« 800円でも勝ちは勝ちと競馬BEAT | トップページ | 驚き桃ノ木アーモンドアイと競馬BEAT »

2018年10月 8日 (月)

かをりんドーターも七五三

 

眞鍋かをりさんの子、

まなベイビーなんて言ってたら、

ん?今月で3歳ではないか。

て事は七五三か。

光陰矢の如し、あっという間だね。

 

七五三といえば神社だが、

そういや「ニッポン行きたい人応援団」も

神話好き外国人による神社巡りのはず。

神話といえば出雲と思うのだが、

チラッと映った予告映像では伊勢だったような・・・

 

これまたチラッと映ったところでは

巫女装束を着てたような・・・

巫女体験ができる神社もあるにはあるし、

行事の時だけのバイト巫女も多いけど、

ミコリンナースは週一で修業を重ねている。

一緒にして欲しくないなぁ・・・

 

神社信仰には経典、教義がないので

神職といっても特に修行している訳ではない。

儒教や仏教を取り入れ興福寺と春日神社、

比叡山と日吉大社のように

一体化が進んだから必要なかったのだろうが、

巫女だけは違う。

 

地域の神社は村の衆が交代で祭事を仕切っていた

ので神職もいなかったが、

巫女だけは呼んでくる必要があった。

卑弥呼以来、神とつながることができるのは

巫女だけだったからだ。

そもそも神仏習合、本地垂迹説も

巫女が伝えた神の言葉とされているくらい。

 

ま、そんなことはともかく、

神話好きと言いいながら富士山に登るらしい。

浅間神社だね。

横浜に住んでる頃、近所にもあったわ。

礎石だけで拝殿等はなかったけど。

 

まなベイビー転じてかをりんドーターの七五三は

どこに行くのだろう?

小さ過ぎると巫女さんいないし、

デカ過ぎてもそれどころじゃない。

当方、鶴岡八幡宮だったので

巫女神楽を見た覚えがない。

千歳飴は美味かったけどね。

 

|

« 800円でも勝ちは勝ちと競馬BEAT | トップページ | 驚き桃ノ木アーモンドアイと競馬BEAT »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事