« 神か仏かそれとも鬼かオッサン顔 | トップページ | 眞鍋さんの災害支援活動 »

2018年7月 9日 (月)

ちょっとサンカクな眞鍋さんの長女論

 

さて、眞鍋かをりさんの連載「サンカクなきもち」今回は、

眞鍋さんが以前から語ること多かった第一子・長女論。

http://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/1111157/070300010/

長男長女は柔和な顔つきなのに弟、妹はやんちゃそう、

ってのはよくあるし、

眞鍋さん指摘の長女っぽさを感じることもしばしばだ。

 

でも違うこともある。

かく言う当方は第二子だが、姉のものを取ったことはない。

逆に取られたことは多々あって、

大声で抗議すると母が飛んできて当方を叱る。

違うだろうと事情を説明しようとしても聞く耳を持たず

「口答えするな」とまた叱られる。この繰り返しであった。

 

ミコリンナースの上司だったR子さんは末っ子だけど

耐えに耐えて最終的に爆発するタイプらしい。

「らしい」というのは爆発するのが職場ではなく家庭だから。

「男の人ってなんで人の話聞かないんですか?」

いやいやそれはあんたの夫やろう。ワシは聞いたっとるがな。

 

我慢の限界に達して爆発すると

キッチンの皿を10枚以上重ねて頭で割り、

体当たりで柱をへし折る。

手当たり次第に物を投げるので窓は割れ、壁は穴だらけ。

その為、三度も引っ越す羽目に至ったという。

 

この話を本気にした純粋ミコリン、本人に向かって

「R子さん、怒ったらお皿割るんですかぁっ!」

「うん」

「頭で割るんですかぁっ!!」

「いや投げて」

「家が壊れて引っ越ししたって・・・」

「誰がそんなこと言うてんの」

わしゃ知らん。

 

だが、第二子の当方、

確かに姉に嫉妬したり競争心を覚えたことはない。

女性に何を嫉妬していいのか分からないし

学校の成績は当方の方が良かったので

その材料もなかった。

姉がどうだったかは分からないけど。

 

そういやミコリンも第二子で兄がいる。

同じく医療業界を目指していたが

国家試験に合格したのはミコリンが先。

共通項がある分、

こりゃ兄貴としてはうかうかしてられんかもしれないね。

 

|

« 神か仏かそれとも鬼かオッサン顔 | トップページ | 眞鍋さんの災害支援活動 »

巫女さん」カテゴリの記事

眞鍋かをり・ネット連載2018.3~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神か仏かそれとも鬼かオッサン顔 | トップページ | 眞鍋さんの災害支援活動 »