« 脳で痛み克服とガッテン眞鍋さん | トップページ | 弁証法的眞鍋さんは僧侶の如く »

2018年5月13日 (日)

人も馬も快調に飛ばす競馬BEAT

 

005


「春眠暁を覚えず」

「は?姐さん、どないしましてん」

「ちょっと寝不足でねぇ」

「それ、春眠暁を覚えてますやん」

「逆もまた真也ゆうてね」

https://ameblo.jp/mikasugisaki/entry-12375568725.html?frm_src=favoritemail

「よう分かりませんな」

 

009


「そんなことより今日はビクトリアマイル」

「リーゼント三浦はんと横山ルリカさんがお見えです」

「ルリカちゃんの本命は?」

「リスグラシューです」

「その心は?」

「課題だった体重の増減がなく安定しているので」

 

007


「どうですか三浦さん、ルリカちゃんの解説」

「僕より顔が小さいですね」

「三分の一くらいやねぇ」

「姐さん、脱線してまっせ」

「レーススタートでーす」

 

てな訳で杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

リスグラシューを推す声が多数を占めたヴィクトリアマイル

だったのだが、雨中のレースで後方よりになったリスグラ

ちょっとヤバいかなと思ったのも束の間、

ラスト直線で猛然と追い上げ。

いける、と思ったのもまたまた束の間、

少し前からスパートしたジュールポレールに追いつけず惜敗。

何度目の惜敗か分からんが、こういう運の馬もいるんだね。

 

011


「馬券の方は、三浦さん的中で、あら?」

「ルリカはん、またようけ持ってまっせ」

「三枚当たりました」

「馬券師でんな」

「馬券師といえばモアイさん炎のオッサン勝負の方は?」

 

014


「オッサン勝負って四番勝負でっしゃろが」

「当たってるやん!」

「なかなかこう上手くは行きませんで」

「モアイの呪いやねぇ」

「そらもう・・・いやなんで呪いでんねん」

「来週はオークス」

「アーモンドアイの秒殺パッシングがあるのか否か」

「ご期待ください」

 

|

« 脳で痛み克服とガッテン眞鍋さん | トップページ | 弁証法的眞鍋さんは僧侶の如く »

競馬」カテゴリの記事