« 難解予想には笑うしかないと競馬BEAT | トップページ | 超ド級サプライズもあった「行きたい人応援団」 »

2018年6月11日 (月)

できること考え中、犬山さん、眞鍋さんのキャンペーン

 

さて、当方に何ができるのだろう、と

昨日来頭を悩ませている眞鍋かをりさんのツイート。

https://twitter.com/KaworiM0531

オッサンだから、子育て経験ないから

てのは言い訳にもなるまい。

事は緊急を要するのだ。

 

眞鍋さんが言うように、

今、まさに虐待を受けている子供たちがいる。

あるべき制度設計に向け、

壮大な計画を考えるのも必要なのだが、

何より急がねばならないことがある。

 

眞鍋さんのツイートは

犬山紙子さんが始めたキャンペーンに呼応したもの。

紙子はんは綺麗事ではなく、ありのままに語っておられる。

https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/hitogotojyanai?utm_term=.qhlx5aJvap&bffbjapan#.eakEmYOrY3

自分に何ができるか、紙子はんが考えた結論だったようだ。

 

児童相談所は人員不足で手いっぱいとか

子供を預けられる所が不足してるとかいう話は聞く。

とはいえ、だからちょっと待ってねでは済まない。

出来ないのならできるようにと迫っていかなくてはならない。

 

児童虐待に取り組まない議員は支持しない、

という紙子はんのハッシュタグ、

当然だが市町村議、都道府県議も含まれる、というか、

まず動いてもらわねばならないのはこの人たちだろう。

それなら知ってるよって人も多いだろうし、

当方にも数人、心当たりがある。

 

Twitterはいい加減にやっていて

フォロアーを増やそうとか思ったことないので、

当方のアカウントは拡散力に乏しい。

「いいね」とか最大でも100を超えたことがないので

空中戦より地べたで動いてみようと画策している。

 

 

話は変わるが

眞鍋かをりさん出演の「ニッポン行きたい人応援団」

今夜はイタリアから和紙作りを見に来るらしい。

支倉常長一行がローマにもっていった和紙が

今でも保存されているって話を

先日、某番組で見たばかりなので尚更興味深い。

括目せねばなるまい。

 

|

« 難解予想には笑うしかないと競馬BEAT | トップページ | 超ド級サプライズもあった「行きたい人応援団」 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事