« ウルトラの母も身だしなみ大事と眞鍋さん | トップページ | 任せなはれと自家薬籠中のビビット眞鍋さん »

2018年12月 9日 (日)

コケてもタダでは起きんとジュベナイルフィリーズの競馬BEAT

 

001

  
「今日は二歳女王決定戦やね、オッサン」

「人間でいうならJKでんな」

「JKといえばJ.F.ケネディ大統領」

「それ1960年代やないですか」

「がちょ~ん」

「戻ってきてください姐さん」

「お呼びでない?こりゃまた失礼いたしました」

「植木等師匠伝説のギャグやないですか」

 

002


「さぁ解説の皆さん予想が一致してるねぇ」

「ダノンファンタジーでんな」

「横山ルリカちゃんはどない?」

「私はクロノジェネシス、デビュー戦で痺れまして・・・」

 

008


「この馬だけ後ろから刺してきて・・・」

「ほう」

「重馬場だったんですけど・・・」

「話が止まりませんな」

「あのタイムは凄いなと」

「楽しみやねぇ」

「来年の春を想像しちゃいますね、オッサン」

「え、ええっ?オッサンて、ワシ?」

「レーススタートでーす」

 

ということで杉崎美香りん姐さんの競馬BEATは

阪神ジュベナイルフィリーズ。

スタートでミスったクロノジェネシスだが、

ラスト直線で猛烈な追い込み。

だが、そこには同じく後方からの競馬となった

ダノンファンタジーが。

猛烈な競り合いの末、ダノンに軍配が上がった。

 

006
 

「うちの子は2歳の時、公園で5回もこけたのに」

「え、ミカリンルドルフ、仕上がってませんのん」

https://ameblo.jp/mikasugisaki/entry-12424282740.html

「負けんようにせな」

「競走馬は6歳過ぎたら引退でっせ」

「学校行かなあかんしねぇ」

「そうでんなぁ・・・いや、そうやなくて」

「また来週ーっ!」

 

|

« ウルトラの母も身だしなみ大事と眞鍋さん | トップページ | 任せなはれと自家薬籠中のビビット眞鍋さん »

競馬」カテゴリの記事