« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月30日 (日)

眞鍋スマイルで締めくくり

 

今年最後の「ビビット」眞鍋かをりさん。

眞鍋さんちの雑煮は鶏スープらしい。

愛媛県なのか西条市なのか眞鍋家だけなのか・・・

 

005
 

初詣の御賽銭、札を入れるなら万札に限る。

円満だから・・・ってなんじゃそら。

眞鍋さんも「お正月だからお札を」

とまでは思うそうだけど、

「万札は勇気要るなぁ~」てことで千円札。

そんでええやん。

 

007


大晦日と言えば我が局はレコ大だ。

てことで過去映像色々。

名優の御子息が5部門独占した「ルビーの指輪」

眞鍋さんは

「生まれたばっかりだったのに映像は覚えている」

振り返り企画で何度も流されたからかな。

 

あの頃は受賞者を泣かせようと

くっさい演出をこれでもかとやってた訳だけど

我が家の一味は

ほらまたやってるとすっかり飽きてたなぁ。

 

009


でも眞鍋さんは年末年始も来年も

眞鍋スマイルで行きましょう。

 

|

2018年12月25日 (火)

美香りん&かをりん、スイス旅再び

 

008


眞鍋かをりさんと杉崎美香りん姐さん

久し振りの共演なのに見逃していた

「絶景!ヨーロッパの山小屋」

あるだろうと思っていた再放送をキャッチできた。

先週のことだけどまぁいいや。

 

006


山小屋で誕生日パーティー?

なんでそんなとこでせなあかんねんな感じだが、

モダン山小屋は完全リゾートなのだ。

「かをりんの誕生日やりたいね、40歳の」

「40歳の・・・あ、もうすぐだ」

なんて言いながら和気あいあい。

 

010


マッターホルンと言えば、

そうそう二人旅で行きましたなぁ・・・

「写真撮ったね」とその写真。

2010年の10月、当時の

美香りんブログに掲載されたものだけど、

おっと、右のひょうきんポーズの方が

美香りん姐さんだったのか。

てっきり逆だと思い込んでたぜ。

 

003


ツェルマットの街が出てきたら、

おぉここやここや、あの馬車も乗ったね、

そうそう、あの時は花がついてたと賑やかに。

 

013


でもそんな未来的な山小屋、なかったよね。

 

011


うん、なかったなかった。

でも二人が見た風景の中に、

よ~く目を凝らしてみたら、実はあったのだ。

「エーッ!」

 

016


それは兎も角、美香りん、

こんなにちっちゃくなって・・・

 

017


それを言うならかをりんだって

という会話はなかったが

モーマットを見た眞鍋さん

「なにあれ?狸?」

狸は日本の固有種だっせ。

 

001


てなこと言いつつも

いや楽しいひと時でありました。

 

|

2018年12月24日 (月)

こどもギフト締め切りは明日!眞鍋さん取材レポートも

 

眞鍋かをりさんらが進める

クラウドファンディングこどもギフト、

遂に明日までとなった。

活動の一環として眞鍋さんが

そもそもの発起人、犬山紙子さんと

NPO法人を訪問。取材レポートがアップされている↓

前編:https://readyfor.jp/projects/lip-kodomo2018/announcements/91516

後編:https://readyfor.jp/projects/lip-kodomo2018/announcements/91517

 

Content_6451db2226570ea0b99a95968d5


取材に応じるのは

特定非営利活動法人Living in Peaceと

その支援先、一般社団法人MY TREE

ぺアレンツ・プログラムの各代表。

 

親が回復していないのに

子供だけ家庭に返しても同じことが繰り返される。

親の回復は「指導」ではなく「支援」。

同じ目線に立つことが大事。

 

これ、介護や看護でも同じだね。

この人には何が必要なのか、

何がしてあげられるのかを察知すること。

寄り添うことが必要なのだろう。

 

ともあれこどもギフトは明日限り。

5千円から100万円まで

上記取材レポートのページからでも申し込める。

 

|

2018年12月23日 (日)

ダイエットが効いたかワンピース、の競馬BEAT

 

001


「さぁオッサン、いよいよやね」

「来てしまいました有馬記念」

「オッサンの馬券プレゼント、今年もやるよ」

「この手の企画になるとよう当たるという・・・」

 

002


「モアイ祭りといきたいねぇ」

「巨大モアイ像を並べて」

「気持ち悪いねぇ」

「どーゆーことでんねん」

「オッサン祭りやったら…」

「そんなん毎晩どこぞの居酒屋でやってまっせ」

「顔の大きいオッサン祭り」

「参加条件が厳しいでんな」

「どうでもええねぇ」

「ええんかいっ!」

 

006


「萌奈さんも盛り上がってはるわ」

「今年は三冠牝馬が出ましたしね」

「栗毛の牝馬やねぇ」

「姐さん、人間でっせ」

 

013



「ウエストが68cmから61cmになった橋本マナミさん」

「お陰様で」

「61cmの本命は?」

「ブラストワンピースです」

「細いワンピが似合いそうやねぇ」

「横山ルリカちゃんは?」

「サトノダイヤモンドは私の青春です」

「引退レースやねぇ」

「もう泣きそうです」

「短い青春やったねぇ」

「姐さん、その言い方は・・・」

「レーススタートでーす!」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

個人的にはルーラー卿の子息、キセキに

今度こその激走を期待したのだが・・・

障害レースの王者が障害になったか

スタートで位置取りに手間取った。

 

だが先頭に出るとぐんぐん馬群を引き離して

これはいいペース、と思ったのだが・・・

いい所にいたなブラストワンピ。

後ろのレイデオロと一緒に前に出て、

レイデオロの追撃を振り切った。

 

015


「マナミさん、当りやん」

「えぇ…3着を外して馬券は・・・」

「ええやんええやん、かすりもせぇへんよりか」

「えらいすんまへん」

「やっぱりウエストは絞っとくもんやねぇ」

「ほなワイもダイエットを」

「その顔はダイエットできんわぁ・・」

「まぁ確かに、エーッ!」

 

016


「皆さん、良いお年をーっ!」

 

|

2018年12月22日 (土)

オードリーの生き方にプロファイリングの眞鍋さん

 

013


「ローマの休日」の有名なシーン、

グレゴリー・ペックの手がなくなったと騙された

オードリー・ヘプバーンの驚き、実は

グレゴリー・ペックが仕掛けたアドリブだったそうな。

 

道理でピュアな演技のはずだわと

THE PROFILERに出演の眞鍋かをりさん。

ただ、そうだったとしてもあのピュアさは何?

「場慣れした女優さんだったら

『コレNGじゃないですか』ってなりますよねぇ」

 

ところがオードリー、大戦中、5年間をオランダ、

つまりナチスの占領下で過ごしたのだ。

レジスタンスの連絡係も果たしたというが、

反抗するものは殺され、ユダヤ人は絶滅収容所送り。

アンネ・フランクも同じ町に住んでいた。

大戦末期のオランダと言えば深刻な食糧不足。

オードリーのあの超極細体型も、

少女時代の栄養失調が原因らしい。

 

015


それに起因する筋肉不足で

バレリーナへの道を閉ざされたオードリー。

「自分の努力ではどうにもならない理由で

夢をあきらめなければならないなんて」

 

表情を曇らせる眞鍋さんだけど、

翻って「ローマの休日」を改めて振り返ると、

「あのピュアさは凄い」

 

017


「修羅場をくぐってきた感がない!」

 

話変わってオードリーといえば

抜群のファッションセンスだが、

「麗しのサブリナ」発祥のサブリナパンツ

「不用意に真似したらダメな奴」と眞鍋さん。

総じてスレンダーを生かしたファッションなので

「グラマーつぶし」

芸人の息子より面白い眞鍋さん。

 

でもまぁ歌が下手糞だったのは有名な話

なのでこれはしょうがない。

だがオードリーはスクリーンから姿を消す。

 

021


バッシングされるようになったら

子育てにマイナスになるので

身を引いたのではないかと

眞鍋さんのプロファイリング。

 

晩年のオードリーがユニセフで

難民支援の活動を精力的にこなしていたことは

良く知られている。

だが、よくある富豪の寄付行為とはかなり違うようだ。

チャリティーに出品してドレスも10着ほどしか

残されていなかったという。

 

024


家族の愛に囲まれるようになったことで

人の為に何ができるか考えるようになったのでは

と眞鍋さんはプロファイリング。

 

それに加えて戦争体験が

彼女の根っこにあったことは間違いないだろう。

 

025


噛み締めておきたい言葉である。

 

|

ボケてる場合じゃないウルトラの母最終回

 

さぁウルトラマンR/B最終回。

白血球怪獣に苦戦するウルトラの兄弟。

 

001


兄弟が敗北する未来を異次元で見ている

ウルトラの母・眞鍋かをりさん。

 

003


だが、母には秘策がある。

エネルギーを集めて

奴を異次元に飛ばしてやるのだ。

「せやけど、それやったら二度と戻ってこれませんで」

 

004


コンピューターが言うのだが、

それでええねんと笑みを浮かべる眞鍋さん。

だが、自分もろとも異次元に封じ込めるつもりだ

と気付いたウルトラの兄弟。

母を阻止せんと駆けつける。

 

006


お前ら、ここに来たらあかんがなと眞鍋さん。

最終回とあってたたみかける展開。

さすがの眞鍋さんもボケてる場合ではない。

 

007


私にはこれしかしてやれることはない。

グッとくる台詞。

してやれることがあるだけいい。

ワシなんかな~んもしてやれることあれへん

と、これは当方の独り言。

 

だが、ウルトラの兄弟はそんなことあるかいと

再び化け物の前へ。

自己犠牲でラストてのは好きじゃないし今時でもない。

 

そこで注目は決定的役割を果たすはずの少女。

いつ覚醒するのかと思っていたら、

ここで記憶か蘇った。

 

010


未来を変えたウルトラの兄弟。

正体を現した少女の力と合体して怪獣を倒すのだ。

子はいつの間にか親を超えてゆくんだね

喜ぶ眞鍋さんと知らんオッサン・・・ではなく、

れっきとしたウルトラの父。

 

だが、あれれ、少女が消えてしまったぞ。

あかんがな、自己犠牲は古いって。

 

「クリスタルは善なる心の結晶なのじゃ」

謎の高僧はそう言って立ち去ってゆく。

色不意空空不意色色即是空空即是色・・・・

ウルトラの知らんオッサンは、

今も生きているという弘法大師その人だったのだ。

→というシーンは勿論なかった。

 

011


でもやっぱり少女は帰ってくる。

そうこなくちゃ。

 

012


今日はすき焼きだよ、という眞鍋さんに

オオッ!と盛り上がる一同。

だが、すき焼きの豆腐を買いに行ったまま

異次元に消えてしまった眞鍋さん。

今度は戻ってくるのだろうか。

 

|

2018年12月16日 (日)

柳の下に牝馬2頭といくのか競馬BEAT

 

006


「さぁオッサン、2歳王者決定戦に凄い牝馬が来たよ」

「姐さんの子も2歳になる前から凄いデカかったそうで」

「オッサンの子かて顔デカいやん」

「そら顔の大きさなら負けま・・・なんでやねん!」

 

007


「それより福永ジョッキーが100勝目でっせ」

「土に生きる人やねぇ」

「姐さん、その百姓ちゃいまっせ」

 

013


「萌奈さんのタテガミ、また変わったねぇ」

「年頃の牝馬でっさかいな」

「また違うレースやねぇ」

 

014


「シャンプーの変態が馬券当たったらしいですわ」

「気持ち悪いねぇ」

 

008


「朝日杯FSの話しまひょ」

「グランアレグリアの断トツ人気やねぇ」

「アーモンドアイに続いて牝馬で行こうと」

「オッサンも牝馬で行くん?」

「いえっ!ワイは・・・」

「2歳やからオッサン馬はおらんよ」

「それが残念で・・・いや関係ないでしょ」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

凄い人気のグランアレグリアだったが

柳の下に牝馬2頭となるのか否か。

 

スタートから早々に前に出たがるアレグリアにアレ?

かかってる訳でもなさそうだがちょい不安。

と思ったら4コーナー出口で3番手にいた

アドマイヤマーズが外からかぶせてきた。

やな奴だぜデムーロジョッキー。

 

それを跳ね返して前に出たアレグリア

だったのだが、

それではと少し距離を離して再び並ぶと

アドマイヤに気後れしたのか何なのか、

急に無抵抗になったアレグリア、

どんどん引き離されて3番手ゴール。

何をしたのかデムーロはんの勝利に終わった。

 

011


「確かに牝馬ではなかったけど」

「牝馬は30年以上勝ってないレースだす」

「けどオッサンの言うてたんでもなかったねぇ」

「ぬおっ」

 

016


「来週の有馬記念で取り返すしかおまへん」

「オッサンにはまた視聴者プレゼントしてもらうし」

「オッと気が抜けまへんな」

「また来週ーっ!」

 

|

2018年12月15日 (土)

緊急事態だけど笑いも大事とウルトラの母

 

さて、宇宙の白血球が

怪獣になってしまったウルトラマンR/B。

なんでやねん!と言ってる場合ではない。

こいつがまぁ大暴れ。

 

001


真面目なのかそうでないのかよく分からない

ウルトラのひょうきんママ、眞鍋かをりさん。

ここは真剣にコンピューターに残されたファイルから

何か使えるものはないかと探す。

 

002


お、これは何だと思ったら

パスワードを入れろとぬかしよる。

笑顔で「教えて」と頼んでいるのに、

なんと拒否るではないか。

 

003


「ちょっと待っててね、バイバ~イ」

と軽いノリでメッセージの眞鍋さん。

いや、呑気に待っとる場合ちゃうがなオカン、

とウルトラの息子たちは必死。

なんせ1300歳の高校生は

地球ごと怪獣を消去しようとしてるし。

 

004


でも実はオカンも必死。

パスワードが分からへんがな。

「石橋を叩いて渡る」

「ちゃう」

「隣の客はよく柿食う客だ」

「それ早口言葉やん」

「さよか」

 

005


ところが、「ええいメンドクサイ!」と叫んだら

「ピンポ~ン」

なんじゃこりゃの眞鍋さん。

 

だが、そんなことしてる間に1300歳は消滅し、

ウルトラの兄弟も遂に変身。

兄弟が負ける未来を

異次元で目撃しているウルトラのオカン、眞鍋さん

「何でやねんっ!」

 

突っ込んでる場合ではない。

さぁどうする眞鍋さん!!

てなことで次週は最終回。

今週の見逃し配信はこちら↓

https://www.youtube.com/user/tsuburaya

 

|

2018年12月13日 (木)

任せなはれと自家薬籠中のビビット眞鍋さん

 

005


ふるさと納税「さっきやってきました」と眞鍋かをりさん。

打ち合わせと本番の間に地元、

愛媛県西条市の「いりこ醤油だし」。

使い道を指定できるので眞鍋さんは教育を選択。

「使い道が分かるのでやりやすいですね」

 

006


という事での「ビビット」眞鍋さんだけど、

今年は災害が多かったので

災害対策への寄付という側面もあると言う。

「私もやりました」と眞鍋さん、

愛媛県も洪水の被災地だったね。

 

実は番組冒頭の開かずの踏切と似た様なのを

当方も使用する羽目になっている。

大阪北部地震で

最寄駅東のエレベーターが使えなくなり、

そもそも古い建築物なので

そこだけ建て替えとなったのだ。

車椅子だから踏切を突破して西口に出るしかない。

 

さて、ふるさと納税と来たらお次は帰省土産だ。

 

011


眞鍋さんのお薦めはJ.P.エヴァンのショコラ。

え、9個で3千円以上しまっせ

「そう、だから

価値を知らない人にあげるのは賭けなんです」

 

「その点、食パンは必ず食べてくれるからいい」

と眞鍋さんが言うので「ペリカン知ってますか?」

って、誰に訊いとんねん。

眞鍋さんは通販の連載やってんねんど。

https://hanako.tokyo/column/12947/

 

「知ってます。有名です」

当然の如くさらりと答えた眞鍋さん。

てことは、眞鍋さんへのお土産は

通販で売ってない

地元の知られざる名品を探すしかないね。

 

|

2018年12月 9日 (日)

コケてもタダでは起きんとジュベナイルフィリーズの競馬BEAT

 

001

  
「今日は二歳女王決定戦やね、オッサン」

「人間でいうならJKでんな」

「JKといえばJ.F.ケネディ大統領」

「それ1960年代やないですか」

「がちょ~ん」

「戻ってきてください姐さん」

「お呼びでない?こりゃまた失礼いたしました」

「植木等師匠伝説のギャグやないですか」

 

002


「さぁ解説の皆さん予想が一致してるねぇ」

「ダノンファンタジーでんな」

「横山ルリカちゃんはどない?」

「私はクロノジェネシス、デビュー戦で痺れまして・・・」

 

008


「この馬だけ後ろから刺してきて・・・」

「ほう」

「重馬場だったんですけど・・・」

「話が止まりませんな」

「あのタイムは凄いなと」

「楽しみやねぇ」

「来年の春を想像しちゃいますね、オッサン」

「え、ええっ?オッサンて、ワシ?」

「レーススタートでーす」

 

ということで杉崎美香りん姐さんの競馬BEATは

阪神ジュベナイルフィリーズ。

スタートでミスったクロノジェネシスだが、

ラスト直線で猛烈な追い込み。

だが、そこには同じく後方からの競馬となった

ダノンファンタジーが。

猛烈な競り合いの末、ダノンに軍配が上がった。

 

006
 

「うちの子は2歳の時、公園で5回もこけたのに」

「え、ミカリンルドルフ、仕上がってませんのん」

https://ameblo.jp/mikasugisaki/entry-12424282740.html

「負けんようにせな」

「競走馬は6歳過ぎたら引退でっせ」

「学校行かなあかんしねぇ」

「そうでんなぁ・・・いや、そうやなくて」

「また来週ーっ!」

 

|

2018年12月 8日 (土)

ウルトラの母も身だしなみ大事と眞鍋さん

 

先週、三つのジャイロを奪ったウルトラの母・眞鍋さん

さぁ、何をするつもりなのか、そうする内にも

宇宙の白血球が迫っているぞ。

 

007


でも笑顔の眞鍋さん、やるぜ見ていろ。

三つのジャイロを組み合わせ、

あっという間に装置を作る。

 

008


おぉ、用意はできたぞ。

白血球目、目にもの見せてやる

と、その前に

 

010


やっぱ身だしなみは大事だね。

で、髪を止めたら

 

011


「作戦開始っ!」

オオッ!宇宙の白血球がみるみる小さくなって、

さぁもう一押しで

アララ小さいクリスタルになってしまったよ。

 

012


「作戦第一段階成功」と

不敵な笑みを浮かべる眞鍋さんだったけど、

第二段階は邪魔が入って失敗。

なんだかんだで変な怪獣が現れてしまったよ。

さぁどうする!

見逃し配信はこちら↓

https://www.youtube.com/watch?v=ktAt4czxiCA

 

そういえば小学生の頃、いろんな怪獣を考えて

ノートにイラスト描いてたな。

変化自在の小麦粉怪獣パウダロンとか

見た目さえない怪獣イマイチとか・・・

 

|

ニュース総決算的眞鍋さんと私的雑感

 

「池上彰と考えるニュース総決算」

に出演の眞鍋かをりさん。

とにかく災害が多かった今年、

大阪北部地震と台風21号には当方も遭遇した訳だが

では避難する際に持ち出すべきは

預金通帳か眼鏡か・・・

 

001


そりゃ眼鏡ですわと眞鍋さん

「メガネがないと何もできない」

ありましたねぇ、夜中にマンションが揺れて、

コンタクトも外していた眞鍋さん、

何も見えず恐い思いをしたことが。

10年位前だったかな。

てことで眞鍋さん大正解。

 

そしてやっつけ審議で可決成立となった

水道民営化法案。

水道設備の老朽化で10兆円かかるったって、

1年で10兆かかる訳じゃなし、

60年代のインフラ設備が老朽化してるのは

橋もトンネルも高速道路も一緒だ。

60年代にできたことが何故できない?

まぁ景気が悪くて経済力が落ちてるからだけどね。

 

005


「ボロボロの状態でさぁどうぞと言われてもねぇ」

眞鍋さん、ごもっとも。

行政が税金で整備するのは金儲けではないが、

民間企業は儲ける為にやる。

整備費用に利益を上乗せして回収するんだから

料金に跳ね返るのは当たり前だ。

 

人手が足りないから賃金上げて人を集めよう

→賃金上げると会社が潰れる

→はぁ?

人手が足りないほど需要があるなら

商品価格も上昇し賃金も上がる。

所得が増えることでさらに需要が増える。

これが経済の流れである。

 

賃金上げたら会社が潰れるという事は

そもそも需要がない

(事実、個人消費は全く伸びていない)ことと

生産の拡大ではなく

賃金を削減することで利益を出そうとする

歪んだ構造があるのではないか。

当然、経済は縮小する。この20年間で

GDPマイナスの先進国は日本だけだ。

 

それと、テレビ、洗濯機、冷蔵庫は

日本の発明品ではない。

独創的なトップのアイデアが

高度成長を生んだのでもない。

技術開発は金がかかるので海外から輸入し、

海外製品より安く高品質に作ったのである。

独自技術の開発が活発になるのは80年代からだが

今は技術開発に投資するより経費削減なので

それすら衰退している。

 

賃金は下げるけど料金は上げるよって、

医療費も教育費その他

社会保障費全てそうなんだけど、

どないせぇっちゅうねん。

60年代はどうしてたのかな?

 

|

2018年12月 3日 (月)

劇場版にもウルトラの母・眞鍋さん

 

当ブログ既報の如く11月24日に行われた

ウルトラハッピーパパママフェスタ2018

トークショーに登場したウルトラの母・眞鍋かをりさん

ウルトラの兄弟と共演だ。

 

Dtp1pmsvsaakxgd_2


眞鍋さんの足、どないなっとんねん。

 

ウルトラの父がいて母がいるなら

ウルトラの知らんオッサンがいてもいい。

怪獣と戦う横を汗をふきふき通り過ぎる。

「いやぁ~師走や師走や」

 

「誰やねんあれ」

「いや、知らんオッサンや」

「同じウルトラマンちゃうんかい」

「ウルトラの世界も広いし」

「さよか」

「それより戦いの続きやろうな」

「せやな」

 

なんて言っていたら、

なんと劇場版のウルトラマンR/Bに

知らんオッサンが登場するというではないか。

その名もウルトラマントレギア。

https://m-78.jp/rb/post-1986/

 

勿論、眞鍋かをりさんも出演する劇場版、

公開は来年3月8日!

告知にはちと早いかな。

 

|

2018年12月 2日 (日)

今週も双子みたいに凄かった、と競馬BEAT

 

002


「今週はダート王決定戦、チャンピオンズカップ」

「今週も人気は三歳馬、ルヴァンスレーヴやね」

「オッサンにも頑張って欲しいとこでっけど」

「ほな、モアイのオッサンが馬持ったらええやん」

「ワイが馬主でっか」

 

004


「モアイザグレートとか」

「強そうやないですか」

「オッサンモアイ」

「息切れしそうですやん」

「カオデカイ」

「もうよろしいわ」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの「競馬BEAT」。

先週のアーモンドアイ同様に

三歳馬のルヴァンスレーヴが圧倒的一番人気。

そしてレースの展開もあらそっくり。

2,3番手につけ、インをきっちり回ったルヴァン、

200mの標識あたりで先頭に立つのも

アーモンドと同じなら、これまたレコード。

 

007


「ダートと芝を入れ替えただけみたいでんな」

「オッサンはあかんかったねぇ」

「ルヴァンスレーヴが強過ぎですわ」

「やっぱり息切れするんかねぇ」

 

010


「有馬記念ファン投票の中間発表が出たよ」

「サトノダイヤモンドの引退レースになりまんな」

「先週もキセキ、頑張ってたねぇ」

「全てのレースを盛り上げてくれたMVPですよ」

「ええこと言うわぁ」

「そら南海の石仏ですから・・・なんでやねん!」

「私は何も言うてへん、また来週ーっ!」

 

|

ウルトラの母・眞鍋さん、ハイテンションに登場!

 

011


よよっとウルトラマンR/B

ウルトラの母・眞鍋かをりさん、異次元から帰還!

すき焼きの豆腐を買いに行って早15年。

どこまで買いに行っとんねん

と息子たちも呆れていた割には

すこぶるハイテンションなのだ。

 

「異次元には風呂なかったから風呂入るわ」

「太陽なかったからなぁ、外で体操しようぜ息子たち」

異次元?せや、それやがな母さん、

異次元の話きかしてぇや

 

012


「ええよ」と頷く眞鍋さん。

風呂はなかったけど

お前たちの様子はずっと見ていたのだ。

 

014


わっ!めっちゃ青やん。

せやねん。そら気持ちもブルーになるわいさ。

 

でも、戻ってくる時、一緒に怪獣も連れてきてしまった。

「連れてきてしまった」というよりわざと連れてきた、

とした方が話が繋がりやすいのだが・・・

 

015


というのも、もっと手強い敵が迫っているからだ。

そいつは言ってみれば「宇宙の白血球」って、

シャツに思いっきり「うちゅう~」

って書いてあるんですけど。

 

016


息子たちをけしかけつつアイテムを集める眞鍋さん。

さぁ白血球とどう戦うのか。

乞う御期待!!

 

|

2018年12月 1日 (土)

卒業しても離れないって何?とビビット眞鍋さん

 

003

 
さて木曜「ビビット」の眞鍋かをりさん。

「同居してるんだったら気持ちの問題ですね」

と言っているのが巷で流行ってるらしい「卒婚」とやら。

同居してるけど互いに干渉せずってのもあれば

お互いがかなり離れた土地に住む場合もあるそうな。

 

ポイントは離婚はしないという事なので、

離婚しながら「卒婚」と言ってる

元横綱&親方の用法は間違いらしい。

まぁ新興宗教にはまって天孫降臨とか

訳分からんことばっかり言ってるオッサンだから

しょうがない。

 

005


眞鍋さんの母上も「一年くらいやってみてもいい」

と乗り気みたいだけど眞鍋さん曰く

「その一年の間に父は死ぬと思う」

そらあきませんな。

 

女性の方が積極的なのは

家庭内での仕事量が多いからか。

だが、何で家事のできない

オッサンがいるのかが分からない。

一人暮らしとか自炊とか

独身時代にやってないのか?

子供産めないんだからそれくらいやれよ。

 

008


先日御逝去された女優の赤木春恵さん、

最高齢主演女優のギネス記録を

持っておられたのか。

御冥福をお祈りします。

 

|

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »