« 頑張ってるオッサンにエールの「ビビット」眞鍋さん | トップページ | さらばミコリンナース、また会う日まで »

2018年7月 1日 (日)

ミコリンナースの新たな船出

 

国家試験合格後はてっきり病院にでも就職する

と思っていた巫女ナース。

なのにその後も1年以上、手厚い看護をしてくれて

感謝感激、言葉もないが、

その日はやはりやってくる。

 

患者が望む以上のことを常にしてくれる

稀有な存在だったミコリン。

細部への気の配りと気付き、

やらねば気が済まない行動力は天性のものだろう。

 

にもかかわらず謙虚で勉強熱心、慢心のかけらもない。

その上、明るく元気で茶目っ気たっぷり。

いるだけでその場が明るくなって、

患者をたちまち笑顔にしてしまう。

 

こんなナース、他に私は知らない。

唯一無二のミコリンナース

22歳という若さを度外視して素晴らしいナースだ。

看護師は彼女の天職と確信する。

 

そんなミコリン、どこへ行っても患者に喜ばれ、

感謝される存在となるのは間違いない。

というより、

どれほど多くの患者がミコリンを待ち望んでいることか。

まだまだ始まったばかりだよミコリン。

 

ただ、自身も病気を持っているのだから

くれぐれも無理をしないように。

ミイラ取りがミイラになるって格言、

知らないかもしれないけど覚えておいて損はない。

健康第一に、自分のペースで、

「ガンバレ」なんて言わなくても

ミコリンは頑張ってしまうのだから。

 

023_4_2


それにしても立ち姿の美しい巫女さんだ。

最後にもう一度話はしたかったけど、

巫女さんには会えるかもしれないね。

 

2年間、本当にありがとう!

  
   

|

« 頑張ってるオッサンにエールの「ビビット」眞鍋さん | トップページ | さらばミコリンナース、また会う日まで »

巫女さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 頑張ってるオッサンにエールの「ビビット」眞鍋さん | トップページ | さらばミコリンナース、また会う日まで »