« 美味いもん食えば失業も何のそのと「行きたい人応援団」 | トップページ | 子供を大切にするって、当たり前なのに大変だ »

2018年7月20日 (金)

ゲリラになった巫女

 

「ミコリンも23歳になったか」

「来月ですけど」

「体重も・・・増えてなさそうやな」

「食べてるんですけどね」

「どうせアイスの箱食いとかやろ?」

「それだけやないです。朝は食パン一斤の半分」

「はぁっ!」

「お昼はお弁当とおにぎり一個で・・・」

「オイオイ・・・」

「晩御飯の後、寝る前にポテチ一袋」

「何でやねんっ!」

「体重計に乗ったら、ちょっと増えたって思ったんですけど」

「けど?」

「朝計ったら1㎏減ってたんですよ」

「どこ行ったんや、その1㎏は」

 

「しかし、まだ23歳かと思うな」

「どーゆーことですか?」

「4大卒やったら今年の新人やんか」

「私は短大ですけど」

「23歳にしてその完成度は驚くわ」

「学生時代から働いてましたからね」

「スタバにするか迷ったんやろ?」

「ハハハ・・・でも看護の仕事を選んで良かったです」

  

「ミコリンには150回くらい世話になって」

「そんなになりますかね」

「個人としては最多や」

「そうなんですか」

「なのに一度も痛い思いしたことなかった」

「痛い?」

「爪とか指先が痛いことようあんねや」

「爪は気を付けて切るようにはしてましたけど」

「力の入れ方やな。指先に力入れられると痛いんじゃ」

「良かったです」

「ほっそい指やのになぁ・・・」

 

「ミコリンはやり切った。後顧の憂いもあるまい」

「コーコ?」

「ん?」

「公庫…こーこ?」

「なんで三回言うねんっ!」

「コーコってなんですか」

「振り返って悔やむことはないっちゅう意味や」

「実際は毎回反省会でした。ああすればよかったこうすれば・・」

 

「ふっふっふ、ワシが気付かぬとでも思うておったか」

「?」

「あの者は毎回予習復習をしておると上役に言うておったわ」

「なんで時代劇になるんですか」

「23歳にしてそのレベルは努力と才能の結果じゃ」

「見習いですよ」

「確かに注射も打ったことなかったけど・・・」

 

「今はもう違うやろ?」

「オッサンには激励までしてもらって感謝感激雛霰」

「雛霰は三月や」

「環境変わって今は毎日ゲリラです」

「意味分からん」

「まだまだ見習いですけどスキルアップしてますよ」

「脳は見たか?」

「は?」

「『は』やないがな。脳外科手術で・・・」

「そんな大病院ちゃいますよ」

「まさかの整形外科で、ミコリンの顔が変わってるとか」

「ええやないですか綺麗になるって」

 

「ミコリンはオリジナルが最高到達点や」

「もはや手の施しようがないと・・・」

「十分可愛いっちゅうねん」

「ブゥウッ!なにをまた」

「誰が何と言おうと、例え親バカと言われようと」

「親ちゃいますよね」

「オッサンあほか目ぇ悪いんかと罵られようと」

「言い過ぎちゃいますかね」

「ワシの考えは変わらん!」

「・・・そんなに綺麗じゃないですよ」

「まぁ・・・美人かどうかは微妙やけど」

「エーッ!!」

 

|

« 美味いもん食えば失業も何のそのと「行きたい人応援団」 | トップページ | 子供を大切にするって、当たり前なのに大変だ »

巫女さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美味いもん食えば失業も何のそのと「行きたい人応援団」 | トップページ | 子供を大切にするって、当たり前なのに大変だ »