« 木曜にお引っ越しの「ビビット」眞鍋さん | トップページ | 眞鍋さんの豪華鉄道旅 »

2018年10月21日 (日)

まさかのルメール伝説、と競馬BEAT

 

001


「さぁモアイのオッサン、今日は悩むねぇ」

「そーでんなぁ」

「モアイ像はなんでみんなオッサンなのか・・・」

「え、は?」

「オッサンの親戚もみんなオッサンなん?」

 

002


「え~なかにはオバハンも・・・」

「オバハンには遠い藤田菜七子騎手」

「えっと・・・」

「見事な騎乗やったねぇ」

「確かに素晴らしい勝利でしたな」

「菜七子スマイルが出たねぇ」

 

004


「そして次はオッサンにはまだ早い若駒登場」

「それそれ、それでんがなの菊花賞」

「朝からめっちゃ悩んでるんよ」

https://ameblo.jp/mikasugisaki/entry-12413369900.html

 

杉崎美香りん姐さんでなくても悩む菊花賞。

姐さんと同じく、エタリオウとまずは考えたものの、

ちょっと待てよ的なよう分からんレース。

スタートすると、前半1000mはスローペース。

後ろにいたエタリのデムーロはん、例によって

これはイカンと位置取りを前に変更。

 

やはりデムーロはんのペースなのか、

直線で勢いよく前に出る。

スパート力には覚えありのエタリ、

勝ちを得たりとほくそ笑んだかに思えたのだが、

そこに馬群を割って追い付いてきたのが

またかのルメールはん騎乗のフィエールマン。

 

エタリも必死に粘ろうとするのだが、

僅差でフィエールの勝ちとなった。

 

007


「いやぁ~さすがルメールはんやねぇ」

「あれで負けたんがショックやとデムーロはんが」

「まぁデムーロはんの勝ちパターンやったしねぇ」

「アラブのタコ漁師が当てたみたいでっせ」

「シャンプーハットのアラブ人さん?」

「明石のタコでも買いに行くんでっしゃろ」

「また来週ーっ!」

 

|

« 木曜にお引っ越しの「ビビット」眞鍋さん | トップページ | 眞鍋さんの豪華鉄道旅 »

競馬」カテゴリの記事