« 劇場版にもウルトラの母・眞鍋さん | トップページ | ウルトラの母も身だしなみ大事と眞鍋さん »

2018年12月 8日 (土)

ニュース総決算的眞鍋さんと私的雑感

 

「池上彰と考えるニュース総決算」

に出演の眞鍋かをりさん。

とにかく災害が多かった今年、

大阪北部地震と台風21号には当方も遭遇した訳だが

では避難する際に持ち出すべきは

預金通帳か眼鏡か・・・

 

001


そりゃ眼鏡ですわと眞鍋さん

「メガネがないと何もできない」

ありましたねぇ、夜中にマンションが揺れて、

コンタクトも外していた眞鍋さん、

何も見えず恐い思いをしたことが。

10年位前だったかな。

てことで眞鍋さん大正解。

 

そしてやっつけ審議で可決成立となった

水道民営化法案。

水道設備の老朽化で10兆円かかるったって、

1年で10兆かかる訳じゃなし、

60年代のインフラ設備が老朽化してるのは

橋もトンネルも高速道路も一緒だ。

60年代にできたことが何故できない?

まぁ景気が悪くて経済力が落ちてるからだけどね。

 

005


「ボロボロの状態でさぁどうぞと言われてもねぇ」

眞鍋さん、ごもっとも。

行政が税金で整備するのは金儲けではないが、

民間企業は儲ける為にやる。

整備費用に利益を上乗せして回収するんだから

料金に跳ね返るのは当たり前だ。

 

人手が足りないから賃金上げて人を集めよう

→賃金上げると会社が潰れる

→はぁ?

人手が足りないほど需要があるなら

商品価格も上昇し賃金も上がる。

所得が増えることでさらに需要が増える。

これが経済の流れである。

 

賃金上げたら会社が潰れるという事は

そもそも需要がない

(事実、個人消費は全く伸びていない)ことと

生産の拡大ではなく

賃金を削減することで利益を出そうとする

歪んだ構造があるのではないか。

当然、経済は縮小する。この20年間で

GDPマイナスの先進国は日本だけだ。

 

それと、テレビ、洗濯機、冷蔵庫は

日本の発明品ではない。

独創的なトップのアイデアが

高度成長を生んだのでもない。

技術開発は金がかかるので海外から輸入し、

海外製品より安く高品質に作ったのである。

独自技術の開発が活発になるのは80年代からだが

今は技術開発に投資するより経費削減なので

それすら衰退している。

 

賃金は下げるけど料金は上げるよって、

医療費も教育費その他

社会保障費全てそうなんだけど、

どないせぇっちゅうねん。

60年代はどうしてたのかな?

 

|

« 劇場版にもウルトラの母・眞鍋さん | トップページ | ウルトラの母も身だしなみ大事と眞鍋さん »

眞鍋かをり・テレビ(情報・報道)5」カテゴリの記事