« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月29日 (木)

怒ればいいものではないまぁるい気持ち

 

確かにTVで見ていても「落ち着きがないなぁ」

と思うことがあった眞鍋かをりさん。

ADHD傾向があったらしい。

https://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/1111157/110500013/

 

でもなんか、怒られている内に落ち着いてきた

というから、まぁそれでいいではないかとも思う。

アホ、ボケ、カス、ハゲと罵倒語を並べたところで

どうしようもない疾患もある。

 

整理しろ。

すぐ要るものとたまにしか使わないものを分類しておけ

と言われても

その分類が分からないという人もいる。

よく分からないがこんな人もいる。

 

「隣の部屋から予備のPCを持ってこい」

「へぇ」

「電源コードも近くにあるやろ」

「電源コード持っていくんですか?PCじゃないんですか」

「両方ないと動かんやろ」

「じゃあ電源コード持っていくんですか?」

「コードだけ持ってきてどないすんねん」

「ポカーン」

 

どちらかだけでいいという誤変換が

何に由来するのか不明だが、

一度誤変換にはまると抜け出せない。

 

「これより軽いコップが要る」

「へぇ」

「これより軽かったら小さくてもいい」

「重さが同じでも小さかったらいいですか?」

「重さが同じやったら意味ないやろう」

「ポカーン」

 

「軽いものを」という話がなんで「小さいものを」

に誤変換されるのか、これまた分からない。

一度ハマると何をどう説明してもぽかんとするだけ。

 

整理のできない人、会社の上司に叱られるらしいが

叱られたからと言って解決する訳ではないという。

誤変換君も阿保、ボケ、かす、

何回言うたら分かんのじゃハゲ

と罵ったところで無駄だろう。

実際、上司も「叱ってばっかり」だと言うが

「分かってるのか分かってないのか分からない」と。

多分、全く分かっていないだろう。

 

精神疾患には詳しくないので

なんという疾患なのかは分からないが、

怒る前に「待てよ」と考えた方が良い。

適切な接し方があるはずである。

掴みかけたようにも思うのだが、

まだまだ勉強が足りないな。

いや当方の・・・だけどね。

 

|

沁みます眞鍋さんのナレーション

 

眞鍋かをりさんが涙腺崩壊したという

コミックエッセイ「サヨナラわたしのおかあさん」

眞鍋さんがPVのナレーションをしている。

下記のサイトで直に聴いていただければ幸い。

https://www.shinchosha.co.jp/book/352171/

 

当方も昨年、母を亡くしたが、

幸いにも長生きしてくれたので

自分にできることはやり切ったと思えたし、

般若心経を唱えて自ら送り出すこともできた。

 

だがそうもいかない、時間が残されていなかったり、

慌ただしく介護に追われている内に

終焉が来ることもあろう。

心に泊めておきたいことである。

ただ、親より先に逝くのは避けたいね。

 

|

2018年11月25日 (日)

JC勝利も女帝への一里塚か、と競馬BEAT

 

002


「さぁ今日は今年一番の注目レースやねぇ」

「アーモンドアイ、史上二頭目の快挙達成か」

「三冠牝馬のJC勝利はジェンティルドンナだけ」

「それが姐さん、アーモンドのオッズが1.4倍だっせ」

「ジェンティルの時はオルフェがおったやん、オッサン」

「まぁそうでっけど、オッサンは余計や思いまっせ」

 

004


「現地に萌奈さん行ってはるみたいやねぇ」

「みたいやのうて映ってますやん」

「出走するんやろかねぇ」

「タテガミをなびかせ・・・いや竹上さんでっせ」

「相変わらず綺麗やねぇ」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

ひたすら注目が集めるアーモンドアイだが、

1枠なので後方からの競馬にはなるまい。

アーモンドのスパートを

後ろからパスできる奴はいない。

スタートで決まるのでは・・・

 

013


なんて思っていたらその通りの展開になって

200mで先頭に立つと

圧倒的速さを見せつけて勝利した。

 

010


「タイムがワールドレコードやてぇ」

「いやなんか、凄いもん見せてもらいました」

 

諸国の王たちの上に君臨する王の中の王、

女帝への道を歩み始めたアーモンドアイ。

次なる征服地はどこだ。

 

|

2018年11月24日 (土)

来たぞ我らがウルトラの母

 

R/Bと言ってもリズム&ブルースではない。

来たぞ我らのウルトラマン(初代の主題歌)

ええ、まぁ色々と古いのだが、これは新しい。

「ウルトラマンR/B」に、遂にウルトラの母、

眞鍋かをりさん降臨だ。

 

今週は

「お前らのオカンは異空間に消えたのだ」

「エーッ!」

なんて言ってたら、ありゃりゃ、

異空間から眞鍋さんの右手が・・・てとこまで。

 

次回は

「え、これワシらのオカン?」

「めっちゃ若いやん」

「ふっふっふ、異空間にいる間は年を食わんのじゃ」

とか何とかなるのかならないのか、乞う御期待。

 

これは今言っても間に合う人は限られるだろうけど

今日午後1時から眞鍋さん出演のトークベントがある。

https://www.kaijustep.com/papamama-fes/

ウルトラハッピーパパママフェスタ2018

会場、交通アクセスは上記サイトを

 

|

2018年11月22日 (木)

時には奇行も良しと眞鍋さんの「あいつ今何してる?」

 

ヲーリーって久し振りに聞いたなぁ

昨晩の「あいつ今何してる?」

二度目の登場、眞鍋かをりさんだけど、

進学校だけあって学友も半端ない。

 

001


しかも今回はパーフェクトヒューマンとな。

超人か?ツァラトゥストラはかく語りき。

理数系で芸術畑、スポーツもいけるって、

ヴァイオリンが得意なアインシュタインが

サッカーも上手かったみたいな話。

 

005


科学か芸術かどちらかに進んだに違いない、

という眞鍋さんの予想。

それではと訪ねる先はフランスはパリ郊外

オオッそうであろうと眞鍋さん。

 

009


音楽院の伴奏員をしているという旧友。

実は眞鍋さんのあの有名な金髪爺ちゃんと

旧友のお爺様も友人だったとか。

「エーッ!」とびっくり眞鍋さん。思わぬ事実発見だ。

 

018


さらに暴露は続き、眞鍋さんの奇行癖発覚。

自転車の後ろに

大量の風船をつけて走り回っていたとか。

い~ではないか、

変なオッサンを大勢引き連れていたら驚くけど。

眞鍋さんは「見ていてくれたのが嬉しい」

パフォーマンスは見られてなんぼだからね。

 

020


眞鍋さんも今や芸歴20年。

伊達や酔狂で続けられるもんじゃなし、

その頑張りに敬意を評され喜ぶ眞鍋さん。

そういうお友達も「予想の斜め上を行ってました」

エールを送るヲーリーでありました。

 

|

2018年11月21日 (水)

こどもギフトがスタートしたよと眞鍋さん

 

眞鍋かをりさんたちが立ち上げた

「こどものいのちはこどものもの」チームと

クラウドファンディング会社がコラボした

社会的養護啓発プログラムこどもギフトがスタートした。

 

ツイキャスは見逃したけど、内容については

眞鍋さんがTwitterと

ブログhttp://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/

で発信している。

こどもギフトについての詳細についてはこちら↓

https://readyfor.jp/lp/kodomogift/index.html

 

当方も早速登録したのだが、ん?

ちょっと分からない箇所に遭遇して

まだ寄付には至っていない。

まぁ週に二回しか外出できないので

焦ることはないか・・・とは思うものの、

期日までに成立しなければおじゃんなので

のんびりし過ぎてもいかんね。

 

|

2018年11月18日 (日)

まぁよろしいやんと公開生放送の競馬BEAT

 

005


「なんか後ろに大きいモニターがあるねぇ」

「公開生放送ですわ」

「お客さんようけ来てはるねぇ」

「有難いことで」

「モアイ像が珍しいんかねぇ」

「いや、それほどでも・・・」

「関ジャニの横山さんがゲストやからやろか」

「ウッ・・・」

 

008


「取り敢えず馬券勝負やわ。横山さんは?」

「僕は横山騎手のロードクエストで」

「誰の予想で馬券買うか、会場の拍手で決めまひょ」

「どう聞いても横山さんやねぇ」

「うぅむ・・・」

「モアイ像より横山さんやと」

「仕方おまへ・・・いや当たり前やないですか」

「どうですか横山さん」

「僕で大丈夫ですか?」

 

009


「有無を言わさず馬券を買ってきましたぁっ!」

「萌奈さん、相変わらずタテガミ綺麗ねぇ」

「姐さん、竹上でっせ」

「竹には見えんわぁ」

「それ、もうよろしい」

 

てなことでどうなるのかマイルCSの競馬BEAT。

これが大混戦のゴール前、誰が抜け出すのか。

ペルシアンナイトの連覇かとも思われたけど

結局、前が開くと同時にスパートした

ステルヴィオがこれを制した。

 

006


スタジオ全員外れたので

まぁ恨みっこなしという事で。

それより杉崎美香りん姐さん、

体調を崩していたらしい。

https://ameblo.jp/mikasugisaki/entry-12419768913.html

プロなので当然だけど

画面から窺い知ることはできなかった

とはいえお気をつけて。

 

来週はアーモンドアイがJCに登場。

新たな女帝伝説を築くのか。

 

|

2018年11月17日 (土)

妖怪ではない大看板、と「ビビット」(ほんまかい)

 

木曜日は15日、七五三本番ということで

眞鍋かをりさんの代わりに・・・な訳ないが

外出してたので今日になった木曜「ビビット」

 

003  

 
さて年末紅白、眞鍋さんが注目するのはあいみょん

・・・ぬらりひょんではないのか(妖怪ちゃうがな)。

 

大看板が問題になってる片山とか言う大臣。

大看板の写真、あれ誰?

他方、「サイバーセキュリティー、

今重要なのに兼務でいいんですか」と

眞鍋さんも疑問のITオンチ大臣。

まぁオリンピックのことも何もご存知なかったけどね。

 

森友加計だって何も終わっていないのに問題だらけ。

何やっても総理の覚えめでたければOKの

皇帝内閣なので出しても出しても膿が出る。

文句言えば唇寒しなので「国の為に頑張って」って

おべんちゃら言うしかないのかね、

ジャーナリズムが死んだ国は。

 

それは兎も角、

さくらの人貸し稼業が流行ってるとな。

なんじゃそら

 

002


一応業者という事で

「安心感もあるでしょうね」と眞鍋さん。

しかし、怒ってくれって注文もあって・・・

 

006


「他人から見たら罰ゲームでも

御本人が気持ち良ければ」

やってしまいますか眞鍋さん。

あまり恐くなさそうなので当方は遠慮しときま。

 

|

2018年11月11日 (日)

貧相なオッサン返上の大当たり、と競馬BEAT

 

003


「さぁ今日はエリザベス女王杯という事で」

「いつものオッサン、いませんねぇ」

「牝馬戦に貧相なオッサンは要らんと」

「なるほど」

「私たちで華麗にお届けしましょう」

 

005


「ちょっと待ってください、貧相なオッサンて…」

「まぁ顔は大きいねぇ」

「でしょ?顔デカいのに貧相はないでしょう」

「ほなごっつい顔のオッサンにしよか?」

「それも・・・」

「贅沢やねぇ」

 

てなことで

杉崎美香りん姐さんの「競馬BEAT」はエリ女杯。

外国人ジョッキー勝ちっ放しのこの日、

一矢報いんと岩田はん、

クロコスミアで先行逃げ切りを図る。

 

ペースが遅いとミルコが動くが

逆に直線でセイフティーリードを築いた岩田はん。

してやったかと思ったら

モレイラのイスグラシューがかっ飛んできたよ。

まぁ仕方ない。

 

010


「萌奈さんがさらっとおめでとう言うてたけど」

「何言うてはるんですか姐さん、ワイの大当たりでっせ」

 

011


「そうやったかねぇ」

「ちゃんと見といてくださいよ」

「来週は豪華ゲストと対決してもらうし」

「豪華ゲスト?」

「運を残しといてもらわんとね」

「誰でんねん」

「貧相なオッサンではないわ」

「そらそうでっしゃろ」

「また来週ーっ!」

 

|

2018年11月 7日 (水)

デキる眞鍋さんの上デキ駅弁旅

 

002


おl眞鍋かをりさんやおまへんか。

今回も駅弁食べつぶし旅。

「上信電鉄、初めてなんですよねぇ」

上州無宿の木枯し紋次郎

「あっしにはかかわりねぇこってござんす」

 

005


とは言っていられない。

今回も笑福亭笑瓶師匠によく似たカメラマン氏と

駅弁買ってさぁ出発・・・の前に

 

006


大正時代にドイツより導入した電気機関車、

通称デキと記念撮影。

「こんなことデキないですよねぇ」と眞鍋さん。

そらまぁ画面右下の字幕通り、

勝手に乗ったら怒られます。

 

008


七転八起、達磨大師の故郷・・・

ではない(ある訳ない)が、

ダルマが名産という事で

ダルマ型容器のダルマ弁当。

 

011


でも、富岡に着いたらこれ、地酒を試飲。

ひょっとして、これがデキるようになったから旅番組?

 

012


いやいや、だし巻きも旨い。

下仁田葱とラー油のそれと来たら

「ご飯が欲しくなる」と師匠。

でも眞鍋さんは

 

013


「ビールですね」

 

そして何故か富岡製糸場前に駅弁のオバハン。

元教師らしく、説明が少々暑苦しいが、あれ?

 

016


箱が出発の時に出逢ったあのデキやおまへんか。

その名も上デキ弁当ってデキ過ぎやろ。

 

019


とはいえ、初めての上州旅に

満足気な眞鍋さんなのでありました。

山の中を走った時は本当に怖そうだったけどね。

 

|

2018年11月 4日 (日)

ドジョウはいなかったJCBダート、と競馬BEAT

 

001_2


「姐さん、今日はダートコースの砂の上でっせ」

「アラブのタコ漁師さん、興奮してはるわ」

「ラクダで走りたいです」

「あったらよかったのにねぇ、ラクダレース」

 

003


  
「という事でJCB3レースですわ」

「ラクダレースはないけどダートGⅠ3レースやね」

「まずはスプリント…」

 

004


「武豊さん、勝った思うて気ぃよう走ってたのにねぇ」

「来ましたなルメールが」

「4週連続、GⅠ年間7勝って、えげつないな」

「ルメール3連勝を阻止するのは誰でっしゃろ」

 

009

 
「それよりシャンプーの変態が大当たりらしいでっせ」

「いや、そんなつもりやなかったのに」

「当たったんでしょ?」

「どういうつもりやってん」

「変態やねぇ」

 

ということで杉崎美香りん姐さんの「競馬BEAT」

次のJCBクラシックでもルメール騎手一番人気。

そのサンライズソア、先行逃げ切りの構え。

これがいいペースで押し切るかに見えたのだが、

中段から徐々に押し上げてきたケイティブレイブが

まんまとかわして見せた。

こういう騎乗は福永ジョッキー、

ゴールドシップの時からずっと同じ作戦でよく通じるね。

 

012


「ルメールはんも気ぃよう走ってはったのに」

「柳の下に二匹はおらんと」

「フランスにもドジョウはいるんやろかねぇ」

「ド・ジョー…」

「また来週ーっ!」

 

|

2018年11月 1日 (木)

ウルトラの母がスクランブル発進・・・しなかった「ビビット」

 

002


へ~ウルトラの母=眞鍋かをりさんも

「スクランブル交差点に行きたい」って思ったのか。

ハロウィーン大騒ぎには参加しなかったろうけど。

 

日本の都市には広場がないしね。

公園ではダメなんだろうなぁ~やっぱ

不特定多数の観客がいないと盛り上がらない。

日頃上からの同調圧力で鬱積したものを爆発させたい

のは分からんでもないが、モノには限度があるやろ。

 

003


眞鍋さんの地元にも西条祭りという盛大な祭りがある

が、

「海外にアピールしてみては」との提案に

「神事だから他所の人に入ってもらうのはちょっとね」

ってことらしい。

 

ハロウィーンもケルトの収穫祭じゃなかったっけ。

我が国でいうなら新嘗祭。

宮中では例年通り行われているが・・・

おぇい完全スルーかい。

 

007


で、お前んとこはどうなんだのヘンテコ神社。

鳥居は昔からあったので、

かつては社もあったのであろうと

変な爺さん婆さんが

市有地だっつ~のに勝手に社を作っとるがな。

 

この手の神社は掃いて捨てるほどあるので

勝手なことをされたのではたまったものではない。

祠しかないように見えて、

実はその隣の木が御神木というところもあり、

勝手に木を切ったらあかんがな。

 

かつては村の衆が交代で面倒を見ていたものが

いつの間にか打ち捨てられてしまった。

それをどうするかはまた別の課題だが。

政教分離の原則はあるが

文化財として何とかならんか。

 

008


ここはウルトラの母が言うように、

勝手なことしたらあかんがなと

手続きを粛々と進めるしかないね。

祠等をどうするかはその後の話だ。

 

|

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »