« ゲリラになった巫女 | トップページ | やはり母目線の「ビビット」眞鍋さん »

2018年7月23日 (月)

子供を大切にするって、当たり前なのに大変だ

 

児童虐待をなくそうという眞鍋かをりさんらタレントチーム

精力的に活動を続けている。

ハッシュタグで寄せられた5000人の声を厚労省に届けたり

http://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/

あっと驚く村上ファンド改め村上財団を訪ねたり、

児童養護施設にも取材に行ったそうな。

その内容は後日記事にするとのこと。

 

政府の緊急対策も発表されたが

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180720/k10011540961000.html

「実現するまで声を上げ続けること」とは眞鍋さんのツイート。

「国がどう動いたかをチェックして評価することが大切」と。

人気取りのスローガンに終わってしまっては意味ないしね。

 

眞鍋さんたちの活動との関係がイマイチよく分からない

八策署名についてはやっぱりというかネガな声も出ている。

色々な意見はあるだろうけど全てをまとめて

一つの大きな声にしてゆこうというのが趣旨だった

と思うのだが、そうなっていないという声も。

https://www.facebook.com/100002499840432/posts/1817990814960896/

 

仁藤さんという方、市民運動は

意見の違いで分裂しやすいことをよく御存知のようだけど、

かくいう御自身にも

今まで活動してきた私たちを押しのけて何してくれる

的ニュアンスが感じられなくもない。

https://twitter.com/colabo_yumeno

 

確かに今まで取り組んできた方々がおられるのだから

この人たちとの連携は大事だね。

 

 

ところで災害による子供たちのPTSDの件、

明らかな症状が出て心配されてた知人の子、

楽しみにしていたお泊り保育に行ってきたら

かなり元気になったそうだ。

やっぱり遊びと学びで

ストレスを発散させる事って大事なんだね。

 

ただ大阪北部地震では学校も保育所も

閉鎖にならなかったからできたことで

西日本豪雨洪水の被災地ではそうもいかない所が多いだろう。

子供たちへの支援が後回しになりませんように。

 

|

« ゲリラになった巫女 | トップページ | やはり母目線の「ビビット」眞鍋さん »

♯こどものいのちはこどものもの」カテゴリの記事

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事