« 眞鍋スマイルで締めくくり | トップページ | 色々驚きのシンザン記念、と競馬BEAT »

2019年1月 6日 (日)

遅ればせながら年明け神事

 

ふと我に返ったら新年も6日になってしまった。

これはイカンという事で

まずは新年の厄払い神事を

 

190101a_2


眞鍋かをりさん、初もうでで引いたおみくじが

パッとしないものだったようだが

これで大丈夫。

 

大阪では希少な湯立神楽。

この湯のしずくがかかれば無病息災間違いなし。

眞鍋さんにもきっと届いたであろう、ふっふっふ…

 

190101d_2


奉納しているのは勿論、ミコリンナース。

大阪でこれができる巫女は何人いるのか…

多くても10数人ではあるまいか。

そもそも巫女が常駐する神社は8社しかないというし

ミコリンの様なフリーランスも就職等により

1~2年で引退してしまうことが多い。

 

ミコリンも正看護師という職がなければ

ここまで来れなかったかも。

それも天才ナースだし。

 

「風邪がなかなか治らないんですよ」

「へ?それやったら無病息災にならんがな」

「いや、去年の風邪なんで・・・」

「さよか、ほな大丈夫…いやちゃうがな」

 

まぁ眞鍋さんもミコリンも

良き年になることを祈願しておこう。

 

|

« 眞鍋スマイルで締めくくり | トップページ | 色々驚きのシンザン記念、と競馬BEAT »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

巫女さん」カテゴリの記事