると四番手にいたアレグリア、

ペースが遅いと見るや四コーナー手前から前に押し出し、

コーナー途中で早くも先頭に。

仕掛けるのが早過ぎるのでは、と思いきや

ぐんぐん引き離しての独走勝利だ。

 

007_5

 

「強かったねぇグランアレグリア」

「久しぶりに出てきてあれはずるいですわ」

「また外れたんやねぇ」

「しかし距離が伸びたらどうなるか」

「ルメール騎手は『難しい』言うてはったねぇ」

「本音かどうか分かりませんけどね」

「うちらは本音勝負で」

「もちろんだす」

「また来週ーっ!」

  

|

« サタデージャーナルでどっちやねんな話の眞鍋さん | トップページ | 修行にもなる(?)お手軽健康法、と「ビビット」眞鍋さん »

競馬」カテゴリの記事