« かをりんドーターも七五三 | トップページ | そりゃあ怒るわ児童相談所建設問題 »

2018年10月14日 (日)

驚き桃ノ木アーモンドアイと競馬BEAT

 

002


「さぁ姐さん、今日は注目だっせ」

「そやねぇ、モアイ像を作った人はどこから来たか」

「は?」

「ポリネシア説が有力らしいけど」

「なんの話でっか」

「どう思う、モアイさん」

「それ、そんなに注目されてる話でっか」

「されてる訳ないやん」

 

004


「秋華賞だけあってスタジオも美女の皆さんが」

「私の横のオッサン、誰やろねぇ」

「なちゃあほげらばぶぎゃー」

「何ゆうてるか分からんわ」

「スタジオ飛び出したいくらい興奮してる言うてます」

「好きにしてくれたらいいけどねぇ」

「ぶげらぁちゅうな」

「モアイ語は分からんわぁ」

 

001


「さぁ、ホントに注目されてるアーモンドアイ」

「牝馬三冠達成なるか、解説の皆さんは、オオッ」

「三人さん揃って確率90%やねぇ」

「姐さんもジェンティルドンナみたいゆうてはりましたな」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの「競馬BEAT」は

アーモンドアイの勝ちっぷりに注目の秋華賞。

と思ったのだが、

ジェンティルドンナほど上手くないスタートで

中段より後方の位置取り。

まぁその内動くだろうと思ったら、

むしろ位置を下げてゆく。

 

解説の虚無僧・高橋氏もハラハラした

という展開だったが、

鞍上のルメール騎手は落ち着いている。

それもそのはず、直線に出たら

あれよあれよの秒殺ごぼう抜きでトップチェッカー。

相手に不足ありのランク違いな強さであった。

 

003

 
「強過ぎてビックリやねぇ」

「そうですなぁ、これからどこへ行くのやら」

 

ジェンティルドンナは秋華賞の後、JCに出走、

オルフェーブルを破って女帝への道を歩むのだが

アーモンドアイにはその先、

ジェンティルドンナ以来の

日本牝馬による海外GⅠ制覇の道もある。

何処まで行くのだろうか。

 

|

« かをりんドーターも七五三 | トップページ | そりゃあ怒るわ児童相談所建設問題 »

競馬」カテゴリの記事