« 恐ろしいのか楽しいのか高松宮記念、と競馬BEAT | トップページ | 30年を振り返りつつ無茶ぶりに答える眞鍋さん »

2019年3月31日 (日)

世界とともに大阪杯、の競馬BEAT

  

002_1


「さて皆さんっ!」

「え、浜村さん?」

「今日は盛りだくさんなのでございます」

「それ、関西の人にしか・・・」

「何をおっしゃるモアイさん」

「いや、しかし・・・」

「関西どころか世界が驚いたアーモンドアイ!」


005_1


「まぁ確かにそうでしたドバイターフ」

「余裕さえ感じられるあの強さ」

「快勝でしたな」

「いよいよ次はパリやね」

「パリに行く資金を稼がなあきませんわ」

 

007_2


「ということで今日は大阪杯」

「GⅠ馬揃い踏みで難しいでんな」

「ウエスト63cmの橋本マナミさんは?」

「緊張でお腹痛いです」

「そういう時は正露丸」

「いや、姐さん、そういうことじゃ・・・」

「ラッパのマークの正露丸」

「なんでCMしてまんねん」

「レーススタートでーす」



てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

有力馬がこれでもかと顔を合わせた大阪杯だったのだが

いい位置につけラストスパートをかけたキセキ。

だが4番手のインにつけていたアルアインが

素早く最内を取ってパッシング。

ワグネリアンの猛追をもかわしてトップゴールだ。

9番人気だったのにね。

北村ジョッキーは14年目にしてGⅠ初制覇で感無量。


010_2


「橋本マナミさん、的中だっせ」

「やっぱり正露丸やねぇ」

「そうでんなぁ・・・いやちゃうでしょ」

「来週から本番前にみんなで正露丸飲もうか?」

「なんでやねん!」

「また来週ーっ!」



|

« 恐ろしいのか楽しいのか高松宮記念、と競馬BEAT | トップページ | 30年を振り返りつつ無茶ぶりに答える眞鍋さん »

競馬」カテゴリの記事